読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(11) 神戸城、首の心配する猿姫』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

北伊勢の神戸城を本拠とする武家、神戸家。

猿姫(さるひめ)一行は、現当主である下総守利盛(しもうさのかみとしもり)を訪ねてやって来た。

 

神戸家は、同じく北伊勢の亀山に本拠を置く武家、関家の支流にあたる家柄である。

もっとも、家柄としては関家の支流でも、血筋は別であった。

利盛の祖父にあたる具盛(とももり)は、南伊勢の名家、北畠家から。

養子として入り、神戸家に迎えられている。

つまり神戸家は、関家とは別に、北畠家にも繋がっている。

本家にあたる関家に従いつつも、南の北畠家とも連絡を取り合う。

血筋で繋がる北畠家の後ろ盾があるため、本家の関家とも対等に渡り合える。

逆に北畠家との仲が疎遠になれば、関家との関係を強める。

そうした外交方針で、群雄割拠の伊勢国にあって、長年独立した地位を保ってきたのだ。

だがその地位も、近年の複雑化する時勢の中で、危うくなりつつあった。

 

「そういうわけでござる」

猿姫一行は神戸城の本丸にある御殿の、当主の間に通されている。

三人は、上座に面して座っていた。

筆頭に織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。

彼の背後、左手に猿姫。

背後右手に蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。

当主が現れるのを待つ間、三郎は上体で猿姫の方を振り返り、神戸家の来歴を語っている。

すぐ近く、上座の脇に神戸下総守の小姓が待機しているので、小声である。

「神戸家は、桓武平氏の末裔、関家に連なるお家柄。その実、名族北畠家の血族でもござる」

「なるほどな」

口で納得しながらも、知識のない猿姫にはいまいち飲み込めない話なのだった。

猿姫は、以前に遠江国武家、松下家に奉公していた。

松下家は、「東海一の弓取り」と称される駿河国の大大名、今川家の家臣である。

それなので猿姫によくわかるのは今川家と、せいぜい故郷である尾張国の領主、織田家。

彼らの内情くらいだ。

神戸家のことは、たかが北伊勢の小領主、ぐらいにしか思っていない。

「三郎殿は武家の家柄に詳しくて、さすがだな」

関心の無さを隠そうと、お世辞を言うのが精一杯だ。

神戸家について熱く語る三郎を前にして、その関心の無さが、声に出てしまった。

「猿姫殿っ、なぜもっと面白そうに聞いてくださらぬ」

体ごと猿姫の方に向き直って、三郎は食いつかんばかりだ。

無表情な小姓が、ちらりと視線を向ける。

「うつけ、無駄なことはやめておけ。猿姫に武家の来歴など理解できるわけがなかろう」

猿姫の横から、阿波守が嘲る調子でたしなめた。

「それを徒労と言う」

猿姫はむっとして、阿波守の髭面を横目でにらみつける。

だがさすがに、ここで暴れるわけにはいかなかった。

敵になるか味方になるかもわからない、領主の城である。

だいたいが、この主の間に入るにあたって、一行は武具を奪われている。

猿姫は、常に持ち歩いていた愛用の棒が手元にないせいで、少し具合が悪かった。

棒を携帯していないと、不安で仕方が無い。

そのせいもあり、場違いな程に上機嫌な三郎の話が、うまく頭に入らないのだ。

不快な阿波守の髭面から、自分を見つめる三郎の顔に視線を戻した。

「しかしそれほど神戸家に由緒があるのなら、三郎殿」

猿姫は、眉をひそめる。

「今まで再三言わせてもらったが、その羽織。大丈夫なのか?」

三郎の羽織。

上等な絹に、丁寧な刺繍で、口に出すのもはばかられる絵柄が描かれている。

猿姫はもう見慣れてしまったが、並の人間ならその下品さに驚くだろう。

「先ほど、応対に当たった門番と、取次ぎの侍。お主のその羽織を凝視していた」

猿姫は、近くに居る小姓に聞こえないよう、小声でかつ遠慮がちに言った。

「で、ござるか。それは気付きませなんだ」

三郎は平気な声で言って、前に向き直った。

猿姫はため息をついた。

前を向いた三郎の背中にも、下品な絵柄がふんだんにあって、猿姫の視界に入ってくる。

 

こんな下品な羽織を着た男に同行している、自分だって。

うつけの女、恥知らずな女と人様からは思われているかもしれない。

 

他人の目を意識しないたちの猿姫も、三郎の羽織のことを思うと、気がふさぐ。

三郎のうつけぶりが、神戸下総守を刺激しないことを切に願った。

怒りを買えば、得物の棒を持たない自分が場を乗り切れるかどうか、わからない。

「貴殿、どう思われる。拙者のこの羽織」

いつの間にか三郎は、待機する小姓に話しかけていた。

気楽な口調である。

猿姫も阿波守もふいをつかれ、一瞬腰を浮かせた。

「どうであろう、下総守殿は気に入られますかな。この手の絵柄は」

話しかけられて、若い小姓は目を白黒させている。

「さ、どうでござりましょう」

「下総守殿はお若い方だとうかがっております。拙者とご趣味も近いのではないかな」

「さ、それは私には何とも…」

困っている小姓に、三郎は楽しそうな声で、にじり寄らんばかりだ。

腰の周りに提げたいくつもの瓢箪が、ぶつかりあって音をたてる。

「三郎殿っ」

後ろから抱きついて、猿姫は三郎を元の座り位置に戻らせた。

「他家の殿中だぞ。落ち着け」

「拙者は落ち着いてござる。猿姫殿こそ、そんな青い顔で…貴殿らしくもない」

後ろから取りすがる猿姫を振り返り、三郎は顔に笑みを浮かべている。

「せっかくのお化粧が、無駄になり申す」

余裕を感じさせる笑みだ。

猿姫ははっとして、後ろに退いた。

 

三郎には考えがあるのかないのか、その胸中がわからない。

しかし、いよいよ神戸下総守との謁見となれば、どうであれ三郎に任せるしかないのだ。

三郎と共に首を失う覚悟はしておいた方がいいかもしれない。

猿姫はそう思った。

ことと次第によっては、城内に忍び込んでいる一子(かずこ)を当てにするほかない。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

鈴鹿抹茶の低糖質ロールケーキ

価格:2,360円
(2016/7/11 21:42時点)
感想(13件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com