読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(074) 三人で古墳に来た』

三人で、時子(ときこ)の自宅近くにある鉢形山古墳まで来た。

「だから古墳なんて嫌だって私は言ってるでしょ」

古墳の嫌いな町子(まちこ)は、古墳の前に立ってごねている。

しかしもう現地に来てしまったので、手遅れだった。

「まちこおんに、ちょごるぼせよ。こぶにえよ」

嫌がっている町子の腕を手に取って、ヨンミは彼女に古墳を指し示した。

ヨンミは、なぜだか古墳が好きなのだ。

町子もヨンミに従って、古墳の方を見た。

盛り上がった小山を、うさんくさそうに見ている。

「お墓なんでしょ、これ」

「ね」

ヨンミはうなずいた。

時子もうなずいた。

「古代の古墳です」

「それはわかったけどね。私、さっきも言った通り、お墓は苦手なの」

町子は言った。

渋い顔をしている。

町子でなくても、世の中にお墓が好きな人は少ないだろう。

だが町子の様子からすると、よほど嫌そうである。

何か特別、つらい思い出でもあるのかもしれない。

「無理に連れてきてごめんね」

時子は謝った。

彼女としては、町子のブログ執筆のネタの足しになれば、と思ったのだ。

「ブログのネタに使えない?」

町子の顔をのぞきこんだ。

時子を見返しながら、町子は首をかしげた。

「どうしようかな…」

嫌だと言いながら、迷いはあるらしい。

「あ、ネタにはするんだ」

「だって、きつい思いして前まで来たのに、記事にしないのはもったいないから」

顔をしかめて、町子は早口に答えた。

 

時子と町子が話している間に、ヨンミは二人から離れて、古墳の斜面を登っている。

石室をに繋がる、古墳の開口部に向かった。

「あ、ヨンミちゃんが古墳に登ってるよ」

「そうね」

町子は目を細めて、ヨンミのいる古墳の風景を眺めた。

ふいに、表情が変わった。

何か思いついたらしい。

携えているバッグから、スマートフォンを取り出している。

「どうするの?」

「悪くない風景だから、撮っておくね」

時子にそう答えて、町子はスマートフォンのカメラレンズ部分を、古墳の方に向けた。

液晶画面を覗き込み、撮影の角度を調整している。

「人がいると絵になる?」

横から時子は声をかけた。

「うん」

町子はうなずく。

「男に浮気されて、住む場所を失った女の子が、夢中で古墳を登ってる。絵になる」

スマートフォンを構えて画面を見ながら、町子は嬉しそうに言った。

時子は呆れた。

 

ヨンミは、今や古墳の高台、開口部前に立っている。

石室の中を覗き込んでいるのだ。

ヨンミと町子を交互に見ながら、時子は思案した。

町子は、ここで撮った写真を自身のブログで、どう使うのだろうか。

今まで彼女のブログの購読を、拒否し続けてきた時子である。

でも、今この瞬間について書かれた記事なら読んでみたい。

そう思うのだった。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

失恋のおくすり (アスペクト文庫)

新品価格
¥586から
(2016/6/27 20:18時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com