『魑魅魍魎の星、天ぷらを揚げる店主』

いつの頃からか、時間の感覚がなくなっている。

異次元に住む宿命である。

それなので、どのタイミングで仕込みを始めればいいのか、見切りが難しい。

それでも客が来る予感さえあれば、彼は仕事を始めるのだ。

各種のタネを衣にからめる。

鍋の中の熱した油に、タネを通す。

このタネを回収するタイミングの見切りが、職人としての腕の見せ所だ。

滞油時間の長短で、同じタネを使った天ぷらの味が、別物になってしまう。

衣の内側のタネに程よく熱が加わった頃合いで、天ぷらを引き上げるのだ。

その天ぷらを引き上げたときには、お客がそこにいなければならない。

揚げたてを、お客の口へ。

 

「こんにちは」

明るい声がした。

天ぷら店「みかぼし」の入口。

引き戸を開いて、入ってきた人がいる。

ごてごてとした鉄板を体中につけた、ものものしい服装の人。

服と言うよりも鎧と言った方が、実際をうまく現わしている。

その鎧の中身は、若い女であった。

みかぼし店主、顔馴染みの人である。

バウンティハンターを名乗る娘。

バウンティハンターというのは、賞金稼ぎを意味する生業のようだ。

娘は腰の横に垂らした右手の先に、レンガのような形の、太く短い銃を提げている。

高く持ち上げた左手には大きな惑星動物の死骸を持ち、肩に掛けるようにして担いでいた。

動物の死骸から店の床に、ぼたぼたと緑色の血が滴り落ちている。

彼女は狩りを終えてきたばかりのようだ。

「おじさん、私、また獣を狩って持ってきたの。天ぷらのタネになるかと思って」

「ちょっと、そういうなまものはよ、裏の勝手口から持って来てくれや」

店主は慌てて言う。

ハンターの娘は頬をふくらませた。

「なんでよ、私はこれで、お客でもあるのよ」

そう言われると、言い返せない。

お客に勝手口に回れとは言えない。

「買い取るから、そのタネはとりあえず入口に置いといてくれや」

そう告げると、娘は嬉しそうな顔をする。

入口そばに死骸を置いて、カウンター席の椅子に座った。

娘は貴重なタネの供給元であり、なおかつ常連客でもある。

二重の意味で、店にとって大事な人だ。

むげにはできない。

「お前さんが来る予感がしてな、天ぷらは出来ているぞ」

娘が席に着くのとほぼ同時に、店主は鍋から天ぷらを引き上げた。

頃合いだった。

皿に盛り付け、付け合せの薬草を添えて、娘の前の卓上に差し出した。

「嬉しい、私、おなかぺこぺこ」

娘は卓上の割り箸を手に取って二つに割り、さっそく皿の上の天ぷらに取り付く。

口元に運んで、頬張った。

目をつぶって、咀嚼している。

次のタネを鍋に通しながら、店主はそれとはなしに娘の顔色を見ている。

「ああ、人心地ついた」

天ぷらを余さず飲み込んで、娘は満足げにうなずいた。

店主も彼女に目をやりながら、うなずく。

バウンティハンターの仕事現場がどんなものか見たことはないが、想像はつく。

魑魅魍魎が地表にあふれる、この惑星である。

それらの魑魅魍魎と日々命のやり取りをしているのが、バウンティハンターである。

店主は以前、目の前の娘から、そう聞いた。

天ぷら職人は、バーのマスターではない。

原則、客と雑談などはしないのだ。

だが生きた人間の少ないこの惑星にあっては、お互い人恋しく、店主も客の意向によっては話しこんでしまう。

目の前の娘も、話好きな常連客である。

店主は、彼女を見ると、母星に置いてきた実の娘のことを思い出してしまう。

つい、相手のペースを尊重してしまうのだ。

それで、彼女が来店する度に、お互い世間話をするのだった。

「さっきの獣の仲間が集団で現れて、私、すんでのところで殺されるところだったわ」

娘は入口近くの死骸の方を親指で指した。

「囲まれてね、一斉に襲い掛かられたの。体に取り付かれて、噛み付かれて、私はナイフを使って一匹一匹引き剥がしてね…」

抑制の利いた声で、そう語る。

その彼女の前髪の下から、たらたらと血が滴って目の上に流れた。

「あら、いやだ」

その先の戦闘で、頭部を噛まれたのだろう。

食事中に、流れる真っ赤な血液。

店主は慌てて手拭いを取り出して身を乗り出し、娘の額を拭った。

「ありがとう」

「傷は大丈夫なのかよ、お前さん」

「大丈夫よ、お父さん」

平気な顔をして、店主が出した次の天ぷらを頬張る娘。

彼女の元気さが、かえって心配になる店主だ。

満身創痍で魑魅魍魎と戦い、元気に天ぷらを食べる彼女を見ている。

赤の他人の自分をお父さんと呼ぶ彼女には、そうさせるだけの過去があるはずだ。

その過去に触れることはできないが、出来る限り、彼女の力になりたいと思う。

自分の娘もこの子ぐらいに元気でいるだろうか、と店主は地球に思いを馳せた。

 

「畜生、くたばれ、くたばれっ」

金切り声を張り上げて、必死にもがく。

竜子(たつこ)は、這っていた。

ねばねばとした地衣類に地表を覆われた、森の中。

這いつくばった竜子は、自分の顔を目掛けて襲い掛かってくるシイタケに、片手で串を突き立てる。

勢いよく跳ね回っていたシイタケたちは、竜子に串で刺され、絶命する。

ぼてぼてと、地面に落ちておとなしくなるのだ。

彼らに何度か噛み付かれて、顔を血まみれにした竜子は、それでもシイタケを片付け終わった。

肩も腕も、膝も噛まれ、白い法被のところどころが裂けた。

彼女自身の血液とシイタケの体液とで、法被の繊維がどす黒く染まっている。

力なく、立ち上がった。

シイタケ共の死骸を、腰に提げたびくの中に拾い集めた。

今夜の商いには、かろうじて間に合う量だ。

待乳山の森から、浅草六区にある自分の店に、重い足取りで戻った。

浅草六区は、死の街と化している。

今でも営業しているのは、竜子の店ぐらいだ。

日本全土の総人口が1000万人程度に減って以降、来店する客の数も激減している。

であるからこそ、父不在の店を、自分一人の手で切り盛りできるのだが。

竜子は10年前に異星に旅立った父の跡を継いで、浅草の「みかぼし」本店を営業している。

父は元気でやっているのだろうか、と気を揉む余裕もなかった。

父が旅立った直後から、魑魅魍魎が跋扈し始めた世界。

その中でタネの調達から店の防備までこなし、天ぷらを揚げ続けるのは、容易ではないことだった。

毎日が、命がけの戦いだ。

年がら年中、竜子は血まみれになっている。

「お父さん、帰ってきてよう…」

店に客がいないときには、つい弱音を吐いてしまう。

古くからの常連客に支えられてはいるけれど、心はいつだってくじけそうなのだ。

「私、もうくじけちゃうよ、お父さん…」

客のいない店内に、カウンターに突っ伏してすすり泣く竜子の声が響く。

 

「はい、あーん」

カウンター席から娘が箸で差し出した天ぷらを、店主は口で受けた。

自分で揚げた天ぷらながら、旨い。

海老に白身魚も悪くないが、この星の魑魅魍魎の味わいも、捨てたものではない。

「はい、今度はお前さんに、あーん」

今度は店主が差し出した天ぷらを、娘は口で受ける。

彼女の色艶のいい唇が、天ぷらの衣にからみつくのを、店主は見ている。

次に揚げるタネを手先で衣につけながら、店主は実の娘のことを考えている。

竜子、お前もいい男を見つけて頑張ってくれ。

店主は、いつも遠く離れた娘のことを思っている。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【送料無料】 手作り銅製てんぷら鍋 【21cm】 

価格:23,760円
(2016/12/5 00:06時点)
感想(0件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com