読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(092) 事務所に入り込んだ二人』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

時子(ときこ)は不安な気持ちでいる。

工場の建物に入り、玄関口で履物を脱いだ。

スリッパに履き替えて、アリスと二人、階段を登る。

面接会場である事務所は、建物二階にあるようなのだ。

二階に来た。

事務所入口前に、「入室前にアルコール消毒してください」と注意書きがある。

食品工場である故だろう。

時子とアリスは言われるがままに、入口前に備え付けられたアルコール容器から、アルコール液を手先に注いで揉み込んだ。

「工場ってやっぱり、こういうのあるのね」

「しっ、静かに」

アリスにたしなめられる。

「事務所の内側で、連中が聞いているかもしれないにゃ」

「なるほど」

うなずき合って、神妙にする。

二人が手をアルコール消毒し終えたところで、アリスが先に立って、事務所の扉をノックした。

「失礼しますにゃ」

ひと声かけて、ノブをひねる。

内側に入り込んでいくアリスの勢いに引きずられ、時子も彼女に続いた。

 

事務所内では、スーツ姿の事務員たちが、それぞれのデスクで働いている。

男性も女性もいる。

彼らは闖入したアリスと時子に一瞥をくれるが、すぐに自分たちの仕事に視線を戻した。

親切に声をかけてくれる人は、いない。

時子は、緊張した。

これが、仕事場の雰囲気なのだ。

「失礼しますにゃ、我々、面接をお願いしてましたにゃ」

アリスは続けて、誰にともなくがんばった。

事務員たちの多くはアリスの訴えを無視するが、その中に、顔を上げて二人を見た人物がいる。

「あ、あなたたちが新人さんの?」

入口近くに座っていた女性の事務員が顔を上げ、次いで席から立ち上がった。

アリスと時子は、かしこまる。

話のわかる人が、いた。

「お待ちしてました」

女性事務員は二人に向けて、丁寧に頭を下げた。

「こちらの応接室で、しばらくお待ちください」

彼女に導かれ、アリスと時子は事務室奥にある応接室に入った。

彼女たちの背後から、事務員たちの視線が注がれる。

 

件の女性事務員は一礼して、応接室の扉を閉めて外に出て行った。

時子とアリスだけがその場に残された。

二人は、入口近くにあるソファに座る。

10分ほど、座ったまま待った。

「…面接って、時間かかるのね」

思わず、時子はつぶやいた。

「静かに」

アリスは口元に人差し指を当てて、時子を牽制する。

「面接が終わるまで、私語は禁止」

「あ、そうよね」

時子はうなずいた。

確かに、そうだ。

誰に聞かれているか、わからない。

応接室に盗聴器が仕掛けられている可能性だって、無きにしも非ずなのだ。

「採用されれば、全てよし。それまでは、我慢の一手だにゃ」

押し殺した声で、アリスは時子を諭す。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

転職・面接 準備とマナー、定番質問から揺さぶり質問の回答例まで

新品価格
¥1,404から
(2016/12/5 01:46時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com