読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行三日目(6)。ランタオ島で拝む大仏様。寶蓮寺(ポーリンジー)

香港 2016年香港旅

大澳(ダイオー)で漁村の風情を満喫して、いい気分です。

後は、ランタオ島は大仏で有名なんですね。

その大仏だけ見て帰ろう、と貪欲な私は思ったんですね。

天壇大仏って言うそうなんですが。

大澳に来る途中で、バスの車窓から山の上に大仏の背中を見ました。

あれだったんですね。

これから、実物を拝みに行こうと思います。

大仏様のいらっしゃる寶蓮寺(ポーリンジー)というお寺に向かいますよ。

この寺方面に行くため、いったん梅窩(ムイオー)のバスターミナルに行きます。

懐かしの梅窩ですぞ。

 

梅窩に着きましたが、寶蓮寺行きのバスが出るまで、間がありました。

それまで、おやつを食べて時間をつぶすことにします。

間食が好きなのです。

香港島行きフェリーターミナルの入口にですね。

フィリピン人らしき男女が営業している、両替所兼キオスクのようなお店がありまして。

そのお店に、フィリピン製のお菓子類なんかが結構売ってまして。

私にとっては珍しいものですから、喜んで買いました。

f:id:kompirakei:20160711223415j:plain

Chippyです。

ガーリック&ビネガー味のコーンチップスなんですね。

このお菓子が、とても美味しかったわけなのです。

f:id:kompirakei:20160711223828j:plain

日本の同種のお菓子に比べると固めの食感で、噛み応えがあるんですね。

食べるとカリカリポリポリ、小気味のいい音が奥歯に響きます。

そして、ニンニクとお酢の味付けが絶妙!

日本で手に入るなら、毎日でも買ってしまいそうな美味しさでした。

f:id:kompirakei:20160711224310j:plain

飲み物はこれ。

デルモンテと上に書いてますが、これもフィリピン製でした。

私パイナップル味は苦手なんですが、これは甘さが際立っていて、美味しかったです。

南国の暑い夏には、甘さの強い飲料が度々欲しくなるんですね。

パイナップルも、暑いさなかで食べれば美味しさの真価が実感できるのかも。

 

お菓子を食べ終えて、かなり経ってからバスが来ました。

予定時刻から少し遅れていたので、他のバス待ち客たちが不安そうに待ってたんです。

その中に、地元民と思しき若い男性がいまして。

私が同じバスに乗る乗客で、なおかつ外国人ということに気付いたらしいんですね。

私の方に該当のバスの時刻表の場所を示してくれたり。

問題のバスが来たときに、手招きしてくれたり。

終始無言だったのですが、なんだか親切な若者でした。

私はあまり、旅先で現地の人と交わる旅をしていないので。

こういう降って湧いた出来事のひとつひとつが、とても貴重に思えます。

f:id:kompirakei:20160711225107j:plain

着きましたぞ。

あいにくの大雨ですが…。

先の若者は、私に会釈して、売店が並ぶ界隈に走っていきました。

この辺りで働いている人だったのかも、と思いました。

でももうすぐ五時でお店も閉まる頃合なので、それも妙なのですが。

謎の若者でした。

f:id:kompirakei:20160711225702j:plain

寺内の各施設が閉まり始める五時、しかも雨降り天気。

にも関わらず、私のようにあきらめの悪いお客たちが大仏を拝みに来ています。

f:id:kompirakei:20160711230757j:plain

ここにも野良犬がいますな。

お寺の境内なのですが。

たくましく、泥水を飲んでいます。

欧米人の観光客たちが背中を撫でに行ってましたが…。

よく怖くないな、と思いながら見てました。

f:id:kompirakei:20160711230645j:plain

大仏様のご尊顔が視界に入ってきました。

f:id:kompirakei:20160711231328j:plain

雨の中、濡れた石段を登るのは少々怖い。

なんだか滑って転がり落ちそうで。

f:id:kompirakei:20160711231540j:plain

立派なお姿です。

写真に写っている職員さん、「もう門限超えたからそろそろ閉めるよ」と。

私とか他の参拝客に、ずっと言ってまわってました。

ただちに追い出さないのは仏心ですな。

入場したのが五時超えてからだったので、かなり時間オーバーしてたんですが。

怒られないうちに、急いで周囲の写真を撮ってきます。

f:id:kompirakei:20160711231806j:plain

お背中。

f:id:kompirakei:20160711231913j:plain

大仏様の背中側にまわると、ランタオ島南側の海が見られます。

f:id:kompirakei:20160711232410j:plain

おそらく天女…だと思うのですが、大仏様の周囲を女性らしい姿の像が囲んでいます。

この人たちも、綺麗な造形で、目を奪われました。

f:id:kompirakei:20160711232717j:plain

本殿始め、境内にはいろいろと見るべきところがあったのですが…。

私は来た時間が遅かったので、大仏様を拝むだけで満足、ということにしておきます。

最終バスに乗って、東涌(トンチョン)駅に帰りますよ。

f:id:kompirakei:20160711233326j:plain

東涌駅界隈から寶蓮寺まで、直通の長いケーブルカーで繋がっているのです。

ケーブルカーというか、日本で言うロープウェーなんですがね。

なんと6キロばかりも、このロープウェーで空中を行くわけなんです。

これはもう、乗り物自体が結構な観光名所ですね。

でも料金が往復で165HKドル(約2200円)と結構なお値段ですし、それにですね。

私、高いところが苦手なのですよ。

ロープウェーは、乗らずに済むなら乗らずに済ませたいので。

行きも帰りもバスに乗るんですね。

f:id:kompirakei:20160711234153j:plain

バス乗り場の近くで、雨宿りしている人がいます。

f:id:kompirakei:20160711234353j:plain

微動だにしないので、最初レプリカかと思いましたが、本物でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

香港007ランタオ島と島嶼部 (まちごとチャイナ)