読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(084) アリスに脅され、優しい町子』

アリスのグラスを強奪してバーボンをあおった時子(ときこ)である。

今やテーブルの上に突っ伏して、酔い潰れている。

「時ちゃん、大丈夫?」

テーブルの向こうで、町子(まちこ)がしきりに気にしていた。

時子は、酒を飲み慣れていないのだ。

少量のバーボンを口にしただけでも、重い影響を受けた。

テーブルの上に頬をつけながら、町子に無事を伝えようとする。

だが、力なく声を出しただけに過ぎなかった。

全身が熱っぽく、気だるい。

「慣れてない子は、仕方ないにゃ」

すでに5杯のグラスを空けていたアリスは、陽気な声で言う。

突っ伏している時子の頭を撫でた。

アリスの隣で、町子は腕を組んでいる。

「時ちゃんがこうなったら、これはもうお開きにした方がいいわ…」

「なんでよー」

アリスは抗議する。

彼女はまだ飲み足りない顔で、町子に訴えるような視線を向けた。

「時子はしばらくこのままにして、二人で飲もうよ」

町子に誘いをかける。

「駄目」

町子は言下に断った。

「なんでよー」

「私まで酔ったら、時ちゃんを家に送っていく人がいないでしょ」

「お前、車の免許ないでしょう」

「免許ないし運転もしないけど、酔い潰れた子に肩を貸すぐらいのことはするよ」

町子は落ち着いて答えた。

アリスは頬をふくらませる。

「私が酔ったって、置き去りにする癖に」

「しないよ。あなたは酔わないし、だいたい私たちより年上じゃん」

町子は呆れてアリスを見た。

「年上の外国人は置き去りにしてもいいのか」

「置き去りにしないったら。いいよ、もしアリスが酔い潰れたら、あなたのことも家まで運んであげる」

酔ったアリスに絡まれ、町子は苦し紛れに安請け合いしてしまった。

二人の会話を聞きながら、時子はアリスがこれ以上酒を飲まないように祈っている。

 

同じ頃、市内のドラッグストア。

「おそおせよ~」

店内に入ってきた客に、入口付近で品出しをしていたヨンミが、愛想よく挨拶する。

従業員のトレードマーク、青いエプロンを見につけていた。

顔には入念な化粧を施して、白い顔をしている。

白い顔のヨンミに異国の言葉で迎えられて、客は戸惑いながら入店した。

ヨンミの働きぶりを、店の中ほどから、同じく従業員の東優児(ひがしゆうじ)が見守っている。

「美々子さん、ヨンミさんに挨拶の仕方を教えた方がいいんじゃないかしら…」

優児は恐る恐ると言った様子で、カウンター内で伝票を整理していた美々子(みみこ)に声をかけた。

優児も美々子もヨンミと同じく、ファンデーションで白い顔に、赤く塗った唇を浮かび上がらせている。

青いエプロンも身につけている。

顔と髪型、体格の違いをのぞいては、三人とも同じ人間のような外見だ。

そのうちの一人、優児が、美々子のうつむいた顔を見つめている。

「挨拶の仕方って、何だよ?ヨンミ、ちゃんとしてるじゃん」

顔すら上げず、美々子は取り合わなかった。

「そうだけど…」

優児は困った顔をした。

「お客さん、びっくりすると思うの」

「びっくりするかもしれないけど、もてなしの心は通じてるだろ」

美々子はヨンミをかばう。

ヨンミは今日から美々子、優児と一緒にこの店で働き始めた。

店長に代わり美々子が仕切る店である。

美々子は当分、ここでヨンミが働けるように暗躍したのだ。

美々子に断言されると、優児の方ではそれ以上言う言葉はなかった。

自分よりも美々子の判断の方がいつも正しい、と彼は信じている。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スペシャルCD付き 日常会話から文法まで学べるはじ めての韓国語

新品価格
¥1,728から
(2016/9/24 21:39時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com