『瞬殺猿姫(30) 猿姫に路銀を取られたままの一子』

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)と蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、神戸城の本丸御殿にいる。

三郎、阿波守の順に前後に並んで通路を歩いている。

緊張した面持ちで足早に歩く三郎に比べ、後ろからついていく阿波守は気楽な表情をしている。

神戸城の城主、神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)と、三郎は三度目の謁見を終えたばかりだった。

今夜行われる神戸家と関家との戦を見物させてもらうよう、申し入れてきた。

「本当によかったのか?」

歩きながら阿波守は、背筋を伸ばして歩く三郎の背に声をかけた。

「血生臭いものを見ることになるかもしらんぞ?」

気遣う調子ではなかった。

戦慣れしていない三郎を、からかっているのだ。

「我らに関係のない戦なのだ。朝までおとなしく城内にこもっておればよいではないか」

「しかし、せっかくの機会でござる」

三郎は前を向いて歩きながら、答えた。

「下総守殿によれば、今宵の戦は儀礼的なものであるとのことでござる」

「そんな戦があるか」

阿波守は馬鹿にしきった声でなじる。

「しかし下総守殿はそうおっしゃいました」

「馬鹿馬鹿しい、何のためにそんな真似事の戦をするのだ連中は」

「係累にあたる関家と、必要以上に殺し合わないため。そう聞きました」

「だったら最初から戦そのものを止めればいいではないか」

後ろから矢継ぎ早に遠慮のない声をぶつけられて、三郎は困ってしまう。

三郎だって、阿波守と同じように思っているのだ。

「関家と神戸家、お互いの独立を守るため、戦そのものは必要なのではござらぬか」

「なんでだ」

「詳しいことはわかりませぬが…」

阿波守は自分を困らせて喜んでいるのではないか、という疑いが胸に湧き始めた。

 

通路の途中で、向こうからやってくる猿姫の姿を目の当たりにした。

いつものように愛用の棒を手にして、足早に来る猿姫。

「猿姫殿」

起きて無事に動いている彼女を見て、三郎は安堵の余り声を高めた。

猿姫は無表情のまま軽くうなずいて、三郎の脇に立った。

三郎と阿波守も足を止める。

「心配をかけたな」

猿姫はしっかりした声で言った。

「猿姫殿のご無事を、信じておりました」

ずいぶん心配した、と言いたいところをこらえて三郎は答えた。

猿姫はうなずき、一瞬三郎の後ろにいる阿波守の顔に視線を走らせる。

にやにやと笑っている阿波守の髭面を見て眉をひそめ、すぐさま三郎に視線を戻した。

「ところで、二人してどこに行っていた?」

「実は…」

「おい、通路の中ほどで話もないだろう。客間に戻ろう」

後ろから馴れ馴れしく三郎の肩に手をかけ、阿波守は言った。

猿姫の表情が険しくなり、阿波守をにらみつける。

三郎は慌てた。

「阿波守殿のおっしゃるとおりです、行きましょう」

猿姫をうながした。

猿姫は阿波守の顔に一瞥くれて、三郎と共に元来た方角に歩き始めた。

三人で客間に戻った。

 

忍びの女、一子(かずこ)は神戸城の西、東海道沿いの亀山の宿場町に来ている。

同じく忍びの男、滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)を伴っていた。

二人して忍び装束ではなく、旅人の装いであった。

旅をする武家の女と、その家臣の男。

そうした風情を装って、二人でいる。

夕暮れ時の亀山宿である。

亀山は、関家の本拠である亀山城の城下町でもあった。

宿場の往来は、旅人と地元の商人で賑わっている。

「関家と六角方が兵を動かす時間になるまで、この辺りの宿に潜んでいよう」

傍らの一子に、ささやくようにして慶次郎は言った。

一子は顔を背けた。

「一子姉」

「うるさい」

一子は、いまだに機嫌を損ねている。

猿姫に奪われた財布を取り返すように慶次郎に依頼したが、慶次郎は果たせなかったのだ。

「今夜から、私とお前は別行動をする」

一子は、冷たい口調で言い渡した。

「それは仕方ない」

慶次郎は、肩をすくめた。

いつものことだ。

必要なときだけ、二人で行動を共にする。

「でも、一子姉、ええんか」

「何が」

一子は、慶次郎の方をうっとうしそうに見た。

「財布取られて、一銭も持ってへんのやろ。俺がついてなくて、大丈夫か?」

「うるさい、忍びに路銀はいらん」

一子は威勢よく言い返した。

「ちょっと、大きい声を出しなって」

慶次郎は不安そうに、周囲を見回した。

「もし人に聞かれたらどうする」

幸い、周囲を行き交う人たちは忙しく、一子たちの言動には無関心だった。

「誰も聞いてへん。びくびくするな」

一子は慶次郎の態度にいらつきを見せながら、歩き始めた。

「私はこっちへ行く。お前はあっちへ行け」

そう言い捨てて、あとは大股に、しかしどこか危なっかしい足取りで一子は進んでいった。

取り残されて、慶次郎は立ちすくんだ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

【送料無料】伊勢 亀山みそ焼きうどん16食

価格:5,298円
(2016/8/29 23:27時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com