香港旅行四日目(7)。南丫島(ラムアトウ)、榕樹湾(ヨンシューワン)から洪聖爺海灘(ホンシィンイエホイタン)まで歩く

南丫島(ラムアトウ)の榕樹湾(ヨンシューワン)に船は到着しました。

f:id:kompirakei:20160721203451j:plain

船から埠頭に下りてきてみたら、どうもよさげな雰囲気です。

山の斜面に立つお洒落なペンション群が顔を出しています。

f:id:kompirakei:20160721204051j:plain

埠頭の付近は、小さな湾になっていますな。

 

船を降りた集団について歩き、私も島の奥に向かってみましょう。

f:id:kompirakei:20160721204319j:plain

お洒落な飲食店、日用雑貨店、オープンカフェなどが並ぶ界隈です。

エキゾチックって言うんでしょうか、あんまり香港っぽくありません。

また違う南国の島国に来たみたいな気分になります。

この島に住んでるのか、えらくその場に馴染んだ欧米人のお子さんの姿もちらほら。

f:id:kompirakei:20160721204622j:plain

お洒落なお店の並ぶ界隈を抜けると、密林に入っていきます。

こんな密林内のそこかしこに、集合住宅が立っていましてね。

船から一緒に歩いてきた欧米人たちが、そうした住宅に分かれて入っていきます。

集合住宅、おそらく彼らの別荘なのですね。

ガイド本によると、この島は香港在住の欧米人に人気の高いところなのだそうです。

週末を別荘に過ごしにくるのでしょう。

高速船で数十分で香港島に行けますから、人によっては定住してここから通勤しているのかも。

 

私は別荘を持っていませんので、密林内の道をひたすら歩きます。

f:id:kompirakei:20160721205203j:plain

道すがら、バナナの実が成っているのを見つけました。

まだ青いですがね。

何でしょう、私はフルーツとしてのバナナはそれほど好きではないんですが。

生のバナナの木を見ると、妙に嬉しくなってしまいます。

珍しいからですね。

日本でバナナの木なんて、熱帯植物園でもなければ見られませんもんね。

f:id:kompirakei:20160721205407j:plain

こんなに生えているんですぞ。

貴重なバナナの木。

眼福です。

バナナで眼福!

 

密林の間を歩いていたら、目の前が開けました。

f:id:kompirakei:20160721205806j:plain

ここは、洪聖爺海灘(ホンシィンイエホイタン)というビーチです。

海水浴ができるんですね。

目の前に、海に入っている人たちがいます。

f:id:kompirakei:20160721211507j:plain

もう夕暮れが近いですね。

f:id:kompirakei:20160721211755j:plain

香港の島嶼部のビーチは、シャワー設備完備のところが多いです。

このビーチはシャワー設備があるし、すぐ近くにカフェレストランもあります。

f:id:kompirakei:20160721211611j:plain

海を眺めがら、明日にはもう日本に帰らなければいけないんだなあ…と。

しみじみしてしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

無農薬・無化学肥料 バナナ 1kg

価格:980円
(2016/7/21 21:35時点)
感想(5件)