読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(082) お酒の好きなアリス』

件の喫茶店の奥、いつものテーブル席。

時子(ときこ)と町子(まちこ)は、一人酒を飲むアリスに、素面で付き合っている。

時子に飲酒の習慣はない。

昼間から、バーボンをストレートにして、グラスから美味しそうに舐め取っているアリス。

彼女のことを、テーブルの向こうから見守っている。

アリスの隣にいる町子も、呆れた顔でアリスを見守っている。

アリスはグラスから視線を上げて、二人の顔を見比べた。

「おい、お前たちも飲みなさい」

圧迫的な声で言う。

時子は激しくかぶりを振った。

「私、駄目。言ったでしょ。飲めないの」

「そうね、時子は飲みそうにない顔をしていると思ってた」

アリスはうなずいて、あっさり退いた。

時子にしてみれば、拍子抜けだった。

確かに、彼女は酒を飲めない。

だが本心を言えば、興味を持ち始めていた。

アリスがあまりに美味しそうに飲んでいるからだ。

もし強引に勧められでもすれば、その勢いに屈して酒を口にしてみようか…と思う。

「無理強いするほど、私は悪人ではないにゃ」

アリスは済まして言った。

グラスの中の赤い液体を覗き込み、さらにひと口。

ぺろり、と音をたてんばかりの飲み様である。

美味しそうだ、と見ていて時子は思った。

「私、むしろ善人だにゃ」

液体を飲み下して、アリスは続けた。

酔いがまわってきたらしく、白い顔の中で頬が赤く染まり始めている。

町子が呆れて彼女の横顔を見ている。

アリスは、グラスを空けた。

ゆっくりとした動作で頭を持ち上げ、遠くのカウンターの方に目をやった。

例の女性従業員を呼ぶつもりだ。

「お姉さん、同じのをもう一杯くださいにゃ」

はい、と時子の背後で応じる声。

あんまり飲まない方がいいのに、という顔で町子はアリスを見ている。

だが時子は、アリスがどこまで飲みきるか、見届けたい気持ちになっている。

従業員が運んできた二杯目のバーボンを、アリスは懲りずに舐めた。

「私、この店が好きになりそうにゃ」

飲みながら、酔った様子のアリスは、嬉しそうな声をあげる。

「何言ってんの、お酒が飲めるぐらいのことで」

横合いから、町子が冷静な合いの手を入れる。

アリスは町子をにらんだ。

「それだけじゃないよ」

「そう?じゃ、何がいいの?」

「雰囲気」

アリスは短く答えた。

時子は、嬉しくなった。

彼女も、この店の雰囲気が好きで、お気に入りなのだ。

アリスがこの店を好きになってくれたなら、嬉しい。

「雰囲気って言ったって、人がいないから静かなだけじゃない」

町子は冷静に指摘した。

アリスはグラスに口をつけながら、うなずいている。

液体をひと舐めしてから、口を開いた。

「そこがいいの。静かで、私とお前たちだけ。お酒も飲める。いつまでも。いい店にゃ」

時子は、彼女の言葉に、うなずいていた。

「いつまでも、ってことはないでしょ」

町子は冷静に指摘した。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

[デッセル185] アデリアつよいこグラスM(単品販売)

価格:259円
(2016/9/16 18:18時点)
感想(17件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com