読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『有能な人物』

一面の芝生が広がっている。

午後の運動公園である。

ジュースを買いに、自販機に向かう。

芝生の上を歩いていく。

行く先に、ごろごろと寝転がっている人たちがいた。

半端でない数の、横になる人々だ。

芝生を埋め尽くさんばかりだ。

老若男女、分け隔てなく寝転んでいる。

芝生は日光をたくさん浴びて、ちょうどいい温かさなのだ。

寝転がるのも無理はない。

そんな無数の人たちの間を通り抜けながら、義雄(よしお)はうらやましい気持ちでいる。

ちっ、と横から舌打ちが聞こえた。

義雄と一緒に自販機に向かっている、福田氏だ。

アイロンの効いたスーツを着て、磨きぬかれた革靴を履いている。

身なりに気を遣っているのだ。

彼は眉間に皺を寄せて、口元をゆがめて寝転がる人たちを横目で見ている。

ああ、と義雄は思った。

福田氏は、昼日中から芝生の上に寝転がる人たちが嫌いなのだ。

わかりやすい人だ。

 

寝転がる人の群れから離れた。

木陰にさしかかっている。

ここいらは、芝生が日光を含んでいないので、冷たいのだ。

「ごろごろと、目障りだったな」

福田氏は吐き捨てるように言った。

義雄は苦笑いしてごまかした。

「平日の昼間から公園でごろ寝だぜ。他にやることもないんだろうな」

福田氏は他に誰も聞いていないのを言いことに、言いたい放題である。

義雄は苦笑いを続けた。

腹の中では、おたくの知ったことではないでしょ、と思っている。 

 

自販機のある場所にたどり着いた。

義雄と福田氏は、それぞれの缶入り飲み物を買った。

自販機の脇に肩を並べて、飲み物を飲む。

芝生の彼方に、寝転がる人々の姿が見える。

缶を口につけてジュースを飲みながら、義雄は彼らの姿を見やった。

自分もあの中に混じりたい、と思っている。

「ろくでなしの集まりだな」

隣で、また福田氏がぼやいている。

義雄は口に含んでいたジュースを吹き出しそうになった。

「俺らが世の中を回している間に、あの手の連中は無駄に空気吸ってんだぜ」

「そうなんですかねえ」

口元を拭い、曖昧に答える義雄。

だんだんと、福田氏のことを持て余し始めた。

彼は、有望な人物、らしい。

世間的にはそう言われている。

本人はそれを鼻にかけた表情だ。

有能な人物なら、義雄は尊敬する。

だが福田氏の場合、有能かどうかよりも、有能ぶっている態度ばかりが伝わってくる。

そして芝生で寝転がる人たちを見る福田氏の視線は、蔑視だ。

自分も芝生で寝転がりたい義雄は、居心地が悪い。

だが付き合いがあるので、福田氏を避けるわけにもいかない。

仕方なく、持て余しながらも、福田氏の蔑視に追従している。

「帰り、またあの連中の隙間を縫って歩くのは、気分が悪いな」

乱暴にそう言って、福田氏は義雄の方を見た。

「時間かかるけど、遠回りして帰るぞ?」

有無を言わさない調子だ。

「向こうに寄り道したい場所があるので、一人で行きます」

義雄は反射的に答えていた。

この人にはこれ以上付き合えない、と思う。

寝転ぶ人たちのいる方角を指した。

「はあ?寄り道するような場所なんてあったか?」

福田氏は怪訝な顔。

義雄は無言でうなずいた。

「…勝手にすればいいが、まだ仕事残ってるんだから遅くなるなよ」

怪訝な顔のまま、福田氏は違う方角に歩いて行く。

義雄は彼の後ろ姿を見送る。

 

公園の果てに、福田氏の影は完全に見えなくなった。

義雄はようやく安堵の息をついた。

厄介払いだ。

これで、自分も芝生で寝転がることができる。

束縛から解放されて、義雄は身軽な気持ちで温かい芝生の界隈へ向かった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)

新品価格
¥1,026から
(2016/10/14 21:07時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com