読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(23) 膳を疑う猿姫と慶次郎』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

客間の外から城の下女の声がかかり、昼食の膳が運ばれてきた。

一行の主、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。

彼の武芸の師匠、猿姫(さるひめ)。

表向きは三郎の家臣ながらその実は人質、蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。

伊勢の土豪と称する男、滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)。

この四人分の膳を、四人の下女が運び、猿姫たちの目前に据えていった。

そつなく立ち働き、下女たちは客間を後にする。

その間に下女たちが、慶次郎の方に視線をやって親しげに微笑むのを、猿姫は鋭く見た。

素敵な美男子だ、とでも言うわけだろうか。

それとも、顔見知りなのだろうか。

三郎、猿姫、慶次郎の三人、それぞれが膳を前にしている。

阿波守はその場にいないので、無人の膳がひとつ。

猿姫は注意深く、それぞれの膳の内容を見比べている。

首をかしげたい点があった。

一行の主である三郎の膳だけは、品数が多い。

それはいい。

後の三名の膳は品数が同じだ。

ただ不思議なのは、阿波守の膳だけ、料理の量が少ないのである。

「伊勢は海どころだけあって、結構な御膳でござるな」

神戸城の関係者が同席しているわけでもないのに、三郎は料理を褒めた。

それとも、単純に旨そうな昼食を目の前にして喜んでいるのかもしれない。

さほど豪勢なものではないが、海の幸を使った料理ばかりが膳の上に収まっているのだ。

食べることを考えるなら、猿姫の気持ちも浮かれたかもしれない。

しかし、ここは他家の城だ。

出された食事にも、気は抜けないのだ。

「阿波守殿、遅いですな」

通路につながる障子戸の方に目をやり、三郎は言った。

膳を前にして、焦れている。

阿波守はいまだに帰ってこない。

普段なら猿姫は腹を立てているところだが、今は好都合だと思った。

食事が始まる前に、膳を調べることができる。

「まさか阿波守殿、昼餉もとらずに城内を調べ続けるつもりなのでござろうか」

不安そうな顔の三郎。

昼食までには戻るよう、特に指示を出したわけでもない。

阿波守が食事そっちのけで、城内の探査に没頭するおそれはあった。

もしくは。

この機会に三郎と猿姫とを捨てて、出奔するおそれもあった。

彼も、木曽川の渡し場から無理やり連れてこられた、人質の身だ。

有り得ないことではなかった。

三郎は、猿姫の顔を見て、彼女が考えていることに思い当たったらしい。

「猿姫殿。よもや阿波守殿は出…」

「慶次郎殿の前で余計なことは言わぬ方がいい」

三郎の言葉を封じるように、厳しい声で猿姫はたしなめた。

三郎は言葉の途中で口をつぐんだ。

それから二人は、慶次郎をそっと見た。

「お仲間が戻られないようですな」

慶次郎は二人を見返して、静かに言う。

「大丈夫だ、そのうち戻る」

猿姫は早口に答えた。

阿波守はともかく、今は昼食の膳のことが気になっている。

立ち上がった。

隣に座っている、三郎の膳の前に回り込む。

座った。

膳を挟んで三郎と向かい合っている。

「な、なんでござるか」

猿姫の挙動を、三郎は呆れて見ていた。

「悪いが、お主の膳、少し吟味させてくれ」

前屈みになり、三郎の膳をのぞきこんだ。

彼女を見守る三郎。

その表情が動いた。

「猿姫殿。もし欲しいものがあるのなら、どうぞ」

自分の膳だけ品数が多いことに、気付いたらしい。

猿姫を気遣うように声をかけた。

彼の目前の猿姫は、膳の上の小鉢類を凝視したまま、かぶりを振る。

「そういうつもりじゃない。この膳…」

料理のそれぞれ、一度盛った後に、少しずつ箸で摘み取った跡があった。

「まるで毒見でもしたかのようだ」

「おそらくそうでござろう。神戸下総守殿、拙者の身を気遣ってそのように」

三郎も猿姫に調子を合わせる。

しかし、猿姫は同意しなかった。

「私の膳と、慶次郎殿の膳は、量が減っていなかった」

「拙者の分だけ、毒見したのではござらぬか」

「阿波守の奴のは、ごっそり減っていたんだ」

「なんと」

面妖な、と三郎は続けた。

  

離れた場所で、膳を間に挟んで、三郎と猿姫が向かい合っている。

二人の方をそれとなく盗み見ながら、慶次郎は気が気ではない。

慶次郎は、猿姫の膳に、眠り薬を盛った。

彼の連れ、忍びの一子(かずこ)に頼まれてやったことだった。

しばらく前に慶次郎は、台所で下女たちにうまく取り入った。

三郎の膳の毒見をする口実で、それぞれの膳を割り出した。

それにより、猿姫の膳に近づくことができたのだ。

さらに、口実を設けて蜂須賀阿波守の膳から料理を奪い、空腹の一子に与える。

配膳する下女たちが猿姫たちに自分のことを伝えないよう、先回りして同席する。

ここまでは、慶次郎の考えのうちだった。

しかし、肝心なことが抜けていた。

 武芸者である猿姫が、疑いもせず自分の食事を口にするのかどうか。

目の前に、三郎の膳を執拗と言っていい態度で調べる、猿姫の小さな背中が見える。

顔には出さないが、慶次郎は、針のむしろに座っているかのような心地でいる。

自分の仕組んだことが露見すれば、猿姫との対決は免れないのだ。

傍らに置いた棒を、彼女はどのような動きで繰り出してくるか。

すでに慶次郎は、頭の中でいかに猿姫の棒から逃れるか、自分の身の取り方を計算していた。

親しい女の財布のためとは言え、命までを捨てる覚悟は、まだできていない。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

印伝 長財布 印傳屋 レディース 2310 日本製 長財布 財布 L字ファスナー 送料無料 05P29Jul16 ポイント 5 倍 セール

価格:18,900円
(2016/7/31 00:05時点)
感想(8件)

 

kompirakei.hatenablog.com