読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『聞く耳を持たない末裔たち』

雪で閉ざされた山間部で発見された、原初の人類。

通称、オリジナル。

彼は、全人類の先祖にあたる人間である。

山腹の岩屋で発見されたとき、彼は草で編んだ質素な衣をまとい、キノコのスープをすすっていた。

取材に来たテレビ局の人間に捕まり、ヘリコプターで街まで連れてこられた。

乗り物を降りるなり、テレビカメラの前に引きずり出された。

大勢が待ち構えている。

「何をするんだ」

たった一人のオリジナルを、テレビ局のスタッフたちが四方から取り囲んで、カメラの前に据えようとする。

「おい、やめないか」

「じっとしててください、これからすぐ生放送ですから」

説明を受けるが、そもそもオリジナルは取材になど応じていない。

無理やり連れてこられたのだ。

「何も聞いていないよ、前もって」

そんな彼の抗議など意に介さず、テレビ局のスタッフは緊急報道番組の準備を進めている。

オリジナル発見地に最も近い都会は、この北国の首都だった。

雪がちらつく街に、巨大なレンガ造りの都庁が建っている。

その手前に広がる広場で、オリジナルをテレビ局スタッフが押さえつけ、いい風景を撮ろうとしているのだ。

都庁を背景にしている。

「何の説明も受けていないよ」

オリジナルは訴え続けている。

周囲の人間は、耳を貸さない。

皆、自分の仕事で忙しいのだ。

撮影現場に、野次馬が集まり始めた。

誰もが厚手の防寒具を着てふかふかの帽子をかぶり、マフラーを首に巻いている。

そのマフラーに口元まで埋めながら、物見高くオリジナルを眺めている。

彼らにスタッフたちの非道を訴えかけよう、とオリジナルは思った。

「誰か、この連中にひとこと言ってやってくれ」

高い声をあげた。

「こんな横暴があるかね。住居から無理やり引っ張りだして、是非も聞かずに撮影をする」

「理屈を言うんじゃねえよ、原始人が」

野次馬の中から、乱暴な野次が飛んだ。

オリジナルは、目を剥いた。

「誰だ今、酷い野次を飛ばしたのは」

野次馬の中を、目で探す。

しかし当の発言者は、後難を恐れて雲隠れしていた。

何て野蛮な連中だ、とオリジナルは思った。

私は原初の人類で、お前たちのご先祖様である。

ご先祖様に対して、敬いの気持ちはないのか?

「カメラ回ったらレポーターが話聞きますから、今はおとなしく黙っててください」

スタッフの一人が、オリジナルをなだめにかかる。

しかし、彼の気持ちは収まらない。

「カメラが回ったら、どうせそっちの質問をたて続けに受けることになるんだろう?」

「ああ、ええと…」

オリジナルの問いかけに、スタッフは目を泳がせた。

面倒な説明を避けようという意図が見える。

オリジナルは、泣きたくなった。

このテレビ局のスタッフたちも野次馬たちも、彼の末裔なのだ。

彼の子供たちが豪雪地帯から平野部に出て繁栄し、子孫を増やした。

その子孫が、世界中に広がった。

世界最初の人類であるオリジナルは、特別長命な肉体を持っている。

子供たちが死に絶えた後も彼は生き続け、自分の末裔たちと顔を合わせることになった。

今彼の周囲を取り囲んでいるのは、血の繋がった、彼の子供たちなのだ。

それなのに、子供たちの方では彼に対する親しみも、敬いも見せようとはしない。

事前の承諾もなしに、無理やり生放送の番組に出演させるぐらいなのだ。

悲しみが、オリジナルの全身に満ちた。

「お前たちのような末裔を持って、私は恥ずかしい」

オリジナルは涙を流し、広場の真ん中で慟哭した。

「静かにしてください、もうすぐ放送始まりますから」

近くにいたスタッフにたしなめられた。

この連中は、聞く耳など持たないのだ。

血も涙もない馬鹿者たちだ。

自分の子供たちが馬鹿者なのを知るほど、悲しいことはない。

 

スタッフの準備が整い、レポーターが彼の手前に立ち、カメラが撮影を始める。

カメラ目線のレポーターが、マイクを握りながら発声しようと息を吸い込む寸前。

オリジナルはレポーターの持っているマイクを奪い、彼女を突き飛ばし、カメラの前にせり出した。

カメラの背後で、色めき立つスタッフたち。

オリジナルはカメラのレンズをにらみつけながら、マイクを食わんばかりの勢いで言った。

「子供たち。ご先祖様をもっと大切にするんだ」

テレビの前の視聴者たちは、彼が誰だか知らないので、必死の訴えにも首をかしげるばかりだった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【ミンクロシアパッチ帽子】丁寧に作り上げたミンク帽子送料無料:毛皮帽子:トーク帽

価格:16,200円
(2016/9/13 17:47時点)
感想(3件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com