『戦わずに追い詰められる、熊殺し』

こそこそと、人の目を盗んで、それを飲んでいる。

持参したシェイカー容器に入れておいた、プロテインの粉。

そこに、購入したコーラを注いで混ぜ、飲んでいるのだ。

「おい、ばれたら追い出されるぞっ」

混ざりきらないプロテインとコーラを飲み下している最中、急に大声を出された。

餅田万寿夫(もちだますお)はむせて、飲んだものを吐き出しそうになった。

気道に粉っぽいものが入り込み、苦しい。

万寿夫は咳き込みながら、テーブル越しに対面している相手を恨めしく見た。

「先輩、急に大声を出さないでください」

吉川長持(きっかわながもち)の顔をにらみつける。

長持は、にやにやと笑った。

 

長持は、やりにくい相手だ。

高校二年生の万寿夫は、かつて「熊」とあだ名される学内の不良教師を、のしてしまったことがある。

それがきっかけで、地元の学生たちの間に「熊殺し」という異名が広まってしまった。

その結果、諸々のいきさつが生まれた。

柔道部員の三年生である長持と、手合わせをすることになった。

かろうじて万寿夫が勝てたからよかったものの、それ以来、長持は何かと万寿夫に絡んでくる。

しかし万寿夫は、それをむげにはできない。

長持には、加奈(かな)という、高校一年生の妹がいる。

万寿夫は、この加奈という娘に惚れているのだ。

 

長持は、万寿夫の目の前で、巨大なハンバーガーにかぶりついている。

二人は、地元で有名なグルメバーガーの店に来ていた。

長持に誘われたのだ。

「なかなか、こざっぱりした飲食店に入る機会がなくてな」というのが、長持の理屈だ。

万寿夫は孤独を好むたちだが、たまには友人と一緒に会食するのも、悪くない。

長持とは友人というほど親しくはないが、好きな女の子の兄である。

また、一度は戦ったことのある、好敵手でもある。

よしみを通じておいて、悪いことはない。

「柔道部の人たちとは、こういうお店には来ないんですか?」

依然として手製のプロテインシェイクを飲みながら、万寿夫は上目遣いに相手を見た。

グルメバーガーの店に来ているのに、万寿夫が注文したのは、シーザーサラダとコーラだけだ。

「柔道部の連中と食べに行くのは、牛丼とか焼肉とかだよ。ハンバーガーはあんまり」

「同じ肉類でも、何か見えない基準があるんですかね」

「そうかもな」

「俺は、お肉は皆苦手です」

万寿夫は、肉類全般を好まない。

だがたんぱく質の摂取には人一倍貪欲なたちなので、持ち込んだプロテイン粉を隠れて飲んでいるのだ。

なおかつ、このプロテイン粉は、大豆から精製されたものである。

「それはいいが、こんなところでプロテインを飲むなよ…」

長持は、呆れたようでいながら、どこか尊敬の混じった声を出している。

柔道部員として、彼もプロテイン粉に馴染んでいるはずである。

それでも、ハンバーガーを食べずに大豆プロテインにかじりつく万寿夫の姿には、畏敬の念を覚えるらしかった。

店員に知れたら追い出されるリスクをおかしてまで、万寿夫はこだわっているからだ。

長持に笑顔を見せて、万寿夫は美味しいシーザーサラダを、コーラ割の大豆プロテイン粉と共に味わった。

「ここのサラダ、新鮮だしドレッシングも絶妙で、美味しいですねえ」

フォークを扱いながら、万寿夫はコメントを吐いた。

「ここはグルメバーガーの店であって、オーガニック料理の店じゃないぞ」

長持は呆れながら、万寿夫の食べっぷりを眺めた。

 

「ところで、お前に言っておかなければならない」

自分の食事が一段落したところで、改まって長持は言った。

「何ですか先輩、改まって」

長持が大きなグルメバーガーをすっかりたいらげた後に、まだ万寿夫はサラダを食べていた。

時間をかけているのだ。

サラダを食べながら、長持の話を聞いている。

「実は、我が吉川家の祖は、かの猛将、吉川元春公である」

フォークを持つ万寿夫の手が止まった。

「本当ですか」

「元春公を知っているか」

「存じています」

吉川元春は、戦国武将だ。

中国地方の毛利家に生まれ、近隣の実力者である吉川家の家を継ぎ、後に毛利家を支えて活躍した猛将だ。

戦国武将にそれほど詳しくない万寿夫も、その名前を聞いたことがあった。

「俺も加奈も、その元春公の血を受け継いでいる」

長持は、鼻の穴を広げんばかりの自慢げな口調で語った。

「へええ…」

万寿夫は素直に感心した。

著名な歴史上の人物の、末裔が目の前にいるのだ。

なかなかできない体験だ。

「それは、光栄です」

「そうだろう?」

万寿夫の態度に、長持は気をよくしたらしい。

「それでだ。うちの家柄は、猛将の家柄だから、婿にもそれなりの人物が求められる」

「婿?」

万寿夫は聞き返した。

「そうだ、婿だ。軟弱な人間を、家に入れるわけにはいかない」

続ける長持。

万寿夫には、話の流れが読めない。

「先輩、それは何の話ですか」

「加奈のことだ」

長持は、短く言った。

万寿夫は、胃をつかまれたような気がした。

「えっ」

「うちの家で婿、と言えば俺の妹の話に決まっているだろう」

「えっ」

「うちの家は、婿を選ぶ」

万寿夫は言葉を失った。

「…すみませんが、話がよく見えないのですが」

「うちの妹、お前に惚れているらしいな」

長持は万寿夫に注意を払わず、自然な口調で言った。

万寿夫はさらに絶句した。

「今までの俺なら反対しているところだが、俺はお前を知っている」

長持は、淡々と語った。

「お前は少なくとも、俺と同じ程度には強い」

一度、万寿夫は長持をしっかりと倒しているのだ。

それであっても自分と万寿夫は同等だと言い切る。

その自信の強さを、万寿夫は尊敬した。

「ありがとうございます」

話がどこへ行くのかわからなくて、怖い。

そんな中で万寿夫は、機械的に感謝を述べるのが精一杯だ。

自分が惚れている相手、加奈の方でも自分に気があるらしい。

それを聞いても、不思議と嬉しくない。

何しろ変な状況なのだ。

「率直に言おう」

長持は、背筋を伸ばして言った。

自然と、それに向かう万寿夫の背筋も伸びた。

「はいっ」

「俺は学校を卒業したら、浪人生活の後に海外の大学に入る。そして、軍事を学ぶ」

「あっ?」

「その大学を卒業したら、知識と人脈を駆使して、在野の軍事評論家となる」

力のこもった長持の言葉に、万寿夫は憑かれたようになってうなずいた。

もともと、傭兵になるつもりだった長持である。

その夢を砕いた万寿夫にしてみれば、長持が新たな目標を見つけたことは、喜ばしいことだ。

「なるほど」

「そして俺は、海外の地に骨を埋めるつもりだ」

万寿夫はうなずいた。

長持の力の入った演説振り。

近くのテーブルに座った若い女性の一団が、こちらに物見高い目線を向けている。

「なるほど」

「国に残していく妹を支えるのは、お前以外にはいない。餅田万寿夫」

長持は、あくまで自然な口調で続けた。

「俺の代わりに吉川家を継いで、妹のことを幸せにしてくれ」

時代がかった調子で、懇願された。

万寿夫は、相手の顔を見返している。

時代がかった相手から、強い圧迫。

自分の額に、冷や汗がにじむのがわかった。

「先輩、でも」

「お前ほどの男なら、吉川家を継ぐにも遜色ない」

人の意見をさえぎるように、言葉をかぶせてくる。

なんでこんなことになった、と万寿夫は思った。

自分が悪いのだろうか。

そうだ。

自分が悪いのだ。

常軌を逸した相手を気まぐれに倒したり。

その相手の妹に下心を抱いたり。

そんな自分が、全部悪いのだ。

 

呆然としている万寿夫の後方に向けて、長持は急に笑顔をつくった。

手を振っている。

店内に、誰かが入って来たらしい。

「加奈、ここだ」

言葉にならない、小さな歓声が背後で弾けた。

次いで後ろから、華やいだ気配が近づいてくる。

万寿夫は、強い流れに流されつつある。

この流れを自分の思い通りに持っていくには、どうしたらいいのだろうか。

急な喉の渇きを覚える。

コーラで割ったプロテイン粉の残りを、シェイカーの底からストローで吸う。

ストローの吸い口に、粉がつまって情けない音をたてた。

傍らにやって来た吉川加奈が、自分の肩に優しく手を置くのを感じた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

大豆プロテイン ソイプロテイン チョコレート3kg 送料無料

価格:5,289円
(2016/7/26 18:10時点)
感想(36件)

 

kompirakei.hatenablog.com