読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(093) 二人で流れに乗る面接』

食品工場内のオフィスにある、応接室である。

突然入口の扉が開いて、辛抱強く待つ時子(ときこ)とアリスを驚かせた。

ソファから腰を上げるアリス。

彼女に習い、時子も半ば反射的に立ち上がった。

応接室の中に、三人の人物が入ってきた。

いずれも、男性だ。

スーツ姿が一人、あとの二人は青い色の作業服を着ている。

「お待たせしました」

とスーツ男性が言いながら、三人はテーブルを挟んで時子たちの対面にあるソファに次々に腰を下ろした。

「どうぞ、お座りください」

ソファから、スーツ男性が見上げて言う。

彼らの動きにのまれて動けなかった二人。

「よろしくお願いします」

同時に挨拶をして、腰を下ろした。

「お二人で一緒にご応募されたんでしたね…」

スーツ男性の問いかけの間、作業服の二人は無言で時子とアリスを観察している。

無遠慮と言っていい視線だ。

それらの視線に射られて、時子は肌に痛みを感じる。

「そうですにゃ、我々友人同士ですにゃ」

アリスは男性たちからの無遠慮な視線も、意に介していないらしい。

堂々とそう答えた。

「応募書類を拝見できますか?」

スーツ男性の声。

「はい、喜んで」

アリスは調子よく答えた。

手持ちのバッグから、応募書類一式の入ったクリアファイルを取り出して、スーツ男性に渡す。

時子も彼女に習い、取り出した書類を男性に手渡した。

二人の応募書類は、三人の男性の間で回覧されている。

時折、彼らは時子とアリスに聞こえないぐらいの小声で相談を交わす。

今この瞬間に、二人の素性が、吟味されているのだ。

自分の経歴はどう思われるだろうか、と時子は気が気でない。

学校を卒業した後、定職にはついていなかった。

不安で、隣のアリスの横顔に視線を走らせた。

アリスは背筋を伸ばしたまま正面を向いて、堂々としている。

美しいたたずまいである。

外国人タレントとして日本社会で生き抜いてきた、アリス。

さすがに、こんな面接ぐらいでは、びくともしない。

彼女が友人として隣にいてくれて、時子は心強く思う。

だが。

ここは面接の場だ。

面接官である三人の男性は、アリスと時子を個別に審査するはずだ。

アリスはたよりがいがあるから、採用される。

そうしてたよりない時子だけが、落とされる。

そういう場合もありうる。

もしそうなったとしたら、今後の時子は取り残されて、一人で仕事探しをしなければならない。

一人で職業安定所に通い、誰の助けもなく仕事探しの毎日が待っている。

どうしよう、と時子は泣きたくなった。

「もし採用が決まったら、お二人はいつ頃から勤務可能ですか?」

二人の応募書類を見比べながら、スーツ男性が問うた。

時子は現実に引き戻された。

いつ頃から勤務可能なのだろう。

思わず、時子はアリスの顔を見た。

アリスは時子の顔を見返して、小さくうなずいた。

時子がうなずき返す前に、アリスは面接官たちの顔に視線を移している。

「明日からでも勤務可能ですにゃ」

書類から目を上げてアリスを見るスーツ男性。

あとの男性二人も、どういう意味でか、それぞれ口から深い息を漏らした。

三人の視線は、アリスから時子に移った。

彼女の番だ。

「私も、明日からでも勤務させていただきます」

勢いに任せて、口走った。

うなずく男性三人。

「わかりました」

スーツ男性は、なおも小刻みにうなずきながら言った。

「待遇は、求人票に記載した通りです。土日祝日お休み、年末年始とお盆は工場が操業を停止するので、これもお休み」

「はいっ」

アリスは頭を下げる。

「フルタイムで勤務していただきますので、各種保険にも加入してもらいます」

これは、と時子は思った。

「お二人とも採用させていただきます。給与の計算の関係で明日からとはいきませんが、来週頭から勤務お願いします」

男性の、自然な口調だった。

「ありがとうございますにゃ」

アリスが素早く立ち上がって、深くお辞儀をする。

時子は、出遅れた。

流れに乗れず、腰砕けになったのだ。

二人とも、採用された。

即決で。

呆然とする。

横顔に視線を感じた。

横に立つアリスがこちらを見下ろして、うながすような視線を送っている。

お前も礼を言え、という意味だろう。

時子は慌ててアリスに従った。

立ち上がった。

「ありがとうございます。よろしくお願いします」

できる限り深くお辞儀する。

生涯で、今までここまで深くお辞儀したことはない。

三人の男性は、それぞれうなずいて返した。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

時代と流れで覚える! 世界史B用語 (シグマベスト)

新品価格
¥918から
(2016/12/9 16:46時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com