読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『河原ノ者・非人・秀吉』服部英雄

骨太な読書になりました。

 

河原ノ者・非人・秀吉

 

服部英雄氏の著作、 『河原ノ者・非人・秀吉』です。

室町から安土・桃山時代にかけて、社会を支える一翼を担っていた被差別階級の人々。

さらには、その被差別階級に一時的に属しながらも、日本の支配者に上り詰めた権力者、豊臣秀吉

中世の社会の一端を描く、大部であります。

 

最近私、戦国時代を舞台にした小説を書いているんですね。

それで、関連の書籍を諸々あたっているわけなんです。

戦国時代と言えば、俗に言う三英傑。

すなわち、織田信長豊臣秀吉徳川家康

時代を代表する偉人として、この三人が筆頭に来ますよね。

なかでも豊臣秀吉という人物は、「低い身分から出て天下人となった出世頭」として。

庶民からの人気の強い人物です。

この秀吉、私たちが想像する以上に貧しい、苦しい境遇から身を立てていたのですね。

本書で、その辺りの彼の境遇が明らかにされます。 

 

江戸時代には人の身分には、士農工商と定められていて。

なおかつ、その下に置かれた被差別階級がありました。 

ところが江戸期以前の戦国時代には、その身分の縛りは流動的なものだったのですね。

もともと尾張国土豪の生まれで、かろうじて下級の武士だった豊臣秀吉

本書によると、彼は家庭的に不幸な境遇のせいで、生きるため一時的に。

「非人」の立場に属することになったらしいのです。

しかし彼はその後、織田信長の配下武将として出世し、天下人にまでなりました。

戦で勝つことが、武士の命運を分けた時代です。

皮革産業など、武具の生産に関わる人々が、とても重要な役割を占めたのですね。

秀吉のように、そうした被差別階級の人々と関わりを持つ人物に、出世のチャンスがあった時代でした。

 

天下人に上り詰めた秀吉ですが、その天下も彼の一代で終わりを告げます。

由緒ある家柄の大名たちは、度々に渡り、天下人秀吉の出生の境遇を問題にしました。

「江戸時代よりも自由だった戦国時代」の気風の下でも、人の意識を覆すことは難しかったのです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

河原ノ者・非人・秀吉

新品価格
¥3,024から
(2016/7/13 21:00時点)