読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(12) 猿姫に目をつける、神戸城の若殿』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

猿姫(さるひめ)、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)そして蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。

彼ら一行は、神戸城の主の間で座って待機している。

中庭に面した障子戸が開いた。

城主である、神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)が現れた。

猿姫一行は、座ったまま、神戸下総守の姿を目で追った。

若い当主である。

三郎と、年も背格好も近い。

正装とはいかないが、羽織に袴を合わせた、まともな服装である。

神戸下総守は上座まで歩いて行きながら、その場に控える一行に目を向けた。

まず猿姫の姿を見て目を細め、次に阿波守の髭面を見て眉間に皺を寄せた。

最後に、三郎が着ている羽織の絵柄に気付き、ぎょっとした顔になる。

ともかくも、彼は一段高くなった上座の上に敷かれた、茵(しとね)に腰を下ろした。

「神戸下総守利盛である。今日はよく来られた」

若いながらに当主としての威厳を保とうとする苦労からか、緊張感のにじむ声である。

それでも、彼が笑顔をつくっているところを見ると、猿姫たちは歓迎されているらしかった。

尾張から参りました。織田三郎信長でござる」

三郎は嬉々とした声で返した。

そのまま右手を持ち上げて、神戸下総守の方に突き出した。

膝を使い畳の上をいざって、上座まで進んでいこうとしている。

相手に、南蛮式の握手を強要しようというのだ。

神戸下総守は、三郎の繰り出した見慣れぬ作法に驚き、後ずさった。

「な、もし、その奇妙な動きは何か」

「握手でござる。南蛮式の挨拶にござる」

腰を落としたまま進んで、引きつった顔の神戸下総守の手前まで進んだ三郎。

右手を差し出した。

後ろから見ている猿姫は、気が気でない。

阿波守は、面白そうに事の次第を眺めている。

「申し訳ないが、当方は南蛮の風俗については不得手である」

額の汗を手の甲で拭いながら、神戸下総守は三郎からの握手を辞退した。

「どうぞそのまま、席に戻っていただきたい」

「これは失礼つかまった」

口答えせず、三郎はおとなしく後方に後ずさる。

拍子抜けするほどの聞き分けのよさだ。

猿姫はひと安心した。

 

三郎が元の場所に戻ったのを確認して、神戸下総守は、一行に視線を行き渡らせる。

尾張から来られた、織田三郎信長殿のご一行。貴殿らのことは、すでに聞いている」

そう述べる神戸下総守の口調は穏やかで、何ら敵意は含まれていない。

「白子港の奉行から、報告を受けている。なんでも貴殿らは、川渡し船で海を来られたとか…」

好奇心を抑えきれない様子で、神戸下総守は言った。

猿姫の心臓が高鳴る。

神戸下総守が、視線を彼女の顔に向けたのだ。

「一行に加わる女子が、船を操っていたと報告にある。つまり、貴殿か」

猿姫の顔を、興味津々の表情でうかがっている。

「左様にございます」

猿姫は慎重に答えた。

何気なくこなしたことだが、やはり彼女が船頭を勤めたのは、人目を引いていたのだ。

「貴殿の名前、何と申したかな」

「猿姫と申します」

「猿姫。ただの猿姫?」

「ただの猿姫でございます」

「姓も名乗りもなく、ただ猿姫?」

「農民の生まれでございます故、姓も何も持っておりませぬ」

彼女が答えている間にも、上座から遠慮の無い視線が注がれる。

猿姫は、できることなら、ため息をつきたい気持ちだった。

たかが北伊勢の小領主、とは言っても、神戸下総守は土地の有力者だ。

今は、たまたま相手は機嫌よくしている。

しかしこれからもし彼の機嫌を損ねたとしたら、どんな目に遭わされるかわからない。

同じく貴人とは言え流浪の身である三郎に接しているのとは、緊張感の度合いが違う。

上座と下座とに分かれて相対する人間関係というのは、猿姫には酷い苦痛だった。

今まで三郎相手に交わしてきた何気ない会話の、何と気楽で幸せだったことか。

「おお。百姓の者であったか。それにしては貴殿、まるで大名の姫君ような風格」

歯の浮くようなことを言いながら、神戸下総守の視線は猿姫をとらえて放さない。

「しかも船を漕いで大海を渡ってくるとは。貴殿、只者ではないな」

今やその視線の中に、好色な色合いが混じり始めているのを、猿姫は敏感に感じ取っていた。

「身に余るお言葉でございます」

立場上、そつなく返すことに努めよう、と猿姫は思う。

 

神戸下総守が、意味ありげな視線を猿姫に向けている。

三郎にしても、そのことに気付いていた。

今朝の猿姫は顔に化粧を施して、身だしなみを整えてきたので、男の目を引いてしまうのだ。

この流れはまずい、と三郎は焦った。

「下総守殿っ」

と彼は声を荒げた。

「う、うむ」

三郎の大声に驚いて、目を丸くしながら彼に向き直った神戸下総守。

少し、後ろめたそうな風情である。

猿姫を守らなければ、と三郎は心に決めた。

「実はっ、こちらに参ったは他でもござらぬ、大事な用がござる」

相手の注意を引かんとばかりに、わざわざ大声で、節をつけて言うのだ。

「そうであろうな」

神戸下総守は咳払いをして、三郎に注意を向けた。

まだ猿姫に心残りがあるらしく、一瞬彼女に視線を送った。

「下総守殿っ」

「うむ、聞いている」

うんざりした顔で、神戸下総守は三郎を見返した。

「下総守殿。貴殿もご承知の通り、我らは尾張を追われた身にござる」

「なるほど、いろいろ身の上のご事情もあろう」

「それ故、今後は我ら和泉国は堺の港を目指し、旅をする手はずでござる」

「なるほどなるほど」

三郎が大声で語るのを、下総守は我慢強く聞いている。

隙を見ては猿姫に話しかけようとするつもりのようだ。

そうはさせぬ、と三郎は思った。

「で、そのうえで当方が何か助力できることでもある、というわけかな」

三郎の力の入った視線で見つめられて、神戸下総守はあきらめの混じった声で応じた。

「もしそうならば、遠慮なく言ってもらいたい」

 

ここが山場だ、と猿姫は息を飲む。

神戸下総守が変な興味を自分に向けたせいで、一時は訪問の目的があやふやになりかけた。

だが、三郎のがんばりのおかげで、話を強引に目的に戻すことができた。

これから、自分たちは堺に向かう。

そのための諸々の援助を、神戸家から引き出すのだ。

 

神戸下総守相手に力強く交渉にあたり始めた三郎を、猿姫は頼もしく思う。

一方、しばらく前からひとことも口を利いていない男のことが、彼女は気になった。

隣に座っている、阿波守である。

猿姫が恐る恐る阿波守の横面を盗み見ると、彼はうつむいたまま、動きを止めていた。

居眠りしていたのだ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

鈴鹿抹茶ラングドシャ 12枚入(抹茶 三重 お土産 クッキー スイーツ お茶 ギフト ご当地 名物 まっちゃ 和 菓子 鈴鹿市 三重県)

価格:756円
(2016/7/12 19:48時点)
感想(1件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com