読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『拾い食いする男の子』

学校帰りの茂介(もすけ)は、視線を落とした。

路上に、ショートケーキが落ちている。

型崩れしているが、上の方に乗ったクリームは汚れてもおらず、無事である。

大きな赤いイチゴも乗っている。

美味しそうだ。

茂介は、周囲を見回した。

現場は、昼下がりの住宅地である。

茂介以外には誰もいなかった。

茂介は意を決した。

ショートケーキのもとに、屈みこんだ。

手先で、ケーキの上部をつかみ取った。

手の中の、クリームまみれの塊を、口に運ぶ。

ケーキなど食べたことのない茂介は嬉しくて、ケーキもイチゴも一緒くたに、貪った。

甘くて生地はふわふわ、クリームはとろとろで、美味しい。

「いーややこやや、先生に言うたろ」

突然のことだった。

路上に屈みこんでケーキを楽しんでいた茂介は、驚いて背筋を伸ばした。

彼の背中に、大きな歌声が浴びせかけられたのだ。

「いーややこやや、先生に言うたろ」

茂介は手の中のケーキの残りを口に押し込み、振り返った。

後ろに、女の子が立っている。

ランドセルを背負っていて、茂介と年は同じぐらいだ。

丸顔に、小さな目と鼻と口が、ぽつぽつとついている。

茂介が初めて見る顔だった。

「何がやねん」

隠し事を見られたばつの悪さをごまかすために、怒鳴ろうと思う。

だが、口の中がケーキで一杯で、くぐもった声しか出せない。

女の子は無表情に、茂介を見ている。

「落ちてるお菓子食べたらあかんねんで」

女の子は落ち着いた声で言った。

見られていたのだ。

「食べてへんわ」

茂介は顔を背け、くぐもった声で言った。

ばつが悪い。

見知らぬ女の子に背を向けて、足早にその場を去った。

 

茂介は、路上に饅頭が落ちているのを見つけた。

別の日の学校帰り、同じ住宅街。

茂介は、饅頭に目がないのだ。

饅頭のそばに屈みこんだ。

饅頭をつかみあげた。

裏返して見ると、底の部分に小石と砂がついている。

茂介は、その底を自分の服の袖で拭った。

小石も砂もおおかた取れたので、饅頭を口に運ぶ。

前歯を立てた。

皮は柔らかくて、中に甘いこしあんが詰まっていて、とても美味しい。

「いーややこやや、先生に言うたろ」

茂介は驚いて、口の中の饅頭を吐き出してしまった。

振り返ると、後ろにあの見知らぬ女の子がいる。

丸顔に、小さな目鼻。

無表情を保っている。

「またお前か」

女の子はじっと見返す。

「俺のことは、ほっといてくれ」

「落ちてるお菓子食べたら、死ぬで」

「死ねへんわ、あほ」

「そのうち死ぬで」

無表情にこちらを見ながら、落ち着いた声で伝えてくる。

茂介は、気味が悪くなった。

女の子に背を向けて、自宅に走った。

 

路上に板チョコレートが落ちている。

銀紙に包まれたままなので、中身は汚れていないようだ。

しめた、と茂介は思った。

学校帰りで、例の住宅地にいる。

屈んで板チョコレートを手に取ろう、と茂介は思った。

背中に、強い視線を感じる。

恐る恐る振り返った。

彼の後方に、例の女の子が立っている。

丸顔に、小さな目鼻立ち。

その小さな両目から、赤いものを流しながら、茂介を見ている。

血の涙だ。

ひっ、と茂介は声をあげた。

女の子の血で濡れた視線が、茂介に留まっている。

板チョコレートのことは一瞬で忘れ、茂介はその場から走って逃げた。

 

一週間ばかり経った頃である。

例の住宅地で、散歩中の近所の飼い犬が、落ちていた板チョコレートを食べた。

かわいそうに、その後しばらく苦しんだ末、犬は死んだ。

毒物が入っていたらしい。

両親がそう話しているのを聞いて、茂介は背筋が寒くなった。

茂介が食べ損ねた、あの板チョコレートなのだ。

もし例の女の子に止められなかったら、茂介が毒殺されていたところだった。

恐ろしくて、茂介は全身に悪寒を覚えた。

翌日から三日間寝込んで、学校を休んだ。

茂介の拾い食いの癖は止まった。

 

その後、茂介は街を探検して遊んでいる。

昔ながらの街道沿いに、小さな祠を見つけた。

祠の中には、お地蔵さんがいる。

丸顔で、小さな目鼻立ち。

無表情である。

茂介は両手を合わせて拝み、持っていた板チョコレートをお供えしておいた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【あす楽対応】洋菓子/ロールケーキ/チョコレートケーキColis a poisプチロール(赤、黒)2箱セット

価格:3,240円
(2016/9/14 20:53時点)
感想(14件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com