読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(088) 職業安定所に突入したアリスと時子』

小説:手間のかかる長旅 連載小説

お寺で、アリスは僧侶に「宗論」を仕掛けたらしい。

時子(ときこ)には宗論が何かはよくわからない。

だが、その響きは何か物騒なものを感じさせる。

テレビ番組の企画で、アリスは、お寺に宗論を仕掛けるように仕向けられた。

アリスにとっては、その経験は苦痛だったに違いない。

そういう無茶な仕事が積もり積もって、アリスは爆発してしまったのかもしれない、と時子は思った。

それなので、あまりアリスにその辺りの件について追求することは控えた。

そうこうするうち、二人して、職業安定所にたどり着いたのだ。

 

時子はしばらく前まで在宅の仕事をしていた。

でもそれは、インターネット上で見つけてきたものだった。

職業安定所に足を運ぶのは、今回が始めてだ。

緊張する。

清潔だが建築にも調度品にも遊びのない、公共施設の建物である。

来訪者を緊張させる雰囲気なのだ。

しかし中に堂々と踏み込んでいくアリス。

彼女に寄り添うようにしながら、時子は歩いた。

「お前はなんでそんなくっつくんだ」

アリスは、時子をたしなめる。

「だって私、ここ来るの初めてなの」

「私は三回目だにゃ」

アリスは、時子の緊張感など意に介さなかった。

足早に施設内の通路を進んで行くアリスにしがみつきながら、時子も必死に歩く。

求人検索コーナーに来た。

端末を使って、各種の求人を検索できるようになっている場所である。

これと思う求人を見つけることができれば、求人票を印刷できる。

その求人票を持って、安定所の職員たちが待つ相談窓口で紹介を受けるのだ。

部屋の入口近くにあるカウンターで、アリスと時子は利用カードを受け取った。

カウンター内で応対した職員は外国人求職者を見慣れているのか、アリスの姿に何の驚きも露わにはしない。

二人への丁寧な対応に、時子は好感を持った。

各端末には、番号が振られている。

利用カードにはその番号が書かれている。

カードの番号を頼りに、二人は該当する端末のもとへと向かう。

カウンターの職員は友人同士の時子とアリスに気を利かせて、カードを渡してくれたらしい。

二人は、隣り合う端末席に座ることができた。

アリスは早速、タッチパネル対応の液晶画面に指先を当てて、求人を探し始める。

慣れた様子である。

一方の時子は、そういうわけにもいかなかった。

狭い間隔で端末が並ぶ空間にいる。

時子とアリスが肩を並べて座る周囲には、他の求職者たちが密に座っている。

彼らはアリスと同じように端末の画面を眺めながら、それぞれに見合う求人を探す。

幅広い年齢層の男女が集まるその場の雰囲気に、時子は気後れしているのだった。

いろんな人たちがいる。

スーツ姿の、転職活動中らしい若い男性がいる。

画面を見ながら、しきりに舌打ちを繰り返す高齢の男性がいる。

検索中に独り言を言い、時にしのび笑いを洩らす中年の男性がいる。

赤ちゃんを腕に抱えて、時々その子をあやしながら検索する、時子とさして変わらない年頃の女性もいる。

個々人の多様な人生を感じさせる空間。

こんな場所に身を置いた経験は、時子はこれまでにない。

「時子、人間観察してないで仕事探すにゃ」

画面上の求人票リストに目を走らせ、時子を見もしないでアリスは言った。

「別に観察はしてないよ…」

アリスの遠慮のない表現に、時子は戸惑う。

自分たちの不躾な会話を周囲の他の求職者に聞かれていたら、と思うと緊張が高まる。

そんな彼女には注意を払わず、アリスは平気な顔だ。

「お前がぼやぼやしてる間に、お前の仕事も私がもらっちゃうよ?」

時子の方を一瞥して、いたずらっぽい笑みを向けてきた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

一日一生 (朝日新書)

新品価格
¥756から
(2016/11/7 21:58時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com