読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。イトメンのチャンポンめん

こいつを安く手に入れましたぜ。

f:id:kompirakei:20160905173547j:plain

イトメンのチャンポンめん」であります。

イトメンは、兵庫県たつの市のローカル即席麺メーカーなのですよ。

 

皆様、たつの市には行ったことがありますか?

たつの市にはいろいろ、有名なものがあるのですよ。

有名ブランド「揖保乃糸(いぼのいと)」に代表される素麺。

伝統的な醤油づくり。

関西に普及する淡口醤油の製造元、ヒガシマル醤油たつの市発祥なんですね。

あと、たつの市は詩人の三木露風の出身地でもあるのです。

三木露風は、童謡の「赤とんぼ」の作詞をした人ですぞ。

自然豊かで、市内を揖保川が通っているので水が豊富。

美味しい素麺、そして醤油ができる環境が、たつの市には揃っていたのですね。

三木露風作詞の歌の風景のように、川沿いには赤とんぼもいるのでしょうね。

風光明媚な、いい土地ですなあ…。

なお、龍野城というお城の城下町でもあります。

室町幕府の一翼を担った有力武家、赤松(あかまつ)氏。

龍野城は、その赤松氏の重臣であった赤松政秀(あかまつまさひで)のお城だったのですね。

 

たつの市が好きなので、ついつい前置きが長くなってしまいました。

今回はそんなたつの市にある即席麺メーカー、イトメンのチャンポンめんをいただきます。

f:id:kompirakei:20160905175729j:plain

顔が切れてしまってますが、パッケージ左上に赤トンボを模した?イメージキャラクターがいます。

この商品、「無塩製麺」がウリのひとつらしいですぞ。

f:id:kompirakei:20160905180129j:plain

きめ細かく、波打つ形の麺ですな。

f:id:kompirakei:20160905180443j:plain

麺の他に、チャンポンスープとかやくがついております。

このかやくは、エビとシイタケを乾燥させたものですね。

エビたっぷり。

 

さて、つくり方ですね。

鍋に500ミリリットルのお湯を沸騰させて、麺とかやくを投入します。

3分間煮まして、火を止める寸前にチャンポンスープを入れてかき混ぜます。

f:id:kompirakei:20160905180732j:plain

出来上がりであります。

鍋で煮込んでいるときから、エビのいい香りが漂っていました。

あっさりして、エビとシイタケのダシが効いたスープですね。

麺には思ったよりコシがあります。

柔らかくなったエビの食感もいいです。

 

韓国のチャンポン系即席麺の方が食べ慣れていますが、時にはこうしたあっさり味のチャンポンもいいですね。

自然豊かな、たつのの風景に思いを馳せながらの一杯…。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

イトメン チャンポンめん(5食入)

価格:380円
(2016/9/5 18:55時点)
感想(28件)

 

kompirakei.hatenablog.com