読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(091) 二人で郊外の工場に向かう』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

職業安定所で見つけた食品工場の求人に即日応募して、その翌日。

時子(ときこ)とアリスは、バスの車内で座っている。

二人とも、普段着慣れないスーツ姿で身を固めていた。

バスは郊外に向かっていた。

郊外には工場地帯があって、そこに件の食品工場もある。

街からバスに乗って行くのだ。

これから面接を受けに行く。

「こっち方面、来るの初めて」

車窓を眺めながら、時子はアリスに言った。

郊外の、道路沿いの土地は殺風景だった。

工場がまばらに並んでいて、その合間合間には田畑が広がっていた。

もともと農村だった土地が、少しずつ工場地帯に変わっていったのだろう。

「私は、このバス路線に乗ったことがあるよ」

アリスは答えた。

「そうなの?」

「うん」

「こっちに何か、用があったの?」

工場と畑ぐらいしかない土地だ。

アリスが来る理由がわからない。

「ここじゃなくてね。このバス乗り続けたら、例のお寺に行くにゃ」

アリスは答えた。

「例のお寺」

「そう、たくあん食べた寺」

「…ああ」

そう言えば先日、アリスにお寺の話を聞いた。

彼女はたくあん漬けと精進料理をごちそうになって、挙句お坊さんに宗論を仕掛けたのだそうだ。

宗論と言うのは「お前の宗教はおかしい」と他宗教の人間が人様の宗旨を否定することで、これは危険な行為だ。

それをアリスは、テレビ番組の撮影でやったのだと言う。

無茶な企画だ。

「この工場地帯を抜けると、バスが山の間に入るんだ。そこに件のお寺があるにゃ」

「へえ、そうなんだ」

今日の面接が終わったら、帰りにそのお寺に寄ってみたい、と時子は思った。

アリスが宗論を仕掛けたお坊さんのいるお寺。

興味がある。

アリスは、付き合ってくれるだろうか?

 

求人先の工場最寄りのバス停で、二人は下車した。

道路沿いに、畑と農家の住宅がある。

その奥に、工場の建物が見えていた。

周囲を水田に囲まれている。

他に工場らしい建物はない。

「あれだね」

二人して、うなずき合った。

工場に向かう。

時子とアリスは手をつないで歩いた。

いつの間にか、そうしていたのだ。

時子が不安そうな顔をしているのを、アリスが見取ったのかもしれない。

時子の小さな手を、アリスの指の細長い手が包んでいる。

冷たかった。

「アリス、手が冷たいね」

時子は傍らのアリスの顔を見上げて言った。

「手どころか、全身冷たいにゃ」

アリスは両肩を上げた。

シャツとジャケットの上から薄手のコートを着ているだけだ。

普段なら、まだ冬でもないこの晩秋にすでに毛皮のコートをまとうぐらい、寒がりのアリスなのだ。

スーツに薄手のコートは寒いはずだった。

「時子の手は暖かくて、いいな」

アリスは時子の手を強く握る。

二人で身を寄せ合って、工場の入口に向かった。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

工場夜景

新品価格
¥1,512から
(2016/12/3 00:34時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com