読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『原因を求めて。ヌニノコ祭』

街中に、えらく外国人が多い。

「何?何が起こったの?」

街中を歩きながらミコは、混乱している。

繁華街から住宅地にいたるまで、そこかしこに外国人の姿。

アジア系、欧米系、アラブ系、と多種多様な外見の人たちであふれている。

中には歩きながらスーツバッグを引いていたり、大きなバックパックを背負う人の姿も。

旅行者たちなのだ。

「なんで?こんな街に何の用?ここ、何かあるの?」

混乱が収まらず、ミコは一人で歩きながら、独り言を言った。

アジア系観光客の集団が、道の端に集まって、立ったまま焼き鳥を食べている。

「ヤキトリ」

集団の中の一人が通りがかったミコの方を見ながら、自分のヤキトリを示して言った。

「オーイエス、ヤキトリ」

とミコは如才なく返す。

しかし腹の中では、疑念が渦巻いているのだ。

 

ミコは自宅に帰るまでの途上で、大勢の外国人観光客を見た。

降って湧いたような話だった。

わけがわからない。

何の変哲もない、面白みに欠ける、地方都市なのだ。

市が観光で売り出したという話も聞かない。

観光になるような場所など、ないのだ。

古いお寺、神社、後は郊外にいくつか食品会社の工場がある。

工場見学をまで観光に含めるならば、だ。

「ただいま」

「おかえりなさい」

仕事から帰ってきた母親を迎えに、ミコは玄関に駆けつけた。

「お母さん、見た?街の中、外国の人だらけよ」

「そんな些細なことより、このチラシ見て」

母親は息を弾ませて言った。

母親は片手にビジネス鞄、片手に妙なチラシを持っている。

「何そのチラシ」

「読んでみてよ」

母親からチラシを受け取った。

ひと目見て、これはいったい何なのだ、とミコは思った。

チラシの表面には、大きく奇妙な動物のイラストが描かれている。

派手な色彩で、何か酒に酩酊して描いたような絵だ。

その動物は哺乳類のような爬虫類のような曖昧な顔をしている。

足が八本もあった。

その動物の頭上に、「ヌニノコ祭」とふにゃふにゃの字体でレタリングがしてある。

「ヌニノコ祭って何?」

ミコは表情を険しくして、チラシを裏返した。

チラシの裏には「ヌニノコ祭」なる催しの開催日時と場所、協賛企業の名前が記載されている。

市の観光協会の名前もあった。

「お母さん、どういうこと?これ」

「私が聞きたいわ」

母親は、混乱した様子で答えた。

チラシには、開催日時と場所をのぞき「ヌニノコ祭」についての具体的な情報は一切載っていないのだ。

開催日時は、今日から明後日までの、三日間である。

場所は、市の郊外にある神社の名前が記載されていた。

「お母さん、ヌニノコって何?」

「私も初めて聞いたわ。これがツチノコなら、小耳に挟んだこともあるのだけれど」

母親も混乱して言い返すばかりだ。

こんなチラシはおかしい、とミコは思った。

だが、一方で思い当たることもあったのだ。

急に街中に、外国人観光客があふれた理由である。

この、「ヌニノコ祭」がその原因に違いないのだ。

 

チラシを手にしたまま、ミコは母親の脇をすり抜け、玄関先に降りた。

足先に自分のスニーカーを引っ掛ける。

「ちょっと、どこ行くのミコ。晩ご飯の準備を手伝ってよ」

「駄目、今はヌニノコの方が大事」

母親に言い返し、ミコは家を出た。

走った。

住宅地内の私道を歩く、欧米人の若い男女を目ざとく見つけた。

二人して、スーツケースを引いている。

ミコは、彼らの前に立ちふさがった。

「ちょっと、あなたたち」

カップルらしい、その男女の顔を、ミコは交互ににらみつける。

「はい?」

二人はミコに道を阻まれ、目を白黒させている。

だが、女性の方は日本語が話せるようだ。

「あなた、何怒ってる?」

不慣れな口調で、恐る恐るミコに尋ねた。

「怒ってないけど、教えてよ」

ミコは、二人の目の前に件のチラシを突きつけた。

「これを見にきたんでしょ、違う?」

ミコの勢いに、二人は気圧されている。

「ノン…」

とチラシをのぞきこみながら、男性はかぶりを振った。

「違いますよ、私たち」

女性が、ミコに弁解する。

「ヌニノコ祭目当てじゃないの?」

ミコは疑わしい目を二人に向けた。

「違いますよ。私たち、丸髷寿司食べにきた」

女性はたどたどしくも、一生懸命に弁解する。

「丸髷寿司?何言ってるの?」

「マルマゲズシ、ウィ、セテシデリシュ」

男性も女性に同意した。

「美味しいお寿司、世界で有名です。美味しかったです」

女性は噛んで含めるように、ミコに言って聞かせる。

ミコは首をかしげた。

この街に、丸髷寿司なる寿司屋があるらしい。

ミコは知らなかった。

「外国の人たち、みんなそのお寿司を食べに来てるの?」

「ウィ」

カップルは同時にうなずいた。

納得がいかないままミコもうなずいて、二人から離れた。

家に戻った。

 

「ヌニノコ祭」とは、いったい何なのだろう。

開催場所は、わかっている。

行けば、全てが明らかになるかもしれない。

しかし、ミコには得体の知れない「ヌニノコ祭」を目の当たりにする勇気はなかった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

すし図鑑

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com