読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『エイのような女たち』

瀬戸内海沿いの、ある地方都市に来ている。

古くから港町として栄えた場所である。

目の前の海に住む魚の種類は多い。

それらを集めた大きな水族館が海沿いに立っていた。

私は、その水族館の中にいる。

館内の展示の目玉、巨大水槽の前に立った。

十種類を超える魚たちが泳ぎ回っている。

皆、地元の海、瀬戸内海の産だ。

 

水槽内の風景に見惚れる他の客たちに混じって、私は10分ばかりもそこに突っ立って眺めていた。

何度も繰り返し、私の目の前を行き来する魚がいる。

エイだ。

二匹。

ヒレに赤い模様を持つエイである。

つがいらしい。

二匹のエイが絡み合うように、戯れながら、私の前を行きつ戻りつして泳ぐ。

ひらひらとお互いのヒレを触れ合わせながら、二匹で宙を舞う。

人に見せつけている。

私は、不愉快になった。

あいつらの名は何と言うのだ。

水槽の脇、壁に貼り付けられた魚の説明版に目をやる。

エイについてのものを探した。

見つけた。

アカヒレジンメンエイ。

瀬戸内海でも特に、この地域の海域にのみ固有の種類だという。

習性についても説明されている。

成体になると、このエイの雌は雌同士でペアをつくり、共同生活を営む。

このペアに雄が出くわすと、雄はそのうち一体を選び、交尾と産卵を強いる。

産卵の後、雌は雄から離れて、もとのパートナーのところへ戻る。

孤立した雄は、その後新たな雌を見つけることもなく、稚魚の世話をしてその一生を終える。

 

私は、水槽に視線を戻した。

アカヒレジンメンエイは、雌のみヒレに赤い斑紋を持つ。

雄の方は体は大きいが、何ら特徴がなく凡庸な外見をしているのだ。

先ほどから私の前を横切るつがいは、二匹ともヒレに赤い斑紋を持っていた。

雌なのだ。

雌同士で戯れ合っているのだ。

では、雄は?

私は雄の姿を探した。

水槽の隅で、砂の底に潜んでいる大きなエイの姿がある。

目を砂の上に露出し、頭上の様子をうかがっている。

楽しげに泳ぎ回る、あのつがいを狙っているのだろうか。

それとも、すでにどちらかの雌に捨てられた後なのだろうか。

私は水槽の前から離れ、順路に戻った。

あの二人は、まだ先を歩いていると思う。

 

数年前に蒸発した妻と、私も旧知の妻の女友達。

その二人がこの水族館にいて、私の前を歩いている。

照明を控えた、暗い通路で身を寄せ合って。

水槽のはめ込まれた小窓を二人で覗き込んでは、はしゃいだ声をあげている。

ずっとお互いの手を握り合っている。

私が二人と出会った頃は、あんなに馴れ馴れしい間柄には見えなかった。

曲がり角で壁に身を隠しながら、私は二人の背中を盗み見ている。

疎遠になった妻の実家を訪ねようと決心して、この土地に来た。

その矢先、二人の姿を目にしたのだ。

誘い込まれるようにして、この水族館の中まで彼女たちを尾行することになった。

やはり二人は私を誘い込んだのだろうか。

アカヒレジンメンエイのつがいを、私に見せつけるために。

思い返すと、私が幼い頃に家を去った私の母も、この土地の生まれだったのかもしれない。

 

二人に追いつかないように、距離を保って歩く。

重い足取りで水族館から出た。

道の先を行く女たちに声をかける気持ちはなく、私は帰路についた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【メール便送料無料】 エイヒレ(300g) - えいひれ・おつまみ・珍味

価格:1,180円
(2016/10/13 18:55時点)
感想(227件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com