読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行四日目(6)。南丫島(ナムアトウ)の榕樹湾(ヨンシューワン)まで、短い船の旅

香港島の埠頭、南丫島(ラムアトウ)へ渡るフェリー乗り場にいますぞ。

f:id:kompirakei:20160720180802j:plain

他の島に行くフェリーの乗り場がいくつも並んでいますね。

今回の旅では全ての島に行くことはかないませんでしたが、いつか他の島にも行ってみたいものです。

f:id:kompirakei:20160720180959j:plain

乗船成功!

私は後部デッキ席に陣取ります。

周囲に乗っているのは、先の記事で述べた通り、欧米人の乗客ばかり。

これまで香港島のビル街を歩いていると、時折、欧米の人を見かけました。

しかし、この船内ほど、まとまった数の人を見たのはこれが初めてです。

南丫島、いったいどんな島なんでしょう。

 

船は動き始めました。

高速船というんでしょうか、結構なスピードで走る、中型船なんですね。

波の上を進むたびに、船尾が上下に大きく揺れるのですね。

後部デッキの座席に座っていると、席の上で私も激しく揺さぶられるわけなのですね。

それでもって私、海と船が大好きなのですが、乗り物酔いに弱いたちなのです。

酔いました。

慌てて、携帯していた酔い止め薬を飲み下します。

即効性があるのかどうかわかりませんが、ともかくも酔いつぶれることは防げました。

それにしても、周囲の乗客の人たち、一向に平気な顔してましたが…。

私が揺れに弱すぎるんですかね。

 

船酔いが収まると、風景を楽しむ余裕も戻ってきました。

f:id:kompirakei:20160720181751j:plain

船上から、香港島の新たな側面を発見できるのがいいですね。

これから行く南丫島は、香港島から海峡を挟んですぐ南に浮かぶ島なのです。

お隣さんなんですね。

f:id:kompirakei:20160720182107j:plain

ヴィクトリア・ピークの裾野は海辺まで続いているんですね。

高層ビルの裏手に山が控えているのって、改めて面白い風景だと思います。

f:id:kompirakei:20160720182256j:plain

香港島の南には南で、また別の街があるのですね。

香港仔(ホンコンチャイ)の街ですな。

ここまで来ると、目指す南丫島まではもうすぐです。

ごく短いながら、かなり充実した船旅が味わえましたよ。

香港島のフェリー乗り場から南丫島の榕樹湾(ヨンシューワン)まで。

チケットが片道、17.1HKドル(約235円)でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【第2類医薬品】トラベルミン 6錠

新品価格
¥443から
(2016/7/20 18:35時点)