読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『うどん泥棒への嫌がらせ』

今日は何もいいことがなかった。

うどんでもすすって、早めに寝よう。

そう思って家の冷蔵庫をのぞいたのだが、うどんがなかった。

今朝までは、確かにうどんが三玉、そこにあったのだ。

そんな馬鹿な、と思った。

私が買って入れておいたのである。

私が食べなければ、減ることもない。

おかしいな、と思いながらも空腹なので、軽くお茶漬けを食べてから寝た。

 

日常の隙を見て、私はうどんを新たに三玉、冷蔵庫に忍ばせた。

先日は不可解な消え方をしたうどん、食べ損ねている。

しばらくうどんを食べていないと、こちらも気持ちが飢えてくるのだ。

麺類に飢えている、というのではない。

うどんに飢えているのだ。

日中、外出した折、街中に雰囲気のいいうどん店を見つけた。

路上に漂ってくる、鰹節のいい香り。

しかし、と私は家の冷蔵庫に思いを馳せる。

うどんが三玉、そこで待っている。

家に帰ってからにしよう、と私は欲望を抑えた。

家に帰る。

「あっ」

冷蔵庫を開けた。

うどんが三玉…。

ない。

油揚げが三枚入っている。

油揚げを買ってきた覚えはない。

あるはずなのは、うどんだ。

本来、三玉、あった。

今朝までは。

私は具合が悪くなり、口元を押さえた。

再びうどんのお預けを食った、からだけではない。

まるでうどんと引き換えのように、買った覚えのない油揚げが入っていたのだ。

目の前のそれは、説明がつかない。

気持ちが悪い。

もしかしたら、うどんのことをばかり考えていたから…。

きつねうどんに使う油揚げを、無意識にうどんの代わりに買ってしまったのかもしれない。

そう、私は説明をつけようと試みる。

しかし無理がある。

うどんが食べたいのに、うどんを買わずに油揚げだけ買って来るなんて、どんな人間だ。

少なくとも、私はそんな無茶な人間ではない。

家で食べるうどんに期待して外食せずに帰ってきたので、空腹である。

しかし得体の知れない油揚げを食べるわけにはいかないので、やむなくお茶漬けを食べて寝た。

 

うどんを三玉、買った。

今度は証拠を残そうと思い、買い物から帰宅した後、冷蔵庫に入っているうどんの姿を写真に収めた。

確かにうどんを入れたのだ。

本当はその場でうどんを調理して食べてしまうのがよかった。

でも、そのときにはうどん欲が薄れていたのだ。

あまりに長く、お預けを食い続けた。

うどんに対してのあきらめのようなものが心に湧き始めていた。

ただ一方で意地を張って、うどんを食べなければならない、義務感にとらわれている。

人の冷蔵庫からうどんを抜き取っていく誰かに対しての、あてつけの意味合いもある。

もううどんにこだわりはないのだけれど、そういう素振りは見せず、うどんに執着するように見せかけて。

戦いに勝つまで、その誰かの関心をうちの冷蔵庫に引きつけておきたいのだ。

うどんを抜き取られた証拠を得よう、と思った。

 

「あっ」

冷蔵庫を開けている。

うどんが三玉、残っている。

内部からうどんでむちむちとふくらんだ、弾力のある袋。

それがちゃんと三玉分、行儀よく積み重なって。

なくなっているだろうとばかり思ったのに。

畜生、こちらの目論見を読みやがったな。

私は胸の内で毒づいた。

勢い込んで写真まで撮り、相手の悪事の証拠をつかもうとしたのが、裏目に出た。

なんて小賢しい奴だろう。

人がうどんを食べたいときに、その都度うどんを奪っておきながら。

うどんのあきらめがついた途端に、これだ。

私の表情は、自然険しくなる。

許せねえ。

相手に敗北感を与えなくては、気が済まない。

「あっ、うどんあるじゃん。三玉も。嬉しいな、ちょうど食べたかったんだよ」

私はとっさに、嬉しそうなつくり声をあげた。

棚から牡丹餅を受け取ったような声色を意識したのだ。

ガスレンジに行き、鍋に水を張り、火にかける。

沸いたら醤油とだしで味付けして、うどんを入れる。

とりあえず、一玉。

わずかなゆで時間の間に、冷蔵庫にとろろ昆布と鰹節粉を取りに行く。

…というふりをしながら、さも偶然を装って。

「あれっ、油揚げがある。自分では買った覚えもないけど、ちょうどいいな」

大きな声で驚いてみせた。

「素晴らしい!僥倖だ!油揚げがあれば、完璧だよ」

丼にうどんとだし汁を移す。

とろろ昆布と鰹節粉をまぶし、さらにその油揚げも一枚、乗せた。

「うわあ!これはうまいわ。もはや天使の食い物だわ。うどんも油揚げも最高!俺なんかがこんなうまいもの食っていいの?」

どこかで聞いているはずの誰かに向けて、聞こえよがしに言いながら。

私は旨そうにうどんをすすった。

せいぜい悔しがるがいい、と私は腹の中でせせら笑う。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

本場四国讃岐!手提げ さぬきうどん4食入 【四国・香川のお土産】

価格:680円
(2016/11/28 23:28時点)
感想(1件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com