読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Economics:The User's Guide』Ha-Joon Chang

お金が欲しい。

日々そんな思いでいるのですが、どこかにお金が落ちてないものですかね。

Economics: The User's Guide

お金のことが頭から離れなくなったので、こんな洋書を読みました。

ケンブリッジ大学で経済学を教えている先生、Ha-Joon Changの著書です。

経済学の入門書であります。

資本主義の歴史に始まり、経済学の各学派について。

さらには、いかにして今の世界での生き方に経済学を活かすか、など。

平易な文章でつづられています。

 

本文中に経済学、貿易分野等の専門用語は多少使われています。

でも経済学の参考書で使われるような数式は一切出てきません。

特定の状況を表現するのに、有名映画の場面等エンターテイメントを例えに使ったりと。

真面目な本ですが、堅苦しくはなく、面白くて読みやすいです。

 

著者は出身地の韓国、それから日本、欧州、アフリカ、南北アメリカ等々。

世界中で起こった事象を話題として取り上げます。

経済学の研究対象を求めると、世界の隅々にまで視野が広がっていくのですね。

「経済学とはこの世の全てを扱う学問」という文中の言葉が、印象的でした。

お金だけを追い求める学問ではないのですよ、経済学は。

人がよりよく生きることを目指すための学問なのですね。

この本を読むことが、そんな経済学的視野を得るきっかけになると思います。

お金はそうそう落ちていないかもしれませんが。

他の価値ある何かが、そこらじゅうに落ちているかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

Economics: The User's Guide

新品価格
¥1,661から
(2016/7/20 17:31時点)