読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行一日目(2)。フェリー渡海、山の上で火龍果を貪る

宿の部屋でいつまでもまったりしてるわけにもいかないので、外出します。

重慶大厦前を通る大通り、彌敦道(ネイサンロード)に出てきました。

f:id:kompirakei:20160609182743j:plain

易しくないのか…。

難しいですな。

f:id:kompirakei:20160609183106j:plain

旅の間中、九龍半島の街を散策する際はネイサンロードを行きつ戻りつ。

市街地を縦に真っ直ぐ通り抜けるメインストリートで、わかりやすいんですよね。

 

さて、これから。

尖沙咀(チムシャツォイ)の街から、海を挟んで南側にある香港島へと渡ってみたいと思います。

スターフェリーに乗って海を渡りますよ。

f:id:kompirakei:20160609184413j:plain

南に見える香港島、山が多い環境で、海側の限られた平地にビルが密集しています。

f:id:kompirakei:20160609184702j:plain

フェリーに乗って行きましょう。

平日の運賃片道は、一等の二階席だと2.5HKドル(日本円で約34円)。

二等の一階席だと2HKドル(約27円)。

安い!

フェリーに乗るのが好きな私にとってはありがたいことです。

f:id:kompirakei:20160609201235j:plain

フェリーに乗る前に、改札前の中国茶スタンドで、中国茶買いました。

香港に来て初めて買った現地の飲食物です。

これが確か、酸梅茶って名前だったような…。

甘みと苦味を兼ね備えた、なんだか漢方薬っぽい匂いのする冷たい飲み物でした。

たまには漢方薬っぽい飲み物を飲むのも、いいでしょう。

10HKドル(約130円)ほどだったと思います。

 

甘苦い漢方茶を飲み干したところで、フェリーに乗り込んで参りましょう。

f:id:kompirakei:20160609203919j:plain

水兵さんのような制服を着た船員さんたち(平均年齢高め)の手さばきによって。

船がぬかりなく運航されております。

素晴らしい景色。

短い時間の航海ですが、香港観光気分を盛り上げてくれます。

私、このスターフェリーでの渡航が気に入ってしまい、香港滞在中に何度となく乗船しました。

 

そんなわけで海を越えて、香港島に着きましたぞ。

f:id:kompirakei:20160609204303j:plain

これから高台に登って、上から景色を見てやろうという計算なのに。

空は曇ってますね…。

f:id:kompirakei:20160609204852j:plain

山の手を目指して、坂道をうろうろ。

f:id:kompirakei:20160609205006j:plain

香港動植物公園なんて施設もありました。

入場無料です。

一帯が鳥くさくて、むせる…。

f:id:kompirakei:20160609205443j:plain

香港島の山の手は、密林の中に高層マンション群が建っているような、魅惑的な眺めです。

f:id:kompirakei:20160609205725j:plain眺めは素敵なのですが、高台を目指して歩くうち、歩道がなくなってしまいました。

 

香港島の眺望が拝める高台、ヴィクトリア・ピーク。

そこに行くには、徒歩ではなくピークトラムというケーブルカーに乗っていくのが基本のようです。

あくまで徒歩で坂道を登って行きたかったのですが。

だんだん迷い始めたので、やむを得ません。

ピークトラムの駅に向かうことにします。

f:id:kompirakei:20160609210322j:plain

ビル街の中の斜面に噴水付きの駅がありましたぞ。

凝ってますな。

f:id:kompirakei:20160609210454j:plain

観光客で、はちきれそうな駅構内です。

順番待ちの最中、職員さんが記念写真を撮ってくれるサービスもあり。

私も不本意ながら撮られてしまったのです。

職員さんが数分後に持ってきた出来上がり写真の中の、私の表情があまりに冴えなくて。

お金を払うのも嫌だったので、写真の受け取りを拒否してしまいました。

No, thank you.

それだけ伝えると、写真を持ってきた職員さんは異論もなく引き下がってくれました。

 

しばらく待った末、ピークトラムが来たので乗り込みます。

運賃は片道28HKドル(約384円)ですぞ。

f:id:kompirakei:20160609211025j:plain

密林の中を縫うように登っていくピークトラム。

結構な傾斜です。

f:id:kompirakei:20160609211700j:plain

ヴィクトリア・ピークに到着であります。

山頂の駅の付近に、ピークタワーとピーク・ギャレリア、二つのビルが立っております。

ピークタワーは屋上に有料の展望台、スカイテラスがあります。

入場料48HKドル(約658円)。

ここから眺める「100万ドルの夜景」が有名なんですね。

一方、ピーク・ギャレリアの方には若干高さで前者に劣りますが、無料で入れる展望デッキがあるのです。

…ピーク・ギャレリアの展望デッキにお邪魔することにしました。

f:id:kompirakei:20160609212821j:plain

展望デッキから、こんな風景が見られます。

霧に包まれる、山頂の高級マンション。

f:id:kompirakei:20160609212922j:plain

島の西側の入り江も見えます。

f:id:kompirakei:20160609213343j:plain

ピークタワー屋上のスカイテラスに立つ人たちの姿も見られます。

f:id:kompirakei:20160609221008j:plain

あなたたちはそんなところに立って怖くないのですか、と聞きたいぐらいの高さです。

 

残念ながら、今私がいる展望デッキからは、高層ビル群のある方角を眺めることはできないのですね。

位置的な理由です。

ただこちらの展望デッキも眺め自体はいいし、何より無料ですので、悪くありません。

それにベンチなんかもあるので、ここでしばらくまったりすることにしました。

ピーク・ギャレリア内の食品スーパーで買ったおやつを食べようと思うのです。

f:id:kompirakei:20160609214452j:plain

おやつ。

南国産の、火龍果(ドラゴンフルーツ)であります。

お値段は8HKドル(約110円)でした。

…これ、安くないですか?

私、ドラゴンフルーツを今まで日本で見たことも食べたこともなかったので。

興奮しました。

ここでぺろっと皮を剥いて食べてしまいます。

f:id:kompirakei:20160609214736j:plain

果肉は柔らかく、みずみずしい食感。

控えめながら、しっかりと味わえる甘さ。

キウイフルーツのそれに似た、つぶつぶと小さな種も食べられます。

文句なしの美味であります。

香港旅行初日にして、来てよかった!と思いました。

f:id:kompirakei:20160609215050j:plain

そして、缶入りの青島啤酒(チンタオビール)。

これも今まで飲んだことがなくて、一度飲んでみたかったんですよね。

7HKドル(約96円)でした。

こちらも、わりとお手頃。

おいしいドラゴンフルーツを肴に、飲んでしまいますよ。

…ま、風景とかドラゴンフルーツの写真とか撮ってる間に、ぬるくなってしまってまして。

ちょっと残念でした。

私、ビールは冷たく冷やしきったうえで飲みたい趣味なんです。

 

これらが香港旅初日の、お昼ごはん代わりになりました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

期間限定 ドラゴンフルーツ 2kg(4玉~6玉)まなみ農園 宮古島直送!レッドピタヤ 沖縄 南国トロピカルフルーツ

新品価格
¥3,740から
(2016/6/9 22:02時点)