読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(22) 慶次郎を見る、猿姫の疑わしい目』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

客間に帰る途中で猿姫(さるひめ)は、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)と出くわした。

猿姫は城内の探査をいったん打ち切り、昼食を食べてから続きをやろうと思っている。

「三郎殿、首尾よくいったのか」

「ええ。ご心配かたじけない。下総守殿から、諸々の話を聞けました」

満足そうに答える三郎の顔を見て、猿姫は安心した。

三郎は、城主である神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)と会っていたのだ。

昼食時、彼から新たな情報を得られるかもしれない。

「私の方は、さっぱりだったよ」

三郎と比べて、自分の方は成果がない。

それで、猿姫は少し恥ずかしそうに言った。

「もうすぐ、昼餉の頃合だから。昼餉をいただいて、その後で続きをしようと思う」

「昼餉にいたしましょう。ただ、その後の調べは無用でござる」

「なぜ」

「詳しいことは客間で話しますが、ひとつだけ。やはり関家、攻めて来るそうでござる」

声を落として語る三郎。

猿姫の背中に、緊張が走った。

神戸家と対立する、関家が攻めてくる。

先に忍びの女、一子(かずこ)が知らせた話だった。

「では、一子の言っていたことは正しかったのか」

「そのようでござる」

「のんびりと、もてなしの膳を受ける余裕もなくなったな」

「いえ、まだ時間の猶予はござる。昼餉はいただいておきましょう」

三郎の悠長な口ぶりに、猿姫は焦りを覚えた。

戦になるなら、逃げるなり戦うなり。

次の行動のための備えを、しておかなければならないのだ。

しかし、まだ詳しい話を聞いていない。

もしかしたら三郎は、何か自分たちが焦る必要のない理由を握っているのかもしれない。

とりあえず客間で話の続きを聞こう、と猿姫は思った。

三郎と二人で、肩を並べて客間までの道を戻った。

 

猿姫は客間の障子戸を開けた。

しかし中に、見慣れぬ人がいる。

部屋の奥に、若い武士が正座をし、背筋を伸ばして座っている。

傍らに、大小の刀を横たえている。

若いが、どこか風格のあるたたずまいだ。

部屋の外に留まり二の足を踏んでいる猿姫の方に、彼は視線は向けた。

「お入りくだされ」

よく響く、通りのいい声だった。

しかし猿姫は、その声には釣られない。

「そう言うお主は」

冷静に声をかけた。

部屋の外で踏み留まったまま、中の相手を見据えている。

「滝川慶次郎利益と申す」

武士は猿姫の厳しい視線にも顔色を変えず、朗々と名乗った。

滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)。

「貴殿らと同じく、神戸家に客人として招かれております」

じっと見ている猿姫の視線に耐え、慶次郎は冷静な声を返してくる。

猿姫は、首をかしげた。

「おかしいな。他に客人がいるという話は聞いていない」

「急な呼び出しを受けましてな。今夜の戦に拙者が入用だ、とのこと」

猿姫は思わず息を飲んだ。

「今夜の戦」

「左様。関家が攻めてくるそうですな。拙者、伊勢の土豪の者でありますが、今は神戸家に同心しております」

「ふうん」

猿姫は小首をかしげた。

背後では、三郎が固唾を飲んで見守っている。

半信半疑のまま、猿姫は、彼を振り返り目で合図を送った。

二人で部屋の中に入った。

 

慶次郎とは離れた場所に固まって、二人は座り込んだ。

蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、まだ帰ってきていない。

猿姫は、愛用の棒を身近に置き、あぐらをかいて座りながら。

慶次郎に向けて、上目遣いの疑り深い視線を送りつけている。

「慶次郎殿と言ったな」

「左様でござる」

「お主がここにいるというのは、私たちと同じ部屋で夜を越すということか?」

「いえ、そうではござらぬ」

慶次郎はかぶりを振った。

「先に申した通り、拙者、夜間は神戸家の戦に加担します。貴殿らのお休みは妨げませぬ」

「では、なぜここに?」

「同じ客人同士、共に昼餉をいただこうと思って参りました」

「ふうん」

猿姫は、また首をかしげた。

「いけませぬか」

落ち着いた慶次郎。

首をかしげたまま、猿姫は横に座る三郎の顔を見た。

三郎は猿姫の顔を見返した。

「なんでござる」

「どう思う」

「どう思うとは」

「慶次郎殿のことだ」

「本人を目の前にして言うのもおかしゅうござるが。なかなか、いい武者ぶりでござるな」

さしたる緊張感もなく、三郎は慶次郎を褒める。

褒められた慶次郎は、それでも顔色を変えず、猿姫たちを見ていた。

「そういうことではなく、同席を許すかどうかという話だ」

呆れながら、猿姫は言った。

自分たちの居場所に急な闖入者があったというのに、三郎の警戒心の希薄なこと。

生家の織田家に追われる身だということを、忘れているかのようだ。

「あ、そういうことであれば。よいのではござらぬか」

猿姫の言葉を受けて、三郎は朗らかに言った。

「慶次郎殿のお言葉通り、同じ客人同士。この場を借りて、よしみを通じるのはよいことでござる」

三郎は人柄がよいのが取り柄だということは、猿姫も内心認めている。

しかし相手の素性も知れないのだ。

あまり気前のいいことを言っていると、痛い目に遭わされるかもしれない。

危ないと思いながらも、猿姫はそんな三郎の言葉につい、なびいてしまうのだった。

「一行の頭がこう言っている。お主にはいてもらっていい」

猿姫は、疑わしい目で見たまま、慶次郎に申し伝えた。

「ありがたいことでござる」

軽く会釈を返す慶次郎である。

猿姫は慶次郎の挙動に注意を向けたまま。

何とか、相手から不審なものを嗅ぎ出そうとしていた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 

戦国の「いたずら者」前田慶次郎 (傾奇者叢書)

新品価格
¥1,404から
(2016/7/29 20:17時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com