読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(31) 猿姫から離れ、一子は亀山宿』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

一子(かずこ)は、物置部屋の中に積まれた、布団の間に挟まっている。

亀山の宿場町である。

旅人向けの宿が、いくらもある。

一子はそのうちの目をつけた宿のひとつに潜り込んだ。

猿姫(さるひめ)に財布を取られたままなので、一銭も持っていないのだ。

宿に金を払うこともできない。

だが金を払わず、宿の物置部屋に忍びこんで夜を過ごすのは、一子の常だった。

金があろうがなかろうが、変わらない。

夜になるまで、布団部屋に潜んで、休むつもりだ。

温かい布団の間に挟まって、一子は眠気を催し始めた。

うとうと。

少しぐらい、眠ってもいいかもしれない。

時間になれば、亀山城から、神戸城攻めの軍勢が出る。

嫌でも町はざわつくはずだ。

一子の敏感な神経があれば、その騒ぎで自然に目は覚める。

一子は気を緩め、布団の中に体を溶け込ませた。

 

物置小屋の戸が開く音で、一子は目を開いた。

何者かの気配が、物置小屋の中に忍び込んでくる。

今朝と同じだ。

今朝は、猿姫が忍び込んできた。

気付かれていなかったのに、その彼女に手を出したために、痛い目に遭った。

一子は意識を覚ましながら、様子を見よう、と思った。

積まれた布団の前に立っているのは、男だ。

一子と同じく、頭巾と忍び装束を身にまとっている。

慶次郎か?

と一瞬、一子は思った。

滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)は忍びの男で、一子の連れだ。

今は彼女とは別行動を取っている。

こちらの居場所を知らせていないから、来るはずがない。

それに、目の前の男の背中は、慶次郎のそれよりも小ぶりだった。

背丈も低い。

小柄な男だ。

敵方の忍びかもしれない。

しかし、男のたたずまいに、一子は見覚えがあった。

背中の形もそうだ。

喜びで、一子の頭は急に冴えてきた。

 

男は、背後の一子に気付いていない。

しばらく立って部屋の外の気配をうかがっていた。

安心したらしく、積まれた布団の前に、座り込んだ。

背はこちらに向けたままだ。

その首に、一子の腕が十分届く。

一子は、音もたてずに布団から上体を露わにする。

目の前の男の首に、両腕を巻きつける。

「ぐっ」

後ろから抱きつかれ、男は喉から声を漏らした。

両手で一子の腕をつかみ、もがいている。

「御館様、私です、一子です」

もがく相手を静めようと後ろから抱きしめながら、一子は相手の耳元にささやいた。

男の動きが止まった。

「…お主か」

「はい。御館様、ご息災で」

「そんなことはいい。一子、腕を解け」

男に言われるまま、一子は相手の背中から離れ、布団の中に戻った。

御館様と呼ばれた男は、頭巾から厳しい目をのぞかせて、背後を振り返る。

彼は一子にとっての、御館、主であった。

南近江を支配する大大名。

六角左京大夫義賢(ろっかくさきょうだゆうよしかた)である。

その名声は、畿内一円に聞こえている。

忍び装束を着て、宿場の物置小屋に忍び込むなど、そぐわない人物であった。

 

主を前にして、一子は積み重なった布団の隙間から、両目だけをのぞかせて見返している。

六角左京大夫は、そんな一子の醜態に、眉間に皺を寄せて向き合っている。

「お主は、こんなところに潜んで何をしている」

「戦を前にして、休息を取っております」

「お主を見ていると、どうも休息が多すぎるように思うぞ」

「御館様こそ、忍びの格好で何を?近江を空けられて、よろしいのですか」

「どうも胸騒ぎがしてな」

一子の問いかけに、左京大夫は低い声で答えた。

「胸騒ぎですか」

「神戸城、すんなり攻め落とせる気がせん」

神戸城を見てきたばかりの一子は、笑い声をたてる。

「小ぶりな、平城でございます。神戸下総守が動かせる兵の数も、たかが知れておりますわ」

歌うように、一子は言った。

「関家の兵だけでも、十分でございましょう」

「お主は気楽でいいのう」

左京大夫は相手にしない。

「そんな…」

「私も本物の忍びになって、お主のように気楽に暮らしてみたいものよ」

「これで私もいろいろ心配ごとがございます」

憤慨した一子は抗議する。

だが、布団の中に隠れたままでは説得力がなかった。

左京大夫は鼻で笑う。

「よいよい。お主はここで休んでおれ。私は関勢の様子を見てこよう」

立ち上がりかけた。

一子は、慌てて手を伸ばし、主の手首を取った。

「御館様、お待ちを」

左京大夫、一子の方を振り返る。

二人の目が合った。

「時間はありますわ。そんなに慌てなくても、ようございましょう」

一子の声には、享楽的な響きが含まれている。

「ここで、しばらくゆっくりなさっては?」

左京大夫は、わずかに目元を緩めた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

近江六角氏 (中世西国武士の研究3)

新品価格
¥7,020から
(2016/9/13 22:36時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com