読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(21) 眠り薬を盛られる猿姫』

忍びの女、一子(かずこ)とその連れの男。

二人で台所の開いた戸口のへりから顔をのぞかせ、中をのぞきこんでいる。

台所では、城の下女たちが昼食の膳を整えている。

華美なものではないが、客人に振舞うこともあってか、それなりに整った食事である。

「美味しそうやな」

のぞきながら、一子は情けない声を漏らした。

「一子姉、そんなにいじましいことを言うなや」

一子の頭上に顎を乗せるようにして、自分も顔を出して台所内をのぞきながら。

連れの男はたしなめた。

「あんなしょうもない、武家の食事なんか、うらやましがったらあかん」

「そんなこと言うたって、私おなか空いてるの」

「それは仕方ないやろ」

「だから何とかあの膳から盗み食いして、なお猿姫の食べる分に、薬を盛る」

一子は明るい声で言う。

「慶次郎、お前何とかあの台所の衆を言いくるめて、ことを成し遂げてきてんか」

一子は、連れの男の方に身を寄せるようにして、甘い声で言う。

慶次郎(けいじろう)と呼ばれた男は、体を震わせた。

いつの間にか、一子の手が、彼の脇腹を撫でている。

「何をする」

「な、お願い」

「ことを成し遂げるって。何。なんで俺が」

「私が入っていったら、話がややこしくなるやろう」

一子は、人目につく忍び装束。

慶次郎の方は、きちんとした武士の装束を見につけている。

台所に入っていって怪しまれないのは、慶次郎の方だ。

「そういうことやから」

一子は、偉そうな声で言った。

慶次郎は呆れた。

「一子姉がつまみ食う分を盗んで、猿姫さんの膳に薬を盛れと俺に言うんか」

「そんだけわかってるのなら、はよう行け」

一子はけしかける。

「嫌な役目を俺に押し付けて…」

文句を言いながらも、慶次郎は渋々従う様子だ。

一子から、眠り薬の入った小さな瓢箪を受け取った。

「そしたら私、ここからお前を見守ってるから。しくじるな」

中に入らんとする慶次郎を励ますように、一子は明るい声をかける。

渋い顔をして彼女の声にも答えず、慶次郎は台所に踏み込んだ。

 

「御免」

台所の中は、座敷の板の間と、低い位置の土間とに分かれている。

双方に分かれて忙しく立ち働いていた下女たちが、いっせいに慶次郎を見た。

慶次郎は肩幅があり、背も高く、立派な立ち姿の若武者である。

突然現れたその威容に、下女たちは言葉を失った。

慶次郎は、彼女たちの顔を見比べる。

中でも座敷の奥にいる、年かさの女に目をつけた。

おそらく彼女が、現場を取り仕切る立場の、下女頭のはずだ。

「御免、少し話をしてよいかな」

慶次郎は、よく通る声で言う。

下女たちはうなずいた。

慶次郎が目をつけた女も、うなずいている。

「なんでございましょう」

慶次郎の存在に、何ら疑いを持たない声であった。

慶次郎は、軽くうなずく。

「拙者、今晩泊めていただく織田三郎様一行の者である」

慶次郎は、高らかに言った。

女たちは、うなずく。

「織田三郎様は貴人であるため、その御膳を供するには、ことさら注意を要してもらいたい」

「それはもちろん」

下女頭は答えた。

「加えて、である。前もって、拙者に、毒見をさせていただきたい」

「それには及びませぬ。私たちの仕事ぶりを疑われますか」

「そうではござらぬ。ただ、織田三郎様は、万事に抜け目のないお方であってな」

相手方の同情を買おうと、慶次郎は小さくため息をつく。

「何事も確かでないと、ご安心召されぬ。拙者もここで確かに毒見をいたさぬと…」

思わせぶりに、言葉を詰めた。

見守る下女たち。

「どうなるのです」

下女頭が、恐る恐る尋ねた。

「首が危うい」

慶次郎は短く答えた。

息を飲む下女たち。

「それでは仕方ありませぬ」

下女頭は、同情深く、うなずいた。

「お毒見なさいませ」

「うむ。ご助力感謝いたす」

座敷の上に並べられた多くの膳に、慶次郎はにじり寄った。

「どれが我らの膳かな」

「これらです」

下女頭は、慶次郎の近くの膳を指差した。

「織田三郎様、猿姫様、あと何とかというお侍様…お三方でしたね?」

問いかけに、慶次郎はうなずいた。

しかし内心、焦っている。

下女頭は、織田三郎一行の人数とその内訳を把握している。

台所方としては当然のことだ。

自分の素性が疑われてはまずい、と慶次郎は思った。

「何とかというお侍様。蜂須賀阿波守殿でござるな。とすると、拙者の名は漏れたか」

「あらまあ」

下女頭は、驚いて慶次郎の顔を見返した。

「あなた様がその蜂須賀様では」

「違い申す。拙者、滝川慶次郎と申す。拙者一人、一行から遅れて参った故…」

「お名前が漏れましたか。これは失礼しました、急いであなた様のお膳を整えます」

「かたじけない。ところで、これらのどれが主で、どれが他の者の膳であろうか」

「こちらが織田様、猿姫様、蜂須賀様…」

慶次郎は、難なく織田三郎一行の膳の聞き出した。

下女から塗り箸を借り、織田三郎の膳から少量の料理を取った。

毒見、の素振りである。

忍びとして鍛えた慶次郎の舌は、毒気にいちはやく反応する。

料理に、何ら毒気はなかった。

そして、とても美味しく感じる。

一子が言う通り、このところ他所に忍び込む生活が長く、ろくなものを食べていなかったのだ。

思わず、舌先で念入りに料理を味わいそうになる。

我に返り、下女たちの手前、毒見に気をやる表情を取り繕った。

下女たちは、固唾を飲んで見守っている。

それぞれの皿から少しずつ、料理を取っては毒見する。

顔では難しい顔をしながら、内心は一子に託された役目とは別に、味わっている。

全ての料理を毒見し終えた。

「これで、毒の気はないとわかり申した」

見守る下女たちの表情に、安堵の色が浮かんだ。

次いで慶次郎は念のためと断り、阿波守の膳から料理をいくつか摘み取る。

取り出したいくつかの懐紙に分けて包み、懐にしまった。

一子に食べさせてやるのだ。

慶次郎は、下女頭と下女たちに礼を述べた。

退出する際、素早く猿姫の膳に、液状の眠り薬を仕込んだ。

下女たちは、気付かない。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ごろねこ ネコのぬいぐるみ 猫 眠り

価格:1,598円
(2016/7/26 22:07時点)
感想(1件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com