読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行四日目(9)。南丫島(ラムアトウ)から帰還、重慶大厦(チョンキンタイハー)でインド料理を食べる

いろいろなことを思いながらの、南丫島(ラムアトウ)ウォーキング。

索罟湾(ソッグワン)に向けて歩いていきますよ。

後はフェリーに乗って帰るだけです。

f:id:kompirakei:20160723174938j:plain

索罟湾の街。海辺に並ぶ飲食店と、湾内に浮かぶ水上住宅が見えています。

f:id:kompirakei:20160723175124j:plain

干潟が広がっていますね。

f:id:kompirakei:20160723175354j:plain

火炎樹の花が、夕日に映えます。

f:id:kompirakei:20160723175649j:plain

索罟湾のフェリー乗り場の周辺には、飲食店が並んでいます。

時間が半端なので、閉まっているお店が多かったですね。

海鮮料理を出すお店ばかりで、開いているお店は店頭に生簀が並んでいました。

蟹など、高そうなシーフードばかり。

私のような貧乏旅行者には縁がないですな。

そういうわけで、足早にフェリー乗り場に向かいます。

 

乗り場にたどりついて、驚きました。

f:id:kompirakei:20160723180330j:plain

波に揺れながら待っていたのは、フェリーというか、小さな船だったのです。

行きの高速船でも船酔いしたので、こんな小さな船で海上を行くのはごめんです。

でも、他に船がなければ仕方ありません。

こわごわですが、乗ることにしました。

さようなら、南丫島(ラムアトウ)。

f:id:kompirakei:20160723181019j:plain

停泊中の船から、水上住宅が見えます。

この住宅群、南丫島漁民文化村と言いまして、観光客向けに開放しているようです。

住宅の中を見学して民具などの展示を見たり、海釣りの体験もできるそうですぞ。

f:id:kompirakei:20160723181326j:plain

船は動き出しました。

非常に揺れます…。

湾内はまだよかったのですが、沖合いに出ると、もの凄い揺れになりました。

何しろ小さい船ですから、船底が波にぶつかる感覚が、直に体に伝わってくるのです。

行きのフェリーで酔い止め薬を飲んでいなければ、気絶しているところでした。

しかし薬を飲んでいるし、また波に揺られる感覚が、だんだん面白くなってきたのですね。

そうすると波乗りしているような気持ちになってきて。

こういう船での船旅もいいものだな、と思えました。

 

索罟湾から香港島の南部、香港仔に届けてもらいました。

そこから北部に戻り、スターフェリーに乗って九龍の尖沙咀(チムシャツォイ)へ。

戻って参りましたぞ。

スターフェリーの乗り場周辺に来ると、なんだか落ち着くようになってしまいました。

慣れですね。

もう、すっかり日は落ちています。

f:id:kompirakei:20160723182034j:plain

ようやく、香港島の夜景らしい夜景を拝むことができました。

 

さて、香港で過ごす最後の夜です。

実はまだやり残したことがあったのですね。

初日に宿泊した重慶大厦(チョンキンタイハー)というビルがあるんです。

そのビルの中にはインド料理店が何件かありましてね。

旅に出発する前、「重慶大厦に泊まった夜は中でインド料理を食べたい」と。

そう思っていたわけなんです。

ところが、食べ損ねましてね。

それが心残りでした。

ということでこれから重慶大厦に寄ってインド料理を食べよう、と思ったのです。

夜の10時をまわっていましたが、ビル内を探ると営業しているお店があったのです。

それで、料理を注文しました。

f:id:kompirakei:20160723182604j:plain

豆のカレーとナン、それにサモサにラッシー。

これで、確か95HKドル程でした。

日本円で1300円ぐらいですね。

これはちょっと、高いと思います。

カレーも、味はともかく量が少なかったし…。

しかし、気にかけていた重慶大厦のインド料理です。

食べることができて、ともかくも満足することができました。

香港最後の夜に、周囲で談笑するインド人客に囲まれながら食べる、インド料理。

なかなか、いい気分に浸れました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

民族レストラン 6個入【レトルトカレー レトルトシチュー】【御中元送料無料キャンペーン対象品】【ギフト】

価格:3,240円
(2016/7/23 18:40時点)
感想(2件)