読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(095) 山間の寺に向かう二人』

念のため、工場最寄りのバス停で時刻表を確認したが、帰りのバスは遅くまである。

もう夕暮れ時だが、例の寺に行ってしまおう。

時子(ときこ)とアリスは、そう語り合った。

例の寺。

それは以前、アリスがテレビ番組の仕事でロケをした寺である。

今二人がいるこの工場地帯から、さらに奥まったところにある山間の土地に、その寺はあるらしい。

アリスはその寺で、精進料理を振舞われた。

その後彼女は、寺の僧侶に対して「宗論」を仕掛けるよう、テレビ局側から強いられたのだという。

宗論と言うのは大まかに言えば、異なった宗教もしくは宗派の人間同士がお互いに「お前の信じる宗教は間違っている」として論争を行うことだ。

時子は詳しく確かめたことはないが、アリスは欧米文化圏出身の人なので、彼女の宗教も欧米で主流の一神教のはずである。

一神教は、日本で盛んな神道仏教のあり方とは隔たりがある。

その一神教を奉じるアリスがこの地方都市の寺に来て、僧侶に宗論を仕掛けたのだった。

テレビ局の、ディレクターの指示によるものだったと言う。

仕事として、そのような難題を強いられたアリスの苦しみ。

察するに余りある。

件の寺に向かうバスの車内で、時子は隣に座るアリスの胸中を思っている。

工場での面接が終わった後、消耗した時子のことを気遣っているアリス。

苦しい仕事の現場であった例の寺に向かう彼女の方は、大丈夫なのだろうか。

「アリス、大丈夫?」

時子は、隣に座るアリスに聞いた。

「えっ、何がだ?」

時子を見返して、アリスは首をかしげた。

「お寺、大丈夫?」

「お寺?お寺は、大丈夫だよ」

首をかしげたまま、アリスは応じた。

時子は、もどかしい。

アリスのことを、心配しているのだ。

「アリス、これから行く、そのお寺ね」

「うんうん」

アリスはうなずく。

「あなた、何か、つらいことがあったんじゃないの?」

時子は控えめな口調で言った。

アリスは、また首をかしげた。

「つらいこと…は特にないにゃ」

「本当に?」

「本当に」

アリスは平然とうなずいている。

アリスにそう言われては、時子は返す言葉がない。

 

山間部のバス停で、二人はバスを降りた。

森の中である。

バス停というのも名ばかりのもので、実態は道路沿いにバス停標識が立っているばかりだ。

「山の中だね…」

時子は、思わず頼りない声を出した。

心細いのだ。

食品工場の面接で心身共に消耗した後、日暮れ時の山間部にたたずんでいる。

アリスが一緒にいても、これは不安だった。

「心配しなくていいにゃ」

身を固める時子を抱きかかえるように、アリスは励ました。

「歩いて10分も行けば、そのお寺に着くにゃ」

本当なのかな、と時子は不安な気持ちでアリスの顔を見上げている。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

森田療法 (講談社現代新書)

新品価格
¥799から
(2016/12/17 02:35時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com