読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『乗り慣れないUFOに、私は乗ります』

UFO搭乗に至るまでの経緯について。

それについて説明を求めるのは、この場ではご遠慮願えますでしょうか。

私は、話したくないのです。

話すことには労力がいるし、なにより話した私にも聞いた貴方がたにも、災難が及びますので。

その災難とは、命の危険を伴うものです。

だからこう思ってください。

目の前に、UFOがあります。

横長の楕円形をした乗り物で、それは細かく振動しながら駐車場の上に停車しています。

そのUFOの中に私が乗り込んでおります。

それだけ把握して、文章を追ってみてください。

 

乗り込んだまではよかったのです。

だが、どうやら乗り込むことの代償に、私は自分という存在を消費し尽してしまったのでした。

UFOの内部は、もやもやと霧がかかった空間なのか異次元なのか。

それが、定かではない場所であります。

その場所のどこかに定まっている私は、意識ばかりが残り、体を持たない存在に成り果てていたのでした。

確か、UFOに吸い込まれるまでは、私は肉体を持った人であったはずなのですけれど…。

今はもう、人ではない存在になっています。

つけ加えると、その場には私以外にも似たような存在が複数さまよっていました。

私を含めた、姿も質量も無いあやふやな存在たち。

私は、彼らの出自を知っています。

同時にこのUFOに乗り込んだ仲間なのですから。

でも今では皆、気配だけの存在です。

「皆さん、大丈夫ですか」

私は、彼らに呼びかけました。

喉も体も無いので、声は出ません。

心の中で、勝手に呼びかけただけです。

当然、返事はありません。

ただ、彼らが戸惑う気配は伝わってきました。

もどかしい思いでした。

私と彼らとは、その曖昧な空間にいて、意思疎通する手段もないまま。

個々に怯えているのです。

もどかしいことでした。

意識があるのに、喉から声が出せないのです。

それがこんなに苦しいことだとは思いませんでした。

自ら選んだ道だとは言え、この責め苦には怒りを覚えました。

「待ってください」

憤る私に、穏やかな言葉がかけられます。

言葉と言っても、音ではありません。

それは、意味そのものです。

誰かが意味を発したのが、私に届きました。

「そうです。私は皆様に意味をお届けする手段を持っています」

再び、次の意味が届きました

見知らぬ、新しい気配でした。

この場には私と仲間たち以外の存在がいて、私たちに意味を送っているのです。

何者なのでしょう。

UFOの主でしょうか…。

だとすれば、その相手はいわゆる、「異星人」ということになります。

異星人。

それは、外宇宙から来た謎の存在なのです。

そんな存在と、私たちは直面しているのです。

私は恐怖で、気絶しそうになりました。

「気絶はお待ちください、私は普通の人です」

異星人が、慌てて弁解する意味を送ってきました。

「心配しないで。これから皆様の慰めに、おもてなしをしますから」

私の気持ちを察してなのでしょうか、主はなだめるように、それらの意味を送りつけてきました。

その人間的な意味合いに、私は正気を保ち直しました。

おもてなし?

「そうです、ほら、ここで歓迎の踊りを踊っていますよ~」

UFOの主はその場で踊ったようでした。

「踊っている」という、その意味そのものを、送りつけてきます。

異星人には違いありませんが、サービス精神のある存在のようです。

「普段は慎み深い私ですけれど、今は貴方たちのために歓迎の踊りを模索中なので」

主は、ためらいながら言葉を続けました。

「私、試みに艶かしい動きで踊っています…」

主は、艶かしく踊る意味を送りつけてきました。

そんな踊りを試みながら、そこには恥じらいの気配がありました。

客人のために無理をしている、とでもいうところでしょうか。

その意味の形からすると、相手は女性であるように思われます。

 

相手の性別を、問いただしてみたい好奇心に駆られました。

「残念ながら、答えにくい質問です」

主は踊りながら、意味を送ってきました。

「私たち、公共の場では、自分の性別を明らかにしない習慣なんです」

そうなのね、と私は思いました。

率直に答えるUFOの主に、私は好感を持ち始めていました。

彼女の話しぶりに、彼女を仮に女性と考えることにしました。

人柄は、良さそうです。

他の仲間たちが彼女をどう思っているのかわかりません。

ただ私は、この場を彼女に任せよう、という気になっています。

「ありがとうございます!」

主は愛想よく意味しました。

私の気配を読み取ったのでしょう。

「地球のお客様をどうやっておもてなししたらいいかわからなくて。まだ試行錯誤ですが、精一杯頑張ります」

人柄が伝わりました。

若いようですが、誠意のある人柄であるように思えました。

 

その後、UFOの主はその場で歌ったり踊ったりしました。

客人である我々をもてなすためでしょう。

でも全てがあやふやな空間では、私たちには主が取る行動の意味しか伝わってきません。

歌も踊りも、「歌っている」「踊っている」内容を示す意味だけが伝わってくるのです。

意味だけだと、娯楽というものは楽しむのが難しいのでした。

それで私たちは、退屈してしまったのです。

歌と踊りを目当てに、命を代償にしてまでUFO内に来たわけではありません。

私たちは、宇宙の旅をしたくて来たのです。

UFOに乗れば、宇宙に行けると誰もが信じていたのです。

 

踊っていた主が、私の意味を感じ取ったらしく、気配を硬直させました。

批判に晒されるのには、彼女は慣れていないのかもしれません。

「ごめんなさい。でも、どうしたらいいんでしょう?」

私に向けて、意味を放ってくるのでした。

彼女の戸惑いには、同情します。

でも私の答えは、決まっています。

「このUFOで、宇宙旅行をさせてください」

私は、率直に要求しました。

「でも、それは…」

主は、戸惑ったようです。

「駄目なのですか?」

「駄目ではありませんが…」

主は、言いよどみます。

「皆様を宇宙旅行にお連れしたら、お帰りが遅くなってしまいます」

心配そうな口ぶりでした。

「どれぐらい遅くなるのですか?」

私は、にじり寄るような気配を匂わせながら、そういう意味を送ります。

主のたじろぐ気配がありました。

「はっきりとは言えませんけど…」

と、主は前置きして。

「今いるこの星の人類が滅亡して、新たな人類が文明を築いた頃合いになるでしょうね」

主は、恐る恐ると言った様子で答えました。

「いったん旅に出たら、皆様はもう、この星のお知り合いに会うことはできません」

私たちの顔色をうかがうように、そう言うのです。

実のところ、曖昧な存在になった私たちにもう顔などありませんが、彼女は慎重なのでした。

「行きましょう」

私は、答えます。

「だけど」

主は、まだ戸惑っていました。

「いいんですか」

「ここにいる人たちは、皆、現世に見切りをつけて集まった方たちです」

私は、皆を代表して、主に伝えました。

「私も含めて、今の時代に生きる場所のない人ばかりです」

「そうなのですか…」

主は、わかりかねているようでした。

彼女はまだ若いようですから、無理もありません。

「肉体を離れて、宇宙と未来で新しい生命を得られるなら、本望です」

私に反対の意味をなす人は、仲間たちにはいませんでした。

宇宙旅行を望む人は、だいたい宇宙旅行に膨大な時間が必要になることは心得ています。

数百年から数千年、数万年。

いずれであっても、大差はありません。

乱暴に言ってしまえば、宇宙旅行を目指す人たちは、緩やかな自殺願望を持つ人たちの集まりなのでした。

私もそうなのです。

「そんな」

近くで、主が涙ぐむ気配がします。

彼女の船に集まったこの星の人たちが、そのような人種だなんて、思いもしなかったようです。

「私はただ、皆さんに、束の間の非日常を味わってもらいたかっただけなのに」

くぐもった泣き声の意味でした。

おそらく彼女は、この星の交渉役に騙されて。

わずかな代金と引き換えに、私たちの身柄を預かったのでしょう。

彼女の身の上はわかりません。

ですがおそらくはこの星に不時着して、権力者の無理な要求をのまなければならなくなった若い旅行者。

そういうところでしょう。

私は密かに、彼女に対しての同情を覚えています。

「同情と言うなら、私のそれの方があなたのよりも強いです」

主は、私に意味を返してきました。

なんだか、むきになっているようです。

「自分の星を捨ててまでも、宇宙の旅に出たいだなんて」

これも、泣き声でした。

「私は、今すぐにでも自分の星の家族に会いたくてたまらないのに」

里心のついた、若い旅人の言葉でした。

私は、彼女の感情的な言葉に、いとおしさを覚えます。

可愛い人です。

「それなら、これから帰りましょう」

私は提案しました。

「皆を、あなたの星に連れて行ってください」

私が意味したことに、周囲のいる仲間たちが同意する気配がありました。

皆が、宇宙の旅に出たいのです。

UFOの主は、ひと呼吸置きました。

それから、うなずきました。

彼女も、覚悟を決めたようでした。

皆で、彼女の母星に旅することになったのです。

 

彼女の母星は、地球と呼ばれる星でした。

素敵な惑星です。

この星に来て、私たちは新たな肉体を得ました。

私と仲間たちは、新たな暮らしを始めたのです。

美しい星の暮らしに馴染むごとに、UFOの主の気持ちがわかるのでした。

故郷を捨ててまで宇宙の旅に出ようという人たちが、この美しい星から現れるはずがありません。

誰もが、いずれ美しい故郷に帰ってくるつもりで旅に出るはずです。

私たちのような身の上の者には、地球の人たちがうらやましいのでした。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

ぼくたちは今日も宇宙を旅している

新品価格
¥1,188から
(2016/11/13 02:14時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com