読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(089) こまめな助言のアリス』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

アリスの笑みを、時子(ときこ)は絶望的な気持ちで見返した。

「たぶんそんな仕事は最初からないよ」

自分にできそうな仕事なんて、思い浮かばない。

時子の表情を見て、アリスは頬をふくらませた。

「何を言う。何かしらある」

「ないと思う」

「あるよ。調べてみれば」

端末を触るようにうながしてくる。

仕方なく、時子は端末にチェーンで繋がったタッチペンを手に取り、画面を操作し始めた。

求人者の年齢、場所、雇用形態、その他条件諸々を入力。

求人票の一覧を表示させた。

条件に該当する、600件以上の結果が出た。

「いろいろあるじゃん」

横からのぞきながら、アリスは口を挟んだ。

「でも駄目だよ、できそうにないことばかり」

時子は訴えた。

ざっと見たところ、アパレルに飲食店等、各種接客販売の求人が目立った。

「接客の仕事ばかり」

自分には無理だ、と時子は思った。

「お前でも、売り物次第では、できないか?」

時子を横目で見ながら、アリスは助言する。

「売り子さんも、業種でえらい違う」

「そうかもしれないけど」

いったい、自分に務まる販売職などあるのだろうか。

「あまり人と接するお仕事は…」

声が小さくなる。

堂々と言いづらいことではあった。

自分にとってみれば必須条件でも、他人からはより好みに見えるはずだ。

「人との接し方次第で、お前に務まる求人もあるんじゃないか?」

アリスはなおも追及してくる。

時子は、困った。

「どれがどうなのかわからない…」

目の前の求人票リストを眺めて、頭がぼんやりしてくる。

アパレルの販売員と飲食店の接客とでは、当然仕事内容が違うことぐらいはわかる。

しかしそのどちらであっても、現場で積極的に立ち働いている自分の姿が想像できない。

それどころか、大きな失敗をして、上司か客から叱責を受けている自分の姿が頭に思い浮かんだ。

胃が締め付けられそうな気持ちになる。

「よく探せば接客以外のお前に向いてる仕事、あるかもよ」

身をすくめている時子を見て、アリスは妥協したかのように助言した。

時子は我に返った。

深呼吸して、アリスにうなずき返した。

それにしても、さっきからアリスは時子に助言ばかりしている。

人のことを気にしながら、彼女は自分の求人検索の方は疎かだ。

「ところで、自分のお仕事は、探さないの?」

時子は控えめに疑問を口にした。

「心配しない」

アリスは、自信にあふれている。

背筋も伸びている。

「私は、自分のことは何とでもするにゃ」

疑いもなくそう言った。

「出来ることは、やればちょっとずつ増えるんだから」

前向きなのだ。

こんな彼女がうらやましい、と時子は思った。

強い人だから、異国での生活が続けられるのかもしれない。

「お前と私の資金源を早く確保して、皆で恐山に行こうよ」

資金源、という言葉が時子の胸に響いた。

自分にできそうな仕事がない、と思うと、仕事探しそのものが絶望的だった。

でも旅のための「資金源探し」と思えば、その絶望も乗り越えてみたい気がする。

恐山へ行くために資金源探し。

何だか冒険の旅がすぐ先に控えているように思えて、時子は少し元気が出た。

ただ、別に行き先が恐山でなくても構わない。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

恐山 写真集・列島いにしえ探訪

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com