読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに現れた、外国語の夢

昨晩、寝る前にスペイン語の書籍を読んだのですね。

久しぶりの、スペイン語読書でした。

そうしたら夢の中にスペイン語が出てきました。

残念ながら、どんな夢だったのかはよく覚えていないのです。

夢の最中に、スペイン語の文章が目の前に流れてくる、そういう感じでした。

長らくスペイン語の学習と読書から遠ざかっていましたので。

数十ページの文章をまとめ読みして、脳が混乱したのかもしれません。

夢の中に現れる外国語。

なんだか懐かしい経験でした。

面白いものですね。

 

外国語の学習者は折々、睡眠中、夢でその外国語に出会う体験をするんだそうです。

それまでに経験したことのない外国語に、脳が混乱するのが原因だと聞きました。

その外国語の情報が一定量、脳内に蓄積されて。

脳が睡眠中に、その情報を整理しようとするんですね。

そういうわけで外国語の夢を見る経験は、ある程度外国語学習が進んだ目安になるんです。

 

で、今回のその夢、続きがあるんですね。

同じ夢の続きなんですが、私がいる状況が変わってまして。

たぶん韓国のどこかにいたんだと思うんです。

目の前に韓国人の中年女性がいたんですね。

で、私は相手に何か伝えようとして、話しているんです。

夢の中で、韓国語の表現を思い出そうとしていたのを覚えています。

그래요(クレヨ、そうですか)?

아니에요(アニエヨ、違います).

等々。

私の知っている韓国語表現はわずかなんですね。

それら、思い出すことのできた表現をやたらと得意になって話していました。

韓国語もしばらく学習していなかったんですね。

スペイン語と違って、ここ最近参考書を読んだりもしていないのですが…。

もしかしたら、これもスペイン語学習に刺激されたのかもしれません。

 

ところで私はペーパードライバーなんですが、時々自動車を運転する夢も見るのです。

たぶん、忘れそうになっている技術と情報とを、脳が必死に夢の中で反復して。

自分に繋ぎとめようとしているんだと思うんですね。

夢の中で韓国語を話していたのも、その運転の夢に近い感じがしました。

一晩に、「刺激を受けた場合」と「思い出そうとする場合」、ふたつの種類の外国語の夢を見たのかもしれない。

そう思いました。

どちらの夢もある種の、睡眠学習のような感じなんですね。

夢の中で外国語に触れたり、会話を実践したりできるので。

好きなときに外国語の夢を見て、睡眠中も学習ができたら嬉しいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

寝るまえ5分の外国語:語学書書評集

新品価格
¥2,052から
(2016/10/26 18:37時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com