読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『誠意のある人事担当者と私』

圧迫面接の類に出くわしたら、席を立つぐらいのことはしてやろうと思っていたのだ。 

面接に落ち続けて、内心、疲れてきている。 

このうえ、圧迫面接をしのいで職を得るだけの熱意はなくなっていた。 

圧迫面接の、その先を私は考えるのだ。 

圧迫面接をしかけてくる企業でたとえ採用されたところで。 

面接担当者への遺恨が残る。 

遺恨を抱えて働くことになるだろう。 

そして、もし採用されなかったら。 

面接の準備をして交通費までかけて出向いてきて、気分の悪い思いをして落とされたら、こちらが丸損である。 

どちらに転んでも、いいことはない。 

だから、圧迫面接に出くわした時点で席を立つことに私は決めていたのだ。 

 

「お前、仕事欲しいんやろ?」 

その企業の応接室に、ポロシャツにチノパン姿で現れた70代らしい男性社長である。 

向かいのソファに荒っぽく腰掛けるなり、野太い声で言った。 

小柄だが恰幅がよく、鋭い目付きもあって威圧的な風貌だ。 

彼の隣には、人事担当者である、私と同世代の男性が座っていた。 

この男性は、冷静なたたずまいで、私を見据えている。 

面接室に通され、私は最初、彼相手に自己紹介をしていたのだ。 

その最中に、件の社長が入ってきたのである。 

「おい聞いとんか、仕事欲しいんやろ?」 

一瞬答えに迷った私に、社長はなお答えを強要してきた。 

私は不愉快になった。 

が、顔に表さないように勤めて、かえって笑顔をつくった。 

「ええ、そうです」 

「そしたらな、もっと低姿勢でおらんかい。お前、仕事もらいに来た人間の顔とちゃうぞ」 

何を言われたかとっさにわからなかった。 

じわじわと、背筋を不快感が走る。 

「どういうことでしょう?」

 顔を引きつらせながら、私は尋ねた。 

男性社長は、こちらに聞こえるような大きな音で舌打ちをした。 

「日本語もわからんのか。どこの国の人間やお前は」 

返事をする気になれない。 

私は黙って相手の顔を見返した。 

「態度がなっとらんちゅうんじゃ、馬鹿たれ」 

怒鳴りつけられた。 

「仕事もらいに来た分際で、そんな堂々とした面しとる奴があるか」 

怒鳴りながら、社長は正視に耐えない醜悪な表情をして、こちらを睨みつけている。 

とっさに、私は彼の隣に座る人事担当者の顔をうかがった。 

彼は、冷静なたたずまいを崩していない。 

だが私と目が合った瞬間に、悲しげな笑みをその顔に浮かべた。

 隣にいる社長のことを彼がどう思っているか、その顔が何がしか語っている気がした。

 

私は、足元に置いていた鞄を手に取り、心地の悪いソファの座席から立ち上がった。 

「こら、なんじゃ」 

社長はわずかにのけぞった。 

その彼に一瞥をくれて、私は慇懃無礼にお辞儀をした。 

「貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。失礼します」 

人事担当者にも目礼して、私は応接室の扉に向かった。 

「おい、まだ終わってへんやろ。勝手にどこ行くんじゃ、こら」 

社長はどら声をあげている。 

背中で受け流しながら、私は応接室を出た。 

応接室の外、オフィスで働く社員たちが、心配そうに出てきた私の顔を見ている。 

彼らに一礼し、退出の挨拶をした。 

応接室の中で、こちらに向かってまだ社長が怒鳴っている声がする。 

企業のビルを出た。 

 

オフィスビルが並ぶ界隈である。 

昼下がりだが、まだ日差しはきつく、暑い。 

歩きながら、私は首周りを緩めて、シャツの第一ボタンを外した。 

気分がましになった。 

オフィスビルの先に、勤め人が酒を飲んで帰る場所なのだろう、居酒屋が軒を並べている。 

気分が悪いから、ああいうところで一杯やって帰ってやろうかと思う。 

背後に、人が走ってくる足音。 

「失礼、ちょっと」 

慌てた声をかけられた。 

振り返った。 

先ほどの、人事担当者の男性がいた。 

私を走って追いかけてきたらしい。 

荒い息をつき、若干前かがみになって休んでいる。 

視線は、私の顔に向いていた。 

「あ、どうも」 

私は挨拶したが、今さら、品良く装う気はもうない。 

気軽な調子で言ったのだ。 

「まだ何か?」 

私の問いかけに、男性は息を整えながら、思案する様子だ。

 答えるまでに間があった。 

やがて言った。 

「弊社の社長から、あなたにひとことだけ、言伝があって参りました」 

「言伝ですか?なんでしょう」 

「『お前みたいなあほんだらにくれてやる仕事はうちには無い』と、申しておりました」 

人事担当者は真面目に言い切った。 

私は思わず吹き出した。 

長いひとことだ。 

だが、言われっぱなしも落ち着かない。 

「でしたら、私からもひとこと、御社の社長にお伝え願えますか」 

「はい、どうぞ」 

人事担当者の男性は息を整えながら、私の言葉を待っている。 

「『周囲の部下がよほど優秀なんでしょうね』と」 

「あっ」 

彼は、意表を突かれたように、目を白黒させた。 

私の言葉のニュアンスを、聞き分けてくれたようだ。 

「お願いできますか」 

「わかりました、必ずお伝えします。では」 

一礼して走り去る人事担当者の男性の顔に、私は誠意を見た。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想 (幻冬舎新書)

新品価格
¥842から
(2016/6/1 17:53時点)