読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちいさな王子』サン=テグジュペリ

本格的にフランス文学に親しむ前に。

有名な作品を読んでみようと思ったのです。

 

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

サン=テグジュペリの『ちいさな王子』。

翻訳は野崎歓氏の手によるものです。

原著は日本でも度々翻訳され、従来『星の王子さま』の邦題で著名でした。

この訳本では、野崎氏の信念で、より原題に近い『ちいさな王子』としたそうです。

 

不時着した飛行士である主人公が、砂漠の真ん中でちいさな王子と出会いました。

飛行機を修理する間、王子が体験してきた旅について、対話を重ねる二人です。

王子が出会った、自分の視点にとらわれて、真実が見えなくなっている大人たち。

彼らを残念に思い、自らの思いを主人公に語る王子。

主人公は友人として王子を愛しますが、別れがやってきます。

 

ユーモラスで、示唆に富んだ寓話が続くので、夢中で読めるのですね。

しかし読んでいる最中に、私は切ない気持ちになってきました。

大人たちと違い、物事の真実のあり方を感じ取れる王子なのです。

そんな彼も、幸せな旅をしているわけではありません。

聡明であるはずの彼が、誤解をしたまま別れてしまった、大事な人。

王子はずっと、そんな人がいる、帰りたい故郷のことを思いながら旅している。

旅の話を語る最中、そんな寂しさを、王子は漂わせているのですね。

そして故郷に帰る旅の前には、新たな別れもあります。

主人公と王子。

二人が別れに向かう流れは、読者の心を強い悲しみでいっぱいにしてくれます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

新品価格
¥596から
(2016/8/3 23:10時点)