読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(085) 支えられ、帰路につく時子』

小説:手間のかかる長旅 連載小説

時子(ときこ)はテーブルの上に潰れて、酔いが醒めるのを待っている。

苦しい。

彼女がそうしている間にも、向かいの席でアリスはさらなるおかわりを頼んでいる。

アリスへのおかわりを届ける際、女性従業員は同時に湯飲み茶碗に入れた緑茶を持ってきてくれた。

酔い潰れている時子へのサービスらしい。

動きの悪い舌で礼を言って、時子はテーブル上に置かれた湯飲み茶碗に両手でしがみついた。

「あつつ」

手の平で包んだ湯飲み茶碗は、熱い。

口から湯気をたてているのだ。

「何を無茶なことをしてるの」

町子(まちこ)がとがめた。

「酔いを醒ましているの」

時子は湯飲み茶碗を握りながら答えた。

手の平がじりじりと温まる感覚が鈍く伝わってきて、気持ちいい。

「やけどするよ」

バーボンをあおりながら、アリスも忠告した。

「お茶の熱さじゃなくて、渋みで酔いを醒ますんだよ」

彼女は、お茶に詳しそうな口ぶりで時子を諭しにかかる。

 

三人で、帰路についている。

夜はふけている。

街灯に照らされた道を、三人で身を寄せ合って歩いた。

歩調の不確かな時子を、町子とアリスが両脇から支えるようにして歩いている。

アリスは結局都合7杯のバーボンを飲み干したが、自分を失うことはなかった。

「ごめんなさい、ごめんなさい」

緑茶をいただいた時子は、それでも酔いが抜けることなく、うわごとのように言いながら両脇の二人に支えられている。

「何を謝っているのだお前は」

アリスはくすくすと笑い、聞き流している。

町子は無言で、道の先を見据えている。

時子は自分でも何を謝っているのか、あやふやだ。

だが、謝るだけのことは仕出かしている自覚があった。

ひとつやふたつの過失では済まないかもしれない。

記憶の底に、自分の諸々の過失が絡まって沈んでいる。

それを引きずり出すのは、恐ろしかった。

何も思い出せないままに、謝っているのはそのせいだ。

「ごめんなさい」

「何もしていないのに、おかしな子だな」

アリスはまたくすくすと笑った。

町子は無言で時子を抱えて歩く。

誰にともなくあやふやな謝罪を繰り返す時子の顔を、アリスは横からのぞいた。

「時子、明日時間ある?」

朗らかな調子で尋ねた。

友人と会う以外、何の予定もない時子だ。

心がうずいた。

「予定は何もないわ」

言葉にするのが苦しい。

「それはちょうどよかった」

アリスは急いで言った。

「明日から当分、私も暇にゃ。お前、付き合ってくれる?」

ぼんやりとうつむいたまま歩きながら、時子はアリスの言葉を耳で受けた。

何も考えが浮かばなかった。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

あなたを苦しめる過去から自由になる本

新品価格
¥1,512から
(2016/10/1 23:25時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com