読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハゲとビキニとサンバの国 ブラジル邪推紀行』井上章一

今年、2016年8月5日から、リオデジャネイロオリンピックが開催されるそうで。

オリンピックはともかく、私ブラジルって国には結構興味を持っているんですよね。

ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行―(新潮新書)

ブラジルについて書かれた、面白い紀行本があります。

井上章一氏の『ハゲとビキニとサンバの国 ブラジル邪推紀行』…。

激しいタイトルですね。

リオデジャネイロに、公立大学の教員として短期間滞在した著者。

彼が、現地で見聞きした面白い話が本書につまっています。

 

導入が、「ブラジルではハゲがモテる」という噂の検証から始まるんですね。

その過程でブラジル人の「ハゲ」に対する意識をあぶり出すくだりが刺激的です。

続く章でも、刺激的な題材が続きます。

なぜか現地の害虫駆除業者たちは、日本の都市の名を会社名に使う。

汚れ役を強いられる、若い日系女性タレント。

ビーチで特訓する、子供忍者たち。

ボサノヴァの定番『イパネマの娘』で名を馳せたイパネマ・ビーチ、そこに集まるビキニ女性たちの実際。

ブラジル男性の、女性の臀部に対して見せる並外れたこだわり、等々。

ブラジルの風俗を日本のそれと対比することで、ブラジルという国の面白みが見えてくるんですね。

また、ブラジルと日本との知られざる繋がりも垣間見えます。

 

私はこの本のタイトルを見たときからですね。

ブラジル人の柔術家、ヴァリッジ・イズマイウのことを連想しながら読んでいました。

そういう、荒々しいファイトが売り物の、禿頭のブラジル人格闘家がいまして。

かつて日本のリングでも活躍していたんです。

荒々しい、ハゲの男の国。

しかし本書を読むと、ブラジル男性も多様化していて。

必ずしもそんな男らしい男ばかりではないということも、わかるのです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行―(新潮新書)