読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(080) 乱れた化粧と時子』

何か、アリスはつらい目に遭って弱っていたらしい。

声をあげてさんざん泣いた後、今は落ち着いている。

彼女の横顔を、時子(ときこ)は見ていた。

目の下に流れたアイラインを無造作に拭いたせいで、目の周りと頬は無惨に汚れている。

見ていて気の毒になる。

人目に晒す前にまず顔を洗わせた方がいいかも、と時子は思った。

樹木の少ない公園の中を冷たい風が吹いていて、ベンチに座っていると寒い。

アリスは顔を上げた。

「じゃ、行こうか」

前を向いて、時子が予想したよりもしっかりした声で、彼女は言った。

「どこに行くの?」

町子(まちこ)が尋ねた。

「例の喫茶店」

アリスは落ち着いて答えた。

「何しに行くの?」

時子も尋ねた。

「お茶しに行くの。ここ寒いにゃ」

アリスは時子の顔を見て、真面目に答えた。

乱れた化粧で無惨な顔のまま、何気ない顔で時子を見ている。

時子はおかしくて、吹き出しそうになった。

時子は慌てて自分の口元を袖口で覆い隠した。

遅かった。

「おい、なんで笑う」

アリスに気取られ、憤慨された。

「ごめんなさい」

謝ったが、今度は同じ乱れた顔のまま怒っているアリスを目にした。

袖口で押し殺しながら、また笑ってしまった。

「時子、何がおかしい」

アリスは前のめりになり、隣に座る時子の両肩をつかんで揺さぶった。

時子はがくがくと前後に揺れて、苦しくなった。

「顔、お化粧乱れてめちゃめちゃだから」

激しく揺さぶられながら、時子はなおも笑いを殺して、苦しい息の下で答えた。

「笑うほどのことか」

アリスは怒っている。

泣いたり怒ったり、今日の彼女は忙しい。

どちらも時子が原因だったが。

「笑うほどじゃないけど、喫茶店に行く前にその顔は直していった方がいいよ」

アリスの向こう側にいる町子が、苦笑いしながら声をかけた。

「笑う人なら笑うぐらいの乱れ具合だよ」

背中に町子の声を受けて、アリスは彼女の方を振り返った。

町子も笑った。

「笑うな」

「ごめん」

アリスは勢いよくベンチから立ち上がった。

「お前たちは笑い上戸か」

ぷりぷり怒っている。

「お酒は入ってないよ」

町子は答えながら、アリスに習って自分も立った。

アリスの顔を見ないようにして、時子も彼女たちに習う。

「もう少し座ってていい。私、トイレで化粧を直してくるにゃ」

アリスはそう言い捨てて、ベンチの上に置いていた自分のバッグをひったくるように取った。

腕を振って、大股で公衆トイレのある方向に進んでいった。

背中が怒っている。

時子と町子は、その彼女の背中を見送った。

「泣いたり怒ったり、忙しいね」

町子がつぶやいている。

時子はうなずいた。

アリスのように喜怒哀楽の激しい人生を送っていれば、ブログに書くネタにも困らないで済むかもしれない。

自分も怒ったり笑ったり、もっと感情表現にメリハリをつけてみようか。

時子はそう思った。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

《コーセー》 コンビニック セレクティ オーガニクス 化粧直しシート 20枚入

価格:280円
(2016/8/17 23:43時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com