読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『運悪く、虎』

市場で買ったリンゴをかじりながら、歩道を歩いている。

突然、急なことが起こった。

右足に、激痛。

私は路上に転んだ。

「いててて…」

激痛は、収まらない。

数分間、私は路上にうつ伏せになったまま、もがき続けた。

 

痛みが治まったので、立ち上がった。

痛んでいた箇所を見た。

ジーンズが破れ、露出した肌の一部が開いて出血している。

痛いはずだ。

しかし、どうして急にこんなことになったのだろうか。

私は周囲に目をやった。

最初はわからなかった。

が、何度も確認して気付いた。

そこは、車どおりの多い道の、歩道である。

歩道と車道の間には街路樹と生け垣とが延々と植えられている。

その生け垣の中から、おかしなものが顔をのぞかせていた。

虎だ。

それも、猫のように小型の虎である。

そんな相手が、生け垣の中から頭だけ出して、光る目でこちらを見ている。

そいつの口の端には、私のジーンズの切れ端らしいものが張り付いている。

こいつだ。

こいつがやったのだ。

私の足に噛み付いたのだ。

この野郎、と私は思った。

「この野郎」

痛い思いをさせられたので、怒鳴り声に力が入る。

怒鳴ってから、私は相手の顔色をうかがった。

虎は私に怒鳴られてもどこ吹く風、である。

口を開けたまま、はふはふと音をたてて息をしている。

人を人とも思わぬ風情。

その態度が、気に食わない。

人を怪我させておいて、何がはふはふ、だ。

「この野郎」

さっきまで歩きながら食べていたリンゴの芯を、虎の顔に投げつけた。

平気な面をしていた虎の目元に、芯がめり込む。

「むおっ」

虎は声にならない声をあげた。

ぽとり、とリンゴの芯は地面に落ちる。

虎の右目のすぐ下に青痣ができて、奴は痛そうに顔の片側を歪めている。

「馬鹿め、人を痛い目に遭わせるからそういう目に遭うのだ」

私はいい気分で、そんなせりふを相手に放った。

リンゴの芯を拾い上げ、手先で弄びながらその場を後にする。

植え込みの中から頭だけ出してこちらを凝視しながら、虎が無念そうにしているのを背中に感じる。

 

月日が流れた。

私は自宅の居間で、テレビのニュース番組を見ている。

日本の街中で相次いで、新種の虎が発見されているという報道である。

虎かあ、と私は思った。

虎と言えば、しばらく前、私は近所の車道沿いの植え込みに頭だけのものを見ている。

懐かしい気持ちで、私はテレビの液晶画面に食い入った。

画面の中に、異様な光景があった。

現場は、繁華街の路上だ。

番組所属の女性レポーターが、新種の虎を自らの膝の上に乗せているのだ。

地べたに三角座りしたレポーターの膝の上。

その小柄な虎はおとなしく収まって、女性の胸に抱かれている。

報道番組の一幕としては、異例の展開だ。

「むふふ」

嬌声をあげて、女性は腕の中にいる虎の脇腹に、鼻先を埋める。

それに答えて甘えた声を漏らす虎。

しなやかに身をくねらせる。

そんな虎を可愛がりながら、それでもレポーターとして、職業意識を捨て去ることは難しいらしい。

女性は片手に持ったマイクを口元に運び、かろうじてカメラ目線をつくった。

「ご覧の通り、人懐っこい虎さんなんですね。でも皆様は、街中で出くわした際には充分お気をつけください。皆様の人柄によっては、噛まれるかもしれません」

レポーターが話す間にも、小型の虎は彼女にじゃれついて離さない。

ぺろぺろと人の横顔を舐める。

延々と戯れるレポーターと虎の姿を映しながら、画面はスタジオに戻った。

 

テレビの電源を消して、私は考え込んだ。

報道番組で取り上げられた、小型の虎。

あれは、以前私を襲ったのと同種のものだ。

さきほどのレポーターは虎を可愛がっていたが、虎は虎である。

私が負傷させられたように、連中はいつこちらに暴力を振るってくるかわからないのだ。

ああやって、いつまで飼い慣らしておけるのだろう。

私は件のレポーター、また虎を人類の友人のように考えている人々全般について、心配に思う。

猫と虎とは、かなり違う。

虎を猫のように扱っていたら、痛い目に遭わされるかもしれない。

以前の私のように。

だが、である。

そうは言っても双方の存在感の有り様は、根底で通じている。

猫の中にも、虎のような気質を備えた固体はいる。

逆も然りである。

先ほどレポーターが戯れていた虎は、虎の中でも特に、猫のような気質を備えた固体に違いない。

そうであることを、私は祈った。

私自身も、次の機会があるなら猫の気質を持った虎に出会いたいのだ。 

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

ぬいぐるみ ブラウンタイガー 103cm 巨大 特大 Lサイズ リアルタイガー トラ 虎 藤昭

価格:5,980円
(2016/10/16 00:33時点)
感想(2件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com