読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『穏やかな午睡を取りたい』

午睡を取る。

ぐうぐうぐう。

昼日中から。

午睡を取っている。

世間体を気にする神経があれば、できない芸当だ。

「見てお母さん、あのおじさん寝てるよ」

「しっ、起こしちゃうでしょ」

私は眠りが浅いので、道行く人々の後ろ指さす声も聞こえてしまう。

そして、眠りが浅いと、夢をよく見る。

道の往来で寝て、人から後ろ指を指される夢を見てしまうのだ。

はっとして目を覚ますと、やはり私は往来の真ん中に横になっていて、道行く人たちがこちらに後ろ指をさしている。

おちおち午睡もできない。

世間体を気にする神経は、こういうときに邪魔になる。

人のいないところに行こう。

私は、眠い目をこすりながら、移動することにした。

 

郊外にある大川の橋の下は、おそらく静かであろう。

そう思い、大川の橋の下に来たのだ。

大川は、郊外の農地の合間を通る川である。

江戸時代、地元の農民たちがこの大川の治水事業に成功した。

そのおかげで、その両岸が今日まで農地として発展してきた経緯があるらしい。

しかしそんなのは眠い私が気にかけることではない。

大川にかかる、大きな鉄橋がある。

その下には当然大川が通っているが、川の両岸にわずかなスペースがあるのだ。

横幅のある橋の下、人が立って歩くぎりぎりの高さも確保されている。

雨風がしのげる場所なのだった。

午睡にはぴったりだ。

私は、大川の周囲を迂回して、この橋の下に潜り込んだ。

 

橋の下の大川の両岸には、それぞれ大勢の人たちが横たわっている。

体の下にダンボールを敷いて、体には思い思いにジャンパーなどの上着類かもしくはスーパーのチラシ、新聞等をかけている。

彼らは体温を保っているのだ。

先を越された、と私は思った。

スーツ姿の勤め人風の人もいれば、近くの農地の所有者だろうか、作業着を着た年配の人もいる。

学生なのか社会人なのか、若い女性たちの姿もある。

皆が無防備に、コンクリートの上に横になって、午睡を取っている。

みんな眠いんだな、と同情はするものの、私は気が気でない。

私が横になるスペースが、ないのだ。

自分のいる岸辺で、横になって寝息をたてている人たちの間を忍び足で歩く。

私も寝かせてもらえませんか。

しかし、あまりに人が多く、私が落ち着けそうな場所までなかなかたどり着けない。

眠りを阻害されて、私はいらだちを覚える。

そのとき、気付いたのだ。

眠る人たちを横に、橋脚のたもとに椅子を置いて座る男性がいる。

彼はただ一人、眠るでもなく、周囲にそれとなく視線を巡らせている。

彼と私の視線が合った。

私は、彼がここの顔役だと見抜いた。

横たわる人たちの合間を縫って、顔役の近くに進む。

「私も午睡を取りたいんです」

私は彼に訴えた。

「こんな郊外までわざわざ足を伸ばして、眠ることができないなんて…耐えられません」

「どこでも横になりなさい」

男性は、鷹揚に言った。

「場所がないんです」

「それでは仕方ない。誰かが起きて帰るまで、ここで座って待ちなさい」

彼の傍らの、ようやく座れるだけの空間を示された。

仕方がないので、不満ながらも彼に従う。

私はコンクリートの上に腰を降ろした。

顔役の男性と共に、橋の下の大川の流れと、その両端で眠る人々の姿を見守る。

目を覚ましているのは、我々二人だけだ。

そうしていると、時間は早く過ぎる。

それでも、起きて場所を空ける人は現れなかった。

皆、午睡を自由時間ぎりぎりまで楽しむつもりのようだ。

「おじさんは、午睡をしないのですか」

手持ち無沙汰の私は、顔役男性に話しかける。

「そうだねえ」

なおも川の流れを眺めながら、男性はゆったりと言った。

「私は起きているのが仕事なんだ」

なるほど、と思った。

皆が午睡を楽しんでいても、それを見守る人は必要だ。

「それは、厳しい仕事ですな」

皆が午睡を楽しむ中、一人気を張って起きていなければならない。

言うなれば、ここで眠る人たちの安全は、彼一人にかかっている。

重大な責任を背負っているのだ。

「お気の毒ですが、それではおじさんは、ここで午睡を楽しめないわけですね」

安易な同情は無責任だ、とは思う。

だが、彼一人が背負う重責を思うと、何か同情せずにはおれなかった。

「いやあ」

と、顔役男性は気楽な声。

「夕暮れ時を過ぎれば、この人たちも帰ってしまうからね。夜は、ここで眠るのは私ぐらいのもんだ」

私は、うなずいた。

「夜の大川のせせらぎを独占して眠れるわけだよ」

誇らしげに言う男性の声を聞いて、またひとつ、うなずいた。

午睡が楽しめなくても、夜に質の高い眠りが味わえるのなら、それはそれでいいのかもしれない。

ここで夜まで粘ってみようか、と私は思った。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【16%OFF】レストクッション クッション 大きい まくら お昼寝 読書 カバー 【国産】【工場直販】【楽ギフ_包装】

価格:2,480円
(2016/12/9 18:22時点)
感想(409件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com