読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『旅の間は、旅で頭がいっぱいだ』

お金があるときは忙しくて旅に出られないし。

忙しくないときにはお金がないし…。

どちらのときにも、旅には出たい。

旅と読書が大好きだ。

旅も読書も、それらに励む間は、他のことを忘れていられるからだ。

 

旅好きな読書家の男が、職場でぼんやりしている。

勤め先は旅行鞄の製造メーカーである。

ビルの一階に小売店舗が設けてある。

自社製品の旅行鞄と、他社製の各種旅行用品を売る店舗なのだ。

スーツケース、旅客機内で使う安眠空気枕、パスポートケースなど。

そのショップのカウンターの中に立って、男はぼんやりしている。

客は来なかった。

「忙しそうには見えませんね」

重そうなダンボール箱を抱えて。

店舗内に商品の補充をしにやってきた同僚の女が、男を見て言った。

皮肉な口調だった。

特に客が来る様子もないのだから、隙を見て商品補充を行えばいいのだ。

男が。

手が空いているのだから。

しかし男は、ぼんやりと立っているだけだ。

仕方無く、同僚がその補充を行っている。

ダンボールを通路に置いた。

その口を開けて、中の商品を手早く商品棚に補充していく。

「旅の予定が出来れば、私がここで買い物したいぐらいです」

男は同僚の言葉に、静かに返事をした。

同僚は意味を取りかねて、首をひねる。

それでも何か思い当たり、間を置いてうなずいた。

「空港の旅行用品店よりも、かなり価格抑えてますもんね。この店。社員割引使えば、向こうの半額ぐらいですよ。立地は悪いけれど、一般のお客様も、もっと来てくれたらいいのに」

「旅がしたくてもできないから、もし旅の予定が出来れば、と仮定したんです」

男は静かな声で、それでも自分の発言の意図を知ってもらおうと主張した。

「今は忙しくて、とても旅になんか出られません」

同僚は、無言で男を見た。

男はぼんやりと立っている。

「…そんなに旅の妄想でお忙しいなら、いっそ長期休暇の申請でもして、旅に行ってくればいいんじゃないですか?通るかどうかわかりませんけれど」

皮肉に満ちた声である。

しかし男には、それが同僚からの的確な提案に感じられた。

冴え渡った表情で、相手の顔を見返したのだ。

 

寒い。

北国に冬場来るなら、それなりの装備は必要だった。

しかしそれらの装備を充分に揃えるだけの予算はなかったのだ。

雪に覆われた国の、安宿の部屋にいる。

男は震えている。

部屋の壁際には、オイルヒーターがあった。

しかし電源にタイマーがつけられていて、一時間も動かすと電源が切れてしまった。

それ以降、いくら触っても作動しない。

温かい母国製の冬服は、この北国の寒さ相手には無力だった。

男は、ベッドの上で薄い毛布にくるまっている。

寒い。

鼻水が止まらない。

同僚から提案を受けた後、男は上司のところに長期休暇の申請をしに行ったのだ。

それが結果的に、自己都合退職の申し出をするという流れに運ばれてしまった。

退職した。

旅に出る時間はできた。

しかし今後のことを考えると、旅の予算の上限は厳しく設定される。

退職の間際、職場での身辺整理に手間を取られた。

自社小売店舗で手頃な旅行用品を買うことはままならなかった。

辞めた職場の店に顔を出すことは、彼にもできない。

低予算、軽装備のまま、かねてより関心のあった北国に旅立った。

 

極寒の部屋で。

ベッドの上で仰向けになっている。

眠ってしまわないように、両足を宙に上げて、小刻みに動かしている。

寝たら死ぬかもしれない。

起きていることだけに必死で、他のことは、考えられない。

旅の間は、旅で頭がいっぱいだ。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

新品価格
¥313から
(2016/9/20 17:34時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com