読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多言語学習に適したゲーム。『バイオハザード リベレーションズ』

自分の中の、多言語学習。

先日、こんな記事を書きました。

 

kompirakei.hatenablog.com

 

いろんな国々に旅したり、その国の料理を食べたり。

その国の言葉で書かれた本を読んだり。

その国の人と、話をしたり。

そういうことを夢見るなら、外国語っていうのは、いくら学んでも学び足りないんですね。

ところが、外国語をある程度使えるようになるまで、膨大な時間を要します。

私、これまでいろんな外国語を学んできていますが。

文章を読んだり聞いたり話したりできるのは、英語ぐらいです。

英語に一番時間をかけてきたからですね。

でもそれ以外の言葉は、実際に使える程度まで至っていないのが現状です。

学習に、十分な時間をかけられていません。

時間をかけられないから、挨拶だけ習得する、といった風に自分を納得させることも大事になってきます。

 

目標を低く見積もるのとは別に、「あらゆる手段で学習時間を捻出する」という考えもあります。 

必要とされる膨大な学習時間に、立ち向かう考え方ですね。

学習に時間を費やせば費やすほど、その言語に慣れていきます。

また、その言語が使われた映画ですとか音楽ですとか。

外国語の娯楽作品に触れることでも、それなりの学習効果があるわけですね。

そういう外国語に触れる娯楽作品として、私が重宝している一品があります。

 

バイオハザード リベレーションズ Best Price!

ホラーゲーム、バイオハザードシリーズの一作です。

携帯ゲーム機、ニンテンドー3DSに対応しております。

言語学習をしている人たちに、この作品が知られているかどうかはわかりません。

ですが、このゲーム。

多言語に慣れる意味で、かなり使える作品なのですよ。

 

内容はホラー的世界観の中での、アドベンチャーシューティングなんですね。

地中海の中を漂流する無人の豪華客船の中を探索するんです。

で、大事なところ。

この作品、ゲーム内で使用される言語をですね。

日本語以外に、各ヨーロッパ言語にも設定できるようになっているんです。

なかなか稀有なことです。

家庭用携帯ゲーム機で、それができる作品は、珍しいのですよ。

日本語、英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語。

ゲーム内での音声と字幕とをそれぞれ、各言語に設定できるのです。

音声をイタリア語にして、字幕をフランス語にする、なんてこともできます。

私はこのゲームを何度もクリアしていましてね。

そうするとストーリーはわかっているし、ゲーム内に出てくる文書等の内容もわかる。

そこでゲーム内の言語設定を変えるとですね。

「あ、この言語ではこの内容はこう表現するんだな」と。

そういうことがわかってくるのですね。

 

当作品はゲーム自体が面白いし、若干のホラー表現さえ気にならなければ、お勧めです。

学習らしい学習に飽きたとき、多言語のゲームで息抜き。

気分転換にもなって、なおかつ学習効果も得られます。

もっと、こういう多言語対応のゲームがたくさん発売されれば嬉しいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

バイオハザード リベレーションズ Best Price!

新品価格
¥2,160から
(2016/7/29 21:56時点)