読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(078) 時子もアリスも情緒的』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

土曜日の朝。

前夜に一睡もできなかった末、時子(ときこ)は寝床から身を起こした。

横になったまま、一晩中不安な思いにとらわれて、目が冴えてしまったのだ。

 

昨晩、友人の町子(まちこ)からメールを受け取った。

友人の一人、アリスが怒っているという内容だ。

もともと、金曜日に仲間たち全員で集まって遊ぶ予定だった。

ところが成り行きで、アリスに連絡もなく、他のメンバーだけで集まったのである。

そのことを後から知って、のけものにされたアリスが怒ったらしいのだ。

先に金曜日に集まることを提案した時子は、責任を感じている。

責められるべき立場なのは、彼女なのだ。

 

朝食をとり、身支度を済ませた後、時子は出かけた。

公園で、町子と落ち合う約束なのだ。

彼女と会って、アリスにどう釈明するか、相談する。

昨晩のうちに、その旨を町子とメールで確認してあった。

いつもの公園に来た。

すでに、町子が座って待っているのが遠くから見えた。

こちらに体の側面を見せている。

彼女の向こう隣に、背の高いアリスが座っている。

毛皮のコートを身にまとったうえ、両腕で身を抱えるようにしている。

寒さに震えているのだ。

彼女たちの姿を目にして、時子は足がすくんだ。

町子には、怒っているアリスに釈明するため、相談する約束だった。

それなのに、町子はいきなりアリスを連れてきている。

酷い話だ、と時子は思った。

体が震える。

見る限り、二人は言葉を交わすこともなく、お互い前を向いて座っている。

ひたすら時子を待つ構えだ。

そんな彼女たちの前に出て行く勇気は、時子にはなかった。

出直そう、とっさにそう思った。

二人の方に目を向けたまま、じりじりと後ずさる。

そんな彼女の方に、座っているアリスが何気なく顔を向けた。

「あっ時子」

見つかった。

体ごと時子の方に向け、目を丸くして彼女を見つめるアリス。

彼女の手前にいる町子も気付いて、時子の方に体を向けた。

二人は一瞬、無言で時子に視線を浴びせた。

怒っていたというアリス。

時子との事前の打ち合わせを違えて、アリスを連れてきた町子。

この二人が、無言で時子に視線を浴びせる。

時子は、圧力を想像した。

さらに後ずさる。

「時子、こっち」

アリスは叫んだ。

その高い声に、時子は反射的に背中を向けた。

公園の外に向かって、時子は走った。

「時子」

再び、アリスの叫び声。

捕まったら、怒られる。

時子は走った。

公園のベンチから、離れていく。

「時子、待て」

しかし公園から出たというのに、依然としてアリスの声が追ってくる。

時子が走り出して間もなく、アリスもベンチから立って彼女を追い始めたらしい。

後ろから、走って追ってくるのだ。

「時子」

普段走り慣れていない時子である。

追ってくるアリスは、足が長くて歩幅が広い。

追いつかれる。

路上で呼吸が苦しくなり、よろめいたところで、後ろから両肩を抱かれた。

「時子ったら」

頭の後ろで、くぐもった声。

肩を持って、振り向かされた。

正面にアリスが立っている。

走ったせいで、長い髪は乱れに乱れ、毛皮のコートの襟元が大きく裏返っている。

荒い息をしながら、泣いている。

涙でアイラインが崩れて、目の下に濃い色の滴りをつくっている。

時子は、ぎょっとした。

「なんで逃げるのよ」

乱れた姿でアリスは時子の肩をとらえたまま、涙声をあげる。

責める口調ではなかった。

ただ、悲しい声だ。

時子を見つめる目にも、涙と悲しみが満ちている。

時子は、こんな取り乱した様子のアリスをこれまで見たことがない。

焦り、アリスの目から逃れようと、自分の視線をさまよわせた。

何か言わなければならない。

「怒られると思ったの」

震える声で、やっと弁明した。

おそるおそる、アリスの目をうかがう。

目が合った瞬間、アリスは時子の体を引き寄せて、自分の胸に抱きしめた。

「怒らないのに、逃げることないのに」

自分の頬を時子の額に押し付けるようにしながら、涙声で言った。

時子はされるがままになりながら、驚きで目を見開いている。

 

朝の路上で、二人はしばらくそうしていた。

時子は、アリスに抱かれながら。

アリスはアリスで何かあったのかもしれない、と思い始めている。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

不安をなくす技術 Forest2545新書

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com