読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行三日目(5)。ランタオ島、大澳(ダイオー)散策。水上住宅、野良猫、カレー団子

ランタオ島の西端、水上住宅で有名な漁村、大澳(ダイオー)にやって参りました。

f:id:kompirakei:20160707162837j:plain

観光客が多く、活気があります。

バスターミナルの近くには飲食店、お土産店も軒を連ねています。

f:id:kompirakei:20160707163011j:plain

来るなり猫ちゃんに遭遇しました。

漁村だから魚が取れて猫が多いのかも、と猫好きな私の期待は高まります。

f:id:kompirakei:20160707163219j:plain

岸辺に並ぶ水上住宅と、その住宅に横付けされたボート群が見えますね。

手前の大きなものは観光客向けの遊覧ボートです。

f:id:kompirakei:20160707163532j:plain

この海辺の観光地感、私は好きです。

海の香りと、飲食店で売っている食べ物の香りとが交じり合って。

鼻先に流れてきます。

f:id:kompirakei:20160707163801j:plain

猫がのびのびしているのを見ると、気持ちがなごみます。

f:id:kompirakei:20160707165024j:plain

水上家屋、陸地側から見るとこういう具合なんですね。

f:id:kompirakei:20160707165329j:plain

バスターミナルから離れるにつれ、次第に観光客の姿もまばらになってきました。

f:id:kompirakei:20160707165857j:plain

土地の神様の祠もありますぞ。

たぶん右から「土地爺」と呼ぶのでしょう。

念のため、とちじじい様!と心の中で呼びかけながら、拝みました。

中には仙人のような風貌の像が祀ってありました。

祠に万国旗が飾ってあるのがにぎやかでいいですな。

f:id:kompirakei:20160707170120j:plain

海辺には干潟が広がっています。

ムツゴロウとかハゼとか潜んでいそう。

f:id:kompirakei:20160707170208j:plain

そして通路には野良猫どころか野良犬までいました。

変に人なつっこそうで、こちらに近づいてくる風情なのが、かえって怖いです。

香港ではときどき野良犬を見かけました。

日本と違って、野良犬への扱いが優しい社会なんですね。

病気の対策さえ取れるなら、その方がいいですな。

f:id:kompirakei:20160707170621j:plain

岬の埠頭にまで来ました。

景色を見ていたら、空腹になってきました。

f:id:kompirakei:20160707174955j:plain

遠くに見える町がバスターミナル方面ですな。

入り江になっているんです。

かなり歩いてきたので、おなかも減るわけですよ。

来た道を戻って、土産物店を物色しようと思います。

f:id:kompirakei:20160707171438j:plain

土産物店が並ぶ界隈、この混雑です。

さっきまでひと気の少ない海沿いを歩いていたので。

まるで急に違う土地に来たような、錯覚を覚えました。

私も他の観光客に混じって、何か立ち食いできる食べ物を買ってみます。

f:id:kompirakei:20160707172148j:plain

とてもいい香りがしていたので、これをいただくことにしました。

香港、マカオでは一般的な食べ物のようです。

鍋で煮た、熱々のカマボコのような。

魚のすり身でつくった、大きな団子なんですね。

カレーソースにつけていただきます。

このカレーソースが、激辛!

さらに熱いものですから、やけどしないよう、道の端で時間をかけて食べました。

外側がしっかりして内側はふわふわの、絶妙な食感と風味のお団子です。

そこに、激辛カレーソースがとても合うんですね。

これは香港グルメの筆頭に加えてもいい、という私の独断が下りました。

お値段も300円ほどで、お手頃です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

香港 路地的 裏グルメ: 香港食の一番人気ブログ、おかわり

新品価格
¥1,296から
(2016/7/7 17:38時点)