読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝から、G!寝起きの襲撃

朝から、えらい目に遭いまして。

というのも、出たんです。

あれが。

Gが。

夏場によく家の中に出るあの昆虫が今朝、もうすぐ冬にならんとするこの季節に。

私の枕元に出没したわけなんですね。

 

早朝、目覚めた私です。

ベッドの中で、うつ伏せになっていました。

枕元に備えていた、iPod touchを触っていたんですね。

そしたら暗い部屋の中、そのiPod touchの明かりに照らされて。

私の頭上を横切る、大きな影があるのです。

それに気付いた私は、もう心臓が止まりそうでした。

慌てて、枕元のスタンドライトの電源を入れました。

その場に留まる大きな影。

なんと私の枕の上に、正式名称は伏せますが、あの夏の虫が。

Gが。

ふてぶてしい態度で、留まっていたのです。

寝起きを襲われて、私はもう恐怖のあまり失神して、二度寝しそうでした。

でも枕元にそんな輩に居座られては、おちおち寝落ちもしていられません。

ティッシュ紙を数枚手にして、苦労の末そのGを亡き者にしてしまいました。

おそらくは、若い個体だったのでしょう。

体の色は薄く、小柄な奴でした。

私は手にしたティッシュ紙を何度も相手に叩きつけながら、顔を引きつらせていました。

相手も若くて対処の仕方がわからなかったものか、もがくばかりで逃げることもままならず、私の攻撃を受けていました。

 

私も長年生きてきて、居室でGを発見すること自体は、多々あったのです。

でも自分の枕元にまで這い寄られる経験はこれまでになくて。

ショックを受けています。

おそらくは件のGは若い固体で、ベテランなら決してしない、命知らずな軽挙に出てしまったのですね。

人間と自分たちとの、住む世界の違いをわきまえる。

それが、彼らに求められる延命の鉄則であったはずです。

それでも時折、私たちの目の前に姿を現してしまうGたちがいますよね。

あれは歳を経て、己が生きるためのバランス感覚を失ってしまった個体なのです。

彼らはその結果我々人間に発見され、死闘の末に命を失うはめになるのですね。

しかし今回私が出会ったのは、若い個体でした。

 

歳を経てバランス感覚を失った老いた個体と、経験の浅い若い個体とが、同じ失態を犯す。

そんな事例を生で見るような、早朝のGとの遭遇でした。

一日、どんよりとした気持ちで過ごすことになりました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Apple iPod touch 32GB 第6世代 2015年モデル シルバー MKHX2J/A

新品価格
¥29,800から
(2016/11/22 01:47時点)

kompirakei.hatenablog.com