読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国軍の兵站、軍隊食。動画で見る過去と現在

韓国の即席麺が好きな私です。

即席麺以外にも、保存食への関心が強いわけなんですね。

食いしん坊なので、いつでも食べ物は確保しておきたい。

この保存食への関心は、軍隊食に行き着きます。

軍隊では、最前線で兵士が食べる保存食も用意します。

もちろん、保存食ではない一般的な食事も。

韓国の軍隊食と保存食、どんなものが食べられているのか?

気になったのですね。

長い動画でしたが、最後まで興味深く見てしまいました。

韓国関連の動画を英語ナレーション付きで配信する、Arirang TVのチャンネル。

そこで配信された、『The Soldiers' Dining Table』という動画です。

韓国軍の軍隊食を取り上げたドキュメンタリーなのです。

 

大韓民国朝鮮民主主義人民共和国の成立後、間もなく勃発した朝鮮戦争

停戦には至りましたが、南北国境の38度線を挟み、現在まで緊張状態が続いているのですね。

そのため、韓国では成人男子全員(例外はあります)を対象とした徴兵制を敷いています。

ですから軍隊生活と軍隊食は、韓国の男性なら一部例外となった人をのぞき必ず通る道なのです。

 

年配の方から若い世代まで、動画には軍隊経験者が多数登場します。

厳しい訓練と前線への配備をともなう軍隊生活、辛かったはずです。

でも、そこで自分たちが食べた食事について仲間たちと語り合う皆さん、何だか楽しそうですね。

厳しい環境で、いかに仲間の存在と食事とが人の心を支えるか、よくわかります。

 

軍隊内で細心の注意を払い調理を行う兵士たち。

てづくりの母の味を提供する、熟練の民間調理業者。

前線で食べられる保存食「field ration」、その供給に最適な方法を試行錯誤する、製造工場。

国のために活動する兵士たちを、多くの人の手が支えているのだとわかります。

自分には軍隊生活は務まりそうにない…と私は思うのですが、動画を見ていると、韓国の軍隊食が食べたくなってしまいました。

軍隊生活は遠慮したいですが、軍隊食だけ!

いやしい私です。

 

余談ですが、動画中の字幕で軍隊経験者が度々名前を挙げる「hardtack」という食べ物。

軍隊用の堅パンのことです。

日本でも北九州のお土産等で売られている、あれですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

自衛隊グッズ ミリメシ 戦闘糧食防災あつあつセット

価格:3,240円
(2016/9/27 15:29時点)
感想(0件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com