読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(28) 猿姫を置いて食事する、三郎と阿波守』

室内が清められた後、客間の一端に寝具が敷かれた。

眠っている猿姫(さるひめ)のためのものだ。

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、城の下女たちと協力して彼女を寝具にまで運んだ。

眠りながら、危険な得物を手にしたままの猿姫だ。

先に蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)が痛手を負っている。

眠りを妨げれば、一撃が飛び出すのだ。

数人の手で、時間をかけて慎重に猿姫を寝具の上に寝かせた。

蜂須賀阿波守は、手を貸さずに座ったまま様子を眺めている。

猿姫にいたずらを仕掛けた結果、痛い目に遭っている。

もう近づきたくないのかもしれなかった。

下女たちのはからいで猿姫の手前に屏風を立てて、人目から彼女の姿は遮られた。

昨夜泊まった白子の宿でも、三郎、猿姫、阿波守で同じ部屋に寝泊りしている。

だが、猿姫を男二人とを隔てるものはなかった。

三郎は猿姫と野外での潜伏生活が長かったので、気遣いを忘れていた。

本来なら、男と同宿する彼女のために、屏風なり衝立なりを用意するべきだったのだ。

今さらながら、三郎は己のいたらなさを知り、苦い思いを味わっていた。

 

下女たちが出ていった後、三郎は阿波守の近くに腰を下ろした。

「猿姫ごときを粋な屏風で守ったりして、何かの冗談のようだ」

阿波守は屏風を指差して、笑っている。

金の地に、伊勢の海から見た港の風景を描いた屏風だ。

「猿姫殿は、女子でござる。これぐらいのことはしなければ…」

三郎はむきになって言い返した。

「そうかそうか」

阿波守はまともに相手にしない。

この人に言っても仕方がない、と三郎もあきらめている。

阿波守は猿姫とは折り合いが悪いのだ。

 

新たに二人分の膳が運ばれてきた。

台所係の下女たちは、薬を盛られた件があってか、恐縮していた。

三郎は、彼女たちに気を遣わせないよう、気安く応対する。

彼女たちが去った後、三郎と阿波守だけで昼食を始めた。

三郎はお守りの大事な箸を使わず、別の箸で食事する。

箸で料理を口に運びながら、忍びの男と同席した際のことを思い出していた。

部屋に入った際に、忍びは立派な武士の風体で座っていた。

猿姫は彼のことを怪しみ、配膳された食事にも気を配ったが、眠り薬の即効性にやられてしまった。

「下女の方々、恐縮しておられましたな」

料理を箸で口に運びながら、三郎は阿波守に何気なく話しかけた。

阿波守はうなずいている。

台所では、忍びの男の侵入を許してしまったらしい。

「客の食事に台所で薬が盛られたのだから、当然だろう。あの女たちの不手際だ」

「それはそうかもしれませぬが…」

忍びは人心掌握に長けているらしい、と三郎は聞いたことがある。

調理と配膳で手一杯のところに、何気なく忍びがやってきたとしたら。

普通の人間なら、隙をつかれても無理はないのではないか。

たまたま忍びに目をつけられ利用されたせいで、自分たちの立場も危うくなってしまった。

彼女たちも不運だ。

「赤の他人の心配などしていると、自分のことがおろそかになるぞ」

唐突に阿波守に言われて、三郎は顔をしかめた。

「拙者のことは心配いりませぬ。頼もしい、猿姫殿が一緒でござる故…」

「その頼りの猿姫が、うかうかと薬をかがされて寝ているではないか」

「相手が忍びでは仕方ござらぬ」

「では忍びには勝てんのだな。今度は忍びに毒を盛られたら、どうする?」

食事を咀嚼しながら、意地悪い目で三郎の顔を覗き込んで言う。

三郎は答えに困った。

「それは…」

今回は、たまたま盛られたのが眠り薬だった。

相手に猿姫を殺す意図があったとしたら、どうなっていたかわからない。

そう思うと、言い様のない不安に襲われて、三郎は身を震わせた。

「縁起でもない…」

「事実だろう」

阿波守は、そっけなく言った。

「だいたいだ。俺だって、あの女にさんざん痛い目に遭わされているのだ。機会があれば、隙を見て毒の一杯や二杯だな…」

三郎は手が震えて、箸先から、芋の煮付けを膳の上に取り落とした。

「阿波守殿…」

三郎の顔は青くなっている。

阿波守を、引きつった表情で見た。

「先ほど、猿姫殿の頬っぺたをさんざんつねられたでしょう。あれで何とか我慢を…」

切実な声色になる。

彼の青い顔を見て、阿波守は苦笑した。

「何、毒の話は冗談だ、本気にするな」

「悪い冗談でござる」

三郎は息をついた。

「お主らが今後どうなるか、俺は見届けるのだ。自分で手を下すつもりはない」

意味深なことを言って、阿波守は食事を続ける。

三郎は彼の真意が読み取れず、曖昧に首をかしげた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)

新品価格
¥1,296から
(2016/8/20 22:54時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com