読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(083) 深酒はいけない』

アリスは隣の町子(まちこ)の肩に、右腕を回している。

上機嫌で、時に町子の頬に接吻する。

町子はその都度もがく、だがアリスは逃がさなかった。

「うふふふ」

笑いながら町子にすぼめた唇を近づけて、音をたてて接吻する。

「ちゅっ」

「もう、本当にアルコール臭いな」

町子はもがきながら、不平を言った。

時子(ときこ)はテーブルの上に頬杖を突いて、向かいの席からアリスの醜態を眺めている。

アリスは飲みすぎたのだ。

バーボンをストレートに五杯、グラスで空けた。

その結果へべれけになっている。

「本当にいつまでも飲まれたら困るよ」

「うふふふふ」

アリスは顔を緩めて、やたらと忍び笑いをする。

口数は、少なくなった。

公園でさんざん泣いた末、これだけ飲んだのだ。

何か辛いことがあったのだろう、と時子も町子も気にはしている。

しかし二人がいくら問い詰めずに粘っても、アリスは何があったのか、語ろうとしない。

酒を飲むばかりだ。

よほど語るには重い悩みがあるのかもしれない。

悩みを語る代わり、時折思い出したように町子の顔に口元を寄せる。

上体を反らして逃れようとする町子の体を無理やり引き寄せて、接吻。

「ちゅっ」

「タチ悪いよこの人」

町子は助けを求めて時子を見た。

時子は、うなずいて返すばかりだ。

「時ちゃんうなずいてないで、叱ってよ」

「酔ってる人に何を言っても無駄だと思う」

時子は冷静に言った。

アリスの隣にいるのは自分ではないので、冷静だ。

「酔ってないにゃ」

アリスは怪しい目付きで時子を見ながら、口を挟んだ。

テーブルの向こうにいても、彼女の息からアルコールの強い匂いが嗅げた。

「うそつき、酔ってるでしょ」

「酔ってないにゃ」

強情だ。

「もうそれぐらいにしておいた方がいいよ」

横合いから、アリスに抱かれたままで町子がたしなめた。

アリスは耳を貸さない。

左手で、テーブルの上のグラスを握ったままなのだ。

「いやだ、まだ飲んじゃうもん」

乱暴にかぶりを振っている。

これはさせておいたら潰れるまで飲む気だ、と時子は思う。

もう彼女に飲ませてはいけない。

時子の両腕が、自然に前に伸びた。

「あっ」

驚いて、動きを止めるアリス。

時子は酒の入ったグラスを両手でつかみ、アリスからひったくった。

口元に運ぶ。

底に残るバーボンを、自分の舌から喉へ、流し込んだ。

鼻腔に酒の強い香りが満ちる。

次の瞬間、酒を飲み慣れない時子は、むせて飲み込んだものを吐き出していた。

慌てて押さえた袖口が、酒と唾液とで濡れた。

「なんでそんなことするのよ…」

町子は呆れた目で見ている。

「あなたまで無茶しないで」

涙を目にためてむせながら、時子は苦しげにうなずいた。

アリスも一瞬酔いから醒めた顔で、時子の顔を見つめていた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

Qtop アルコールセンサー アルコールチェッカー LEDデジタル飲酒検知器 ポータブル 飲酒運転防止器

新品価格
¥1,669から
(2016/9/22 21:33時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com