読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説:瞬殺猿姫

『瞬殺猿姫(43) 泥鰌を捕る猿姫、三郎の涙』

猿姫は、棒を器用に操った。 「やっ」 水田の中から、棒先で泥ごと跳ね上げられて、泥鰌(どじょう)が宙に飛んだ。 「えいっ」 と勢いをつけて、猿姫は体を躍らせ、腰に結わえたびくで落ちてきた泥鰌を受ける。 宙を舞った後、泥鰌はびくの中に収まる。 泥…

『瞬殺猿姫(42) 食いつめる猿姫たち』

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、平気な顔で立っている。 猿姫は、おそるおそる彼の顔を見上げた。 「三郎殿」 「なんでござる」 三郎は何気なく振り返った。 彼に伝えるのが心苦しい。 猿姫は、唾液を飲み込む。 「実は…」 「なんでござる」 「あ…

『瞬殺猿姫(41) 猿姫、行き先を思案する』

猿姫(さるひめ)は、心の疲れを押して祠に戻った。 「猿姫殿っ」 観音扉の戸を開けるなり、歓声を耳にする。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)の声である。 「お帰りが遅かったので、拙者心配しておりました」 祠内部の薄暗い中に、猿姫を迎える三郎の…

『瞬殺猿姫(40) 一子といる竹薮、消耗する猿姫』

竹薮の中で猿姫(さるひめ)は、忍びの女である一子(かずこ)と対峙している。 一子は猿姫の心を迷わせる言葉をかけてきた。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)たちと同道することが、いかに猿姫のためにならないか。 語りかけて、彼女に忍びになるよう…

『瞬殺猿姫(39) 猿姫を迷わせる一子の言葉』

棒の切っ先を、いつでも相手の喉元に突き立てられるように。 猿姫(さるひめ)は、棒を構えて腰に引きつけている。 目の前に立つのは、忍びの女、一子(かずこ)。 月明かりの下に、素顔を晒している。 「貴様と取引することなどない」 答えながら、ひと息に…

『瞬殺猿姫(38) 猿姫たちは抜け穴の先、三の丸へ』

一行の主である、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 彼は、しきりにうなずいていた。 「下総守殿が仰せられる通り。国の強さとは、民の強さ。我ら武家は、あくまで民を陰ながら主導する者であるべきでござる」 先の、神戸下総守利盛(かんべしもうさの…

『瞬殺猿姫(37) 猿姫たちと脱出する神戸下総守』

猿姫(さるひめ)たち一行は、神戸城本丸の御殿から脱出した。 城主である神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)を連れている。 彼を守るように、先頭に猿姫と織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 殿に蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)が立…

『瞬殺猿姫(36) 神戸城での最後のお茶、いただく猿姫たち』

髭面の蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、表情を曇らせた。 「今まで慣れでお主のことをうつけとは呼んでいたが…本当にうつけだったとは」 織田三郎信長(おささぶろうのぶなが)を見据えがら、阿波守はうめいている。 神戸城の二の丸。 西から攻めてき…

『瞬殺猿姫(35) 二重櫓を脱する、猿姫の胸の内』

急がないと、と猿姫(さるひめ)は思った。 いまだ織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は格子窓に食いついて、外で繰り広げられる戦に見入っている。 傍らでは、すでに蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)が窓から離れ、身支度を整えていた。 先に城主神戸…

『瞬殺猿姫(34) ぐうの音も出ない猿姫と三郎』

肩を並べて格子窓から外をのぞきながら、三人は戦慄している。 猿姫(さるひめ)。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。 伊勢の神戸城、二の丸の西の隅に立つ、二重櫓の二階である。 窓の外には、血生臭い光景が広…

『瞬殺猿姫(33) 猿姫たちは窓からのぞく』

神戸城の二重櫓の二階。 砂が落ちてざらざらした床板の上に腰を降ろして、猿姫(さるひめ)は物憂げな顔だった。 彼女の傍らに同じく織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)があぐらをかいている。 三郎は座ったまま、頭を垂れていた。 居眠りしている。 彼の…

『瞬殺猿姫(32) 二重櫓の猿姫たち三人』

伊勢は白子の宿場に近い、神戸城の二の丸に建つ、二重櫓の二階。 猿姫(さるひめ)がいて、のぞき窓から遠く亀山城のある方角を眺めている。 しかし日は暮れて、遠方には闇が降りている。 わずかに、城内の各所で燃えるかがり火が、下から夜空を照らすばかり…

『瞬殺猿姫(31) 猿姫から離れ、一子は亀山宿』

一子(かずこ)は、物置部屋の中に積まれた、布団の間に挟まっている。 亀山の宿場町である。 旅人向けの宿が、いくらもある。 一子はそのうちの目をつけた宿のひとつに潜り込んだ。 猿姫(さるひめ)に財布を取られたままなので、一銭も持っていないのだ。 …

『瞬殺猿姫(30) 猿姫に路銀を取られたままの一子』

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)と蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、神戸城の本丸御殿にいる。 三郎、阿波守の順に前後に並んで通路を歩いている。 緊張した面持ちで足早に歩く三郎に比べ、後ろからついていく阿波守は気楽な表情をしている。 神…

『瞬殺猿姫(29) 寝起きの猿姫が様子を探る』

まとわりつくような眠気を振り払い、猿姫(さるひめ)はまぶたを持ち上げた。 体を横に、寝かされている。 眠りの間にも身に添わせていた愛用の棒をつかんだまま、猿姫は上体を起こした。 衣擦れの音がする。 視界は目の前に立った屏風でふさがれているが、…

『瞬殺猿姫(28) 猿姫を置いて食事する、三郎と阿波守』

室内が清められた後、客間の一端に寝具が敷かれた。 眠っている猿姫(さるひめ)のためのものだ。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、城の下女たちと協力して彼女を寝具にまで運んだ。 眠りながら、危険な得物を手にしたままの猿姫だ。 先に蜂須賀阿…

『瞬殺猿姫(27) 猿姫を守った三郎。一子は泣く』

神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)は、客間を吟味している。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は結局、城主である神戸下総守に事の次第を報告した。 下総守は側近たちを連れてやって来た。 彼らが室内を調べている間、三郎は部屋の隅に退…

『瞬殺猿姫(26) 眠る猿姫、見つめる阿波守』

滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)は、唇を舐めた。 口の中が、乾いている。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)と向き合っている。 二人の間の空気は、張り詰めたままだ。 三郎は眠る猿姫(さるひめ)をかばい、慶次郎に厳しい顔つきで挑ん…

『瞬殺猿姫(25) 眠る猿姫を巡り、客間は荒れる』

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、緊張で固まった体を動かそうと躍起になった。 傍らに、眠り薬を嗅いでしまった猿姫が横たわり、眠っている。 その二人の目前に、刀を手にした男が迫っていた。 男は、滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)…

『瞬殺猿姫(24) 毒見をした猿姫』

猿姫(さるひめ)は、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)の膳を覗き込んでいる。 「作為を感じる」 厳しい目をして、つぶやいた。 彼女を見守る三郎の表情が強張る。 「毒を盛られているかもしれない」 「まさか」 三郎は、引きつった声で言った。 「拙者…

『瞬殺猿姫(23) 膳を疑う猿姫と慶次郎』

客間の外から城の下女の声がかかり、昼食の膳が運ばれてきた。 一行の主、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 彼の武芸の師匠、猿姫(さるひめ)。 表向きは三郎の家臣ながらその実は人質、蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。 伊勢の土豪と称する男…

『瞬殺猿姫(22) 慶次郎を見る、猿姫の疑わしい目』

客間に帰る途中で猿姫(さるひめ)は、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)と出くわした。 猿姫は城内の探査をいったん打ち切り、昼食を食べてから続きをやろうと思っている。 「三郎殿、首尾よくいったのか」 「ええ。ご心配かたじけない。下総守殿から、…

『瞬殺猿姫(21) 眠り薬を盛られる猿姫』

忍びの女、一子(かずこ)とその連れの男。 二人で台所の開いた戸口のへりから顔をのぞかせ、中をのぞきこんでいる。 台所では、城の下女たちが昼食の膳を整えている。 華美なものではないが、客人に振舞うこともあってか、それなりに整った食事である。 「…

『瞬殺猿姫(20) 一子は生きる。猿姫には負けない』

どうしたらいいだろう、と猿姫(さるひめ)は思案しながら歩いている。 神戸城の本丸御殿である。 背中に棒を担いで、通路を歩いている。 客人が、他家の城内をむやみやたらと歩き回るのは、あまり褒められたことではない。 だが、歩き回って城内の様子を確…

『瞬殺猿姫(19) 猿姫と離れ、茶席の三郎』

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、座っている。 再び、神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)と対面しているのだ。 三方を土壁に囲まれた、狭くて暗い茶室である。 明かりは、三郎の背面にある障子戸から薄く入ってくるばかりだ。 神戸下…

『瞬殺猿姫(18) 三郎は、猿姫を城主に会わせたくない』

猿姫(さるひめ)に深呼吸をうながし、落ち着かせたところで。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、ようやく彼女を放した。 「お座りくだされ、猿姫殿」 蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)が寝そべっている傍らを、手で示した。 「嫌だ」 猿姫はかぶ…

『瞬殺猿姫(17) 阿波守を爪弾きにする猿姫』

北伊勢の神戸城、縁側に猿姫(さるひめ)と織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)はいる。 忍びの一子(かずこ)がその場を立ち去った後も、二人は途方に暮れている。 南近江の大名、六角家と共に。 西の関家が、この城に攻めてくる。 「六角家の力を借りた…

『瞬殺猿姫(16) 一子の知らせを疑う猿姫』

「お二人の逢引を邪魔して、申し訳ございませんでした」 忍び装束の女、一子(かずこ)は、二人に深々と頭を下げた。 この女は何をしに来たのだろう。 そう思い、猿姫(さるひめ)は相手の頭頂部をにらみつける。 言葉通り、本当に「逢引」を邪魔しに来たの…

『瞬殺猿姫(15) 神戸城の縁側で、猿姫と一子』

猿姫(さるひめ)は、縁側の上に立っている。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、縁側の縁に腰掛けたまま。 振り返って見ている。 一子(かずこ)は、猿姫と向かい合ったまま、顔を三郎の方に向けていた。 彼女は三郎の目を見つめて、笑いかけている…

『瞬殺猿姫(14) 不審の三郎、苦しい猿姫』

北伊勢の神戸城、本丸の御殿。 猿姫(さるひめ)たち一行は客間をあてがわれ、しばらく滞在することになった。 それぞれの刀、鉄砲など、没収されていた武具も返却された。 与えられた部屋に来て荷物を置くなり、さっそく猿姫は、愛用の棒の手入れにかかる。…

『瞬殺猿姫(13) 神戸下総守との交渉に当たる、三郎と猿姫』

「下総守殿っ」 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、上座に向かって前のめりになった。 「まずは見てくだされ。この羽織を」 下品でいやらしい絵柄が描かれた己の羽織を、指先でつまんで強調する。 「拙者、着の身着のままで、逃げてくる他なかったの…

『瞬殺猿姫(12) 猿姫に目をつける、神戸城の若殿』

猿姫(さるひめ)、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)そして蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。 彼ら一行は、神戸城の主の間で座って待機している。 中庭に面した障子戸が開いた。 城主である、神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)が現れ…

『瞬殺猿姫(11) 神戸城、首の心配する猿姫』

北伊勢の神戸城を本拠とする武家、神戸家。 猿姫(さるひめ)一行は、現当主である下総守利盛(しもうさのかみとしもり)を訪ねてやって来た。 神戸家は、同じく北伊勢の亀山に本拠を置く武家、関家の支流にあたる家柄である。 もっとも、家柄としては関家の…

『瞬殺猿姫(10) お伊勢参りはできない猿姫』

通路の脇で、壁にもたれかかって。 猿姫(さるひめ)は、指先を噛んでいる。 彼女は愛用の棒を傍らに立てかけて、思案しているのだった。 宿の下女が来て、彼女を一瞥して通る。 「お嬢さん、えらい今日はおめかしして、どこへ行くん?お伊勢参り?」 「いや…

『瞬殺猿姫(9) 猿姫と物置部屋の者』

狭くて暗い、物置部屋の中である。 猿姫の首には背後から腕がからみついている。 あごの下にかかるその腕に、猿姫(さるひめ)は指を立てた。 人間の腕に存在する急所の位置を、猿姫は熟知している。 「待て、何もしないから」 猿姫の殺気を気取ったらしく、…

『瞬殺猿姫(8) 身だしなみの猿姫。脅しをかける髭武将』

可愛らしい、さえずる小鳥の声が障子窓のすぐ外から聞こえる。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、気持ちよく、まどろんでいた。 弟である織田家当主、織田弾正忠(おだだんじょうのじょう)の手によって。 三郎は、故郷、尾張国を追われた。 行きが…

『瞬殺猿姫(7) 髭武将には手荒な猿姫』

男をうつ伏せにさせて、座敷の畳の上に押し付けている。 猿姫は彼の上に覆いかぶさり、男の背中に片膝を押し当てているのだ。 そのまま、うつ伏せの男の両手首と足首とを背中の上できつく縛り上げて。 男を、えび反りの体勢にさせた。 酷い体勢で縛られてい…

『瞬殺猿姫(6) 猿姫と三郎、下克上を提案される』

すでに、日は落ちている。 座敷の隅では、燭台の上のろうそくに火が灯っている。 一行は、ろうそく明かりに照らされた座敷で車座になって、議論している。 猿姫(さるひめ)と織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 そして蜂須賀阿波守(はちすかあわのか…

『瞬殺猿姫(5) 白子港で、戸惑う猿姫』

船尾を岸壁に繋いだ後も、船はぐらぐらと揺れている。 「三郎殿、着いたぞ」 船板に腰掛けたまま、すやすやと寝入っている織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 猿姫(さるひめ)は彼の体の上に屈みこんで、揺さぶった。 「着いたのでござるか」 三郎は、…

『瞬殺猿姫(4) 二者から歌を強いられる猿姫』

尾張国の農民の生まれである猿姫(さるひめ)。 彼女は棒術の達人である。 猿姫と同じ国の武家の生まれである織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 彼は南蛮渡来の武器である鉄砲を使える。 二人とも故郷を追われ、今は行く先も知れない、長い旅の途中に…

『瞬殺猿姫(3) 猿姫が打ち据える、船着場の髭武将』

猿姫(さるひめ)は殺気立っていた。 周囲から、敵意に満ちた多数の視線を受けている。 こういう状況では、猿姫は殺気立たずにはおれないのだ。 彼女の連れの織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、心配そうに猿姫の背中を見守っている。 猿姫は、棒術の…

『瞬殺猿姫(2) 堺を熱く語る三郎と猿姫』

こいつのせいで考えがまとまらない、と猿姫(さるひめ)は苦々しく思った。 目の前で、彼女の連れがあぐらをかいている。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)である。 三郎は、尾張の国を治める領主、織田家の一族出身の若者である。 この三郎のまとう上…

『瞬殺猿姫(1) 猿姫うつけ殺し』

領主が本拠を北方の清洲の城に移してからというもの、那古野の城下は寂れる一方だ。 その那古野の、長屋が並ぶ裏路地である。 小柄な若い女が、まじめくさった顔をして歩いていく。 顔が小さくて額の広い彼女が眉をひそめている様は、どこか思慮深い猿を連想…